テレビのバラエティ番組などで見かけることがある「パイ投げ」


「おもしろそう!やってみたい!」なんて、ひそかに思っている方もいるのではないでしょうか?


実はこのパイ投げ、自宅でも簡単に作ることができます


つまり、手作りしたもので、個人的にもパイ投げをすることができるのです。


そこで今回は、自宅で簡単にできるパイ投げを作る方法についてご紹介します。


スポンサードリンク



パイ投げとは?



パイ投げ用のパイ

「パイ投げ」とは、パイを人の顔面に向かって投げつける行為のことを言います。


日本においては、誕生パーティー・結婚式・学園祭などで、場を盛り上げるために行われています。


本物のクリームパイを使う場合もありますが、パイ投げで用いられるのは「パイ皿」や「紙皿」にクリームを乗せただけの簡易的なものを使用する場合が多いです。


ただ、金属製のパイ皿や陶器製のパイ皿はケガに繋がる恐れがあって危険なため、使用されることはありません。


パイ投げに使われているクリーム


パイ投げに使われているクリームとしては、



・植物性ホイップクリームを泡立てたもの
・動物性生クリームを泡立てたもの
・ホイップ済みのクリーム
・シェービングクリーム



といったものが使われています。


オススメは「植物性ホイップクリーム」



パイ投げのクリームに用いられているクリームはいくつかあるのですが、一番オススメなものは「植物性ホイップクリーム」です。



植物性ホイップクリームだと、動物性生クリームよりも安く手に入りますし、他のクリームと比べると顔面への付着も良いです。



また、植物性ホイップクリームですからもちろん食べることができ、万が一口の中に入ってしまっても問題ありませんし、カロリーも比較的低いので安心と言えます。


パーティーグッズの「パイ投げセット」はオススメできない



パーティーグッズとして、準備も後片付けも簡単な「パイ投げセット」も売られているのですが、こちらはあまりおすすめできません


ニオイがきつく、人によっては気分を悪くしてしまう場合もあるのだそうです。


ホイップクリームを使ったパイ投げの作り方



生クリームのイラスト

ではここからは、実際にパイ投げを手作りする手順をご紹介していきたいと思います。


今回は、先ほど「一番オススメのクリーム」としてご紹介した、植物性ホイップクリームを使ってパイ投げを作っていきたいと思います。


用意するもの



・植物性ホイップクリーム(1パック200mlで大体1~2個のパイが作れます)
・砂糖(グラニュー糖でもOK)
・ボウル(泡立てている時に飛び散りやすいことと、最終的には約3倍に膨らむため、大きめのボウルがオススメ)
・ハンドミキサー(量が多くなるため、泡立て器だと疲れてしまう可能性があるため)
・保冷剤(ボウルの下に敷いて冷やしながら泡立てるのに使います)
・パイ皿か紙皿


作り方




①適量のホイップクリームと砂糖をボウルに入れます。
②ボウルの下に保冷剤を敷き、冷やしながらハンドミキサーでホイップクリームを泡立てます。
③「七分立て」から「八分立て」に泡立てた後、クリームをパイ皿か紙皿に盛り付けます。
④完成!


※七分立て→泡立て器で持ち上げるとトロリと落ち、跡が少し残る程度

※八分立て→泡立て器で持ち上げると角が立ち、少しすると角が消えていく程度


ケーキ屋さんに頼むのもアリ


パイ投げを手作りするのが大変な場合は、ケーキ屋さんに頼んで作ってもらうのもアリです。


「作ってもらえるの?」なんて思ってしまうかもしれませんが、実は作ってもらえるそうなので、ケーキ屋さんに頼んでみてください。


ただ、作ってもらえない可能性もあるので、その場合は諦めて手作りしましょう。


スポンサードリンク




パイ投げの注意点



一般注意マーク

泡立てたクリームをパイ皿や紙皿に乗せた後は、ターゲットとなる人の顔面に向かってパイ投げをするだけなのですが、その前に注意してほしいことがあります。


最後に、パイ投げの注意点についてお話しします。


装飾品は外しておく


パイ投げによって損傷・紛失してしまう恐れがあるので、ターゲットとなる人には、あらかじめアクセサリーなどの装飾品を外しておいてもらってください。


コンタクトレンズやメガネなども同様です。


周りが汚れないように配慮する



パイ投げは、言ってしまえば「クリームが飛び散らせる行為」であることに変わりはありません。


ですから、どうしても周りにクリームが飛び散ってしまうことは避けられません。


屋外・屋内問わず、ビニールシートなどを敷いた上でパイ投げをするようにして、周りが汚れないように配慮しましょう。


ビニールシートを敷いておくと、後片付けも楽になるのでオススメです。


力加減に気を付ける



クリームがクッション代わりになってくれるとはいえ、強い力でパイ投げをしてしまうと相手にケガをさせてしまう恐れがあります。


ここでお互いの関係にヒビが入る可能性も否定できなくなるので、力加減には十分に気を付けてください。


刺激物や異物を入れない



刺激物や異物をクリームの中に入れると、顔面にダメージを与えてしまう恐れがあります。


その場のノリでふざけてやってしまいたくなるかもしれませんが、からしやわさびなどの刺激物や異物は、間違ってもクリームの中に入れないでください。


バラエティ番組さながらのパイ投げを楽しんで!



ここまで、自宅で簡単にできるパイ投げを作る方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


ご紹介させていただいた通り、身近で簡単に手に入るもので、面倒な作業をすることなくパイ投げは手作りすることができます。


最低限の注意点を守り、バラエティ番組さながらのパイ投げを楽しんで下さいね。



スポンサードリンク