毎年多くの感染者が発生し、子供たちの間では集団感染が発生することも珍しくはない「インフルエンザ」。



そのインフルエンザには、予防接種が有効とされています。



2015年は、子供も大人もインフルエンザの予防接種を受けておくべきなのでしょうか?

インフルエンザ 2015



インフルエンザの予防接種の効果



インフルエンザの予防接種には、インフルエンザそのものの感染を予防する効果と、インフルエンザの重症化を予防する効果があるとされています。


中には、「インフルエンザの予防接種は受けないほうがいい」という意見もあるのですが、最近ではインフルエンザの予防接種による効果を認める研究結果も出ています。


つまり、100%ではなくとも、感染予防や重症化予防に効果があるということがわかっているので、インフルエンザのリスクから身を守るためにも、子供も大人も予防接種を受けたほうが良いでしょう。



毎年受けなければならないのはなぜ?



インフルエンザの予防接種は、「去年受けたから大丈夫」という保証はありません。



というのも、インフルエンザワクチンというのは、流行する型に合わせて製造されているからです。



インフルエンザウイルスには、A型・B型・C型の3種類があるのですが、毎年流行する型が違います。



つまり、前年の予防接種では効果が期待できない可能性があるので、毎年予防接種を受けたほうが良いのです。



いつ頃から受けられるのか?




医療機関の多くは、毎年10月頃からインフルエンザの予防接種を開始しています。


ただ、医療機関によっても異なってくるので、予防接種を希望する方はあらかじめ医療機関に問い合わせをして、「いつ頃から予防接種が受けられるのか」ということを確認しましょう。


スポンサードリンク



子供の予防接種


子供は2回受ける



インフルエンザの予防接種は、生後6か月から受けることが可能です。


生後6か月から13歳未満の子供の場合、回数は全部で2回、1回目の接種を受けてから4週間ほど間隔をあけて2回目の接種を受けます。


なぜ2回受ける必要があるのか?



大人の場合、過去に似たようなウイルスに感染した経験がある場合も多いので、1回の接種で十分免疫が作られます。



ところが子供の場合は、似たようなウイルスに感染した経験がない場合も多いので、1回の予防接種では十分な免疫が作られない可能性があります。



そのため、2回接種することで、よりインフルエンザへの免疫を強くすることができます。



いつ頃受けるのが理想?



やはり、インフルエンザが流行する時期には2回目の接種を済ませていたほうが良いので、1回目は10~11月の間に、そして2回目は11月中に受けるのが理想です。


大人の予防接種


大人は1回でOK



13歳以上の大人は1回の接種で大丈夫です。


前述している通り、過去に似たようなウイルスに感染した経験がある場合が多いため、1回の接種だけで免疫を呼び戻すこと(ブースター効果)が可能だからです。


いつ頃受けるのが理想?



大人の場合もやはり、インフルエンザが流行する時期には接種を済ませているというのが理想なので、10~11月の間には受けておくのが理想です。



2015年もインフルエンザの予防接種は受けておこう



ここまで、「2015年は子供も大人もインフルエンザの予防接種を受けておくべきなのか?」というテーマでお話しさせていただきました。



お話ししている通り、毎年流行する型が違うためにワクチンの内容も変わるので、今年2015年もしっかりと予防接種を受けておいたほうが良いでしょう。



また、流行する前に済ませておいたほうがリスク軽減にもつながるので、早いうちに済ませておくようにしましょう。



スポンサードリンク