夏の始めに訪れるイベントといえば、やはり「七夕」ですよね。


あちこちで七夕飾りが飾られたり、七夕に合わせたイベントが開催されたりして、日本全体が七夕ムードに包まれます。


ただ、そんなポピュラーなイベントだからこそ、「七夕って何?」と、七夕の由来となった物語の内容を子供に聞かれて「子供向けのわかりやすい説明の仕方がわからない」と戸惑ってしまう親御さんも続出します。


今回は、七夕の由来となった物語を子供にわかりやすく教えるポイントを、子供向けにわかりやすくした七夕の物語の文章と共にご紹介します。


スポンサードリンク



七夕とは?



笹飾り

七夕(たなばた・しちせき)とは、毎年7月7日に行われる、



・七夕伝説
・中国の「乞巧奠(きこうでん・きっこうでん)」という行事
・日本の「棚機(たなばた)」という神事



これら3つの行事が合わさって出来上がった行事のことを言います。


「五節句」の1つにも数えられています。


七夕の由来となった物語



手を振る織姫と彦星

まず、大人である皆さん自身にお聞きしたいのですが、七夕の由来となった物語の内容をご存知でしょうか?


おそらく、「織姫と彦星は一年に一度の7月7日にしか会うことができない」といった感じの内容であることは把握していると思うのですが、「7月7日にしか会うことができない」という状況に至るまでの物語もちゃんとあります。


わかりやすくした状態でご紹介します。


【七夕伝説】



その昔、天の川の西岸に「織姫」という、機織りの上手な女性がいました。


織姫のお父さんは、天の神様の中でも一番えらい「天帝(てんてい)」という神様で、織姫は神様たちが着る着物の布を作る仕事をしていました。


織姫は、遊ぶことなく毎日一生懸命お仕事をしていたので、恋人がいませんでした。


そんな織姫をかわいそうに思った天帝は、天の川の東岸で牛のお世話をする仕事をしていた「彦星」と、織姫を引き合わせました。


織姫と彦星はめでたく結婚しました。


ところが、結婚してからというもの、織姫と彦星は2人で仲良く暮らすほうを優先するようになり、仕事をしなくなりました。


織姫と彦星が働かなくなったので、織姫が布を作っていた神様たちの着る着物はどんどんとボロボロになっていき、彦星がお世話をしていた牛たちは痩せて病気になってしまいました。


このことに怒った天帝は、天の川を隔てて織姫と彦星を引き離しました。


引き離されてからというもの、2人は悲しみに明け暮れ、泣いて暮らすようになってしまいました。


これでは仕事になりません。


そんな2人をかわいそうに思った織姫のお父さんは、「2人が一生懸命頑張って仕事をするなら、1年に1度7月7日の夜に会っても良い」という条件をつけました。


それからというもの、毎年7月7日には天帝から命令を受けた「カササギ」という鳥の翼に乗って天の川を渡り、2人は1年に1度再会することができるようになりました。



こんな感じの物語です。


ロマンチックなイメージがあった方も多いと思うのですが、「結婚してから働かなくなったために引き離された」という部分を見ると、「ロマンチック」というよりは「戒め」に近い、意味のある物語ですよね。


スポンサードリンク



物語をわかりやすく説明するポイント



七夕の由来となった七夕伝説の物語、子供向けにわかりやすく説明するにはどうすれば良いのでしょうか?


要約する


長々と物語を説明しても、子供にはちょっと難しいですし、飽きてしまうかもしれません。


ですから要約して、七夕伝説の物語の重要な部分だけを抜粋して伝えると良いでしょう。


アニメや絵本を利用する



アニメや絵本には、わかりやすく七夕伝説のことがまとめてあります。


また、アニメや絵本には興味を持ってくれやすいので、一緒にアニメを見たり絵本を読み聞かせたりしてあげてください


子供自身に関連付ける


「自分にも関係がある」と思わせることができれば、こちらとしても説明しやすいですよね。


七夕伝説の物語の内容を、子供自身に関連付けて説明してあげると良いと思います。


例えば、



①【遊んでばかりではいけない】

遊んでばかりいると…

・怒られてしまう
・周りの人たちに迷惑をかけてしまう
・大切な人と会えなくなってしまう



②【一生懸命働くことが大事】

一生懸命働くと…

・大切な人と会うことができる
・周りから喜んでもらえる



といった感じです。


子供は働いていないので、「働く」という点に関しては、「習い事」「家の手伝い」「保育園や幼稚園に通う」といったことと関連付けてあげるとわかりやすいと思います。



そしてこの2点以外にも、「大切な人と会うことができるのは奇跡なんだよ」ということも教えてあげてください。



今年の七夕を意味のある1日に!


七夕の由来となった物語を子供にわかりやすく教えるポイント、そして子供向けにわかりやすくした七夕の物語の文章をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


大人である皆さん自身も、「初めて知った」という部分があったのではないかと思います。


今日ここで七夕の由来となった物語を知ることができたわけですから、「七夕って何?」と子供に聞かれてしまってももう大丈夫ですし、聞かれる前に話してあげることもできるはずです。


七夕の由来となった物語をきっかけに、今年の七夕を意味のある1日にしてほしいと思います。


スポンサードリンク