「毎年夏祭りをやっている」という保育園にお子さんを通わせている親御さんも多いのではないでしょうか。


保育園の夏祭りは、保護者の方々の陰の努力によって成り立つもの。


お祭りやイベントが大好きで、毎年夏祭りを楽しみにしている子供たちにはやはり、夏祭りを楽しんでほしいですよね。


子供たちに夏祭りを楽しんでもらうためには、どのようなゲームや出し物を企画すれば良いのでしょうか?


保育園の夏祭りで、ゲームや出し物としてオススメなものをご紹介します。


スポンサードリンク




基本は「低コスト」



保育園の夏祭りのゲームや出し物は、基本的には「低コスト」のものが望ましいです。




不要になったものを再利用する
できる範囲で手作りする
品物は安く仕入れる


など、なるべくコストがかからないようにすると、保護者の方々の負担も少なくて済みます。


また、不要になったものを再利用することや買わずに手作りすることは、「資源を大事にする」「手作りの温かみを知る」という意味では子供たちにとっても良い影響をもたらします。



オススメのゲーム



水ヨーヨーつりをする子供たち

まずは、保育園の夏祭りでオススメのゲームからご紹介していきたいと思います。


魚釣り



【用意するもの】
・魚(段ボール・牛乳パックなどに魚の絵を描いて切り取り、マグネットを貼りつける)
・釣り竿(丸めて棒状にした新聞紙にヒモを付け、釣り針の部分に金属製のクリップを貼り付ける)
・海や川(ブルーシートやビニールプール)



魚を作る時に、魚の形にした袋を作って中に景品を入れたり、魚の大きさを1つ1つ変えたりするのがオススメです。


輪投げ



【用意するもの】
・土台(段ボールに点数を書いて完成)
・的となる棒(段ボール・新聞紙・ラップの芯・水の入ったペットボトル、土台に固定する)
・輪っか(新聞紙を輪っか状にしてからテープで固定して完成)


的をカラフルにすると子供たちも喜ぶと思うのでオススメです。


ペットボトルボーリング



【用意するもの】
・ピン(少し水を入れた500ml入りのペットボトルでOK)
・ボール(新聞紙などを丸めて作る、または保育園のボールを借りる)



なるべく同じ飲み物のペットボトルにしたほうが倒れやすいようです。


100円ショップでもボーリングのおもちゃが買えるので、「手作りしない」というのであればそういったものを用意しても良いでしょう。


ヨーヨー(水風船)釣り



【用意するもの】
・水を張ったビニールプール(タライでもOK)
・ヨーヨー(100個で2000円程度、口の部分に輪ゴムを付けておく)
・釣り竿(糸を付けた割り箸に、釣り針に見立てたクリップを付けて完成)



ヨーヨーを作るのは少し大変ですが、子供たちには非常に人気のあるゲームです。


スポンサードリンク




たった1つの材料だけでできるゲームもある!


たった1つの材料を用意するだけでできる、準備がとても楽ちんなゲームもあります。



【空き缶積みゲーム】

空き缶を縦に積んでいくゲーム。

「空き缶を○個積めたら景品GET」などというようにすると、子供たちはやる気になってくれるはず。

空き缶の口でケガをしないように、あらかじめ空き缶の口の部分にテープを貼っておきましょう。



【紙飛行機飛ばしゲーム】

紙を用意しておき、園児たちにはその紙を使って紙飛行機を作ってもらいます。

そして紙飛行機を飛ばしてもらい、「誰の紙飛行機が一番飛んだか」という、紙飛行機の飛距離を園児同士で競います。



オススメの出し物



浴衣姿で盆踊りを踊る女の子

では次に、オススメの出し物をご紹介します。

盆踊り


「夏祭りといえば盆踊り!」ということで、事前の練習が必要にはなりますが、盆踊りの出し物は夏祭りにオススメです。


とはいえ、子供が親しみを持って踊ってもらうことができる音楽でなければならないので、選曲には気を付けたほうが良いかもしれません。


例えば、次のような音楽がオススメです。



アンパンマン音頭
踊れ・どれ・ドラ ドラえもん音頭
ドラえもん音頭
音頭 だんご3兄弟
ちびまる子音頭
アラレちゃん音頭
お菓子な音頭
ポケモン音頭
チキンダンス(音頭バージョン)
おしりかじり虫(キッズバージョン)
月夜のポンチャラリン
ウルトラマン音頭
ハムハムON-DOだ、ハムちゃんず!
恐竜音頭
ビックリマン音頭
キン肉マン音頭



こういった楽曲がたくさん収録されたCDもあるので、1枚用意しておくと良いでしょう。


人形劇


保育園の子供たちにウケる出し物といえば、やはり「人形劇」です。


絵本を参考にするか、または保育園の子供たちにもわかるような簡単な物語を作り、人形劇をすると喜んでくれるはずです。


人形は保護者の方々が手作りしても良いですし、自宅にあるぬいぐるみを持ち寄ったり、保育園のものを借りたりしても良いと思います。



楽しめるゲームや出し物はたくさんある!


ここまで、保育園の夏祭りについて、ゲームや出し物のオススメをご紹介してきましたが、いかがでしたか?


いざ企画する立場になると「どんなゲームや出し物が喜ばれるのだろうか…」と頭を抱えてしまいがちですが、こんなにも楽しめるゲームや出し物がたくさんあります。


もし、保育園を夏祭りの企画・運営で戸惑っているのであれば、こちらの記事を参考にしていただけると嬉しく思います。



スポンサードリンク