親御さんを不安にさせることの中に、「蒙古斑(もうこはん)」があります。


この蒙古斑は、成長と共に薄くなって消えていくものなのですが、背中や足にできると消えないことがあります。


今回は、背中や足にできた蒙古斑が消えない理由や対処法などについてご紹介します。

赤ちゃん 蒙古斑

そもそも「蒙古斑」って?



蒙古斑とは、「黄色人種」と呼ばれるアジア人(日本人を含む)の幼児に多くに見られる、青いアザのことを言います。


日本人では約90%の幼児に蒙古斑が見られるといわれており、生まれてから約1週間~1ヶ月頃までの間に出現することが多いです。


蒙古斑ができるメカニズム



蒙古斑のもととなっているのは、シミやそばかすなどにも大きく関係している「メラノサイト」というものです。


大人が持っているメラノサイトは、お肌の浅い部分にあるものなのですが、それは胎児期にメラノサイトが、お肌の深い部分(真皮)から浅い部分へと移動したからです。


ところが、このメラノサイトの移動が何らかの理由でうまくいかないと、真皮にとどまったままになってしまいます。



この、真皮にとどまってしまったメラノサイトが、蒙古斑の犯人なのです。


蒙古斑が出来やすい部位



蒙古斑が現れやすいのは、お尻や腰です。


というのも、メラノサイトはお尻や腰の周辺で活発に働くという特徴があるからです。


現れ方も赤ちゃんによって違い、面積の広い蒙古斑が1か所に現れることもあれば、小さめの蒙古斑があちこちに現れることもあります。


蒙古斑は消える



蒙古斑は成長と共に徐々に消えていきます。


平均すると、3~5歳で消えてしまう子供が多いのですが、遅くても10歳までには消えるので、特に治療を受ける必要はありません。


スポンサードリンク



背中や足にできた蒙古斑は?



では、通常の場合とは違う、背中や足にできた蒙古斑の場合はどうなるのでしょうか。


このような、お尻や腰周辺ではないところにできた蒙古斑のことを、「異所性蒙古斑(いしょせいもうこはん)」と言います。


異所性蒙古斑の場合も、成長と共に徐々に消えていくことが多いのですが、通常の蒙古斑と比べると消えにくい傾向があります。



子供としては、異所性蒙古斑があることが理由で、集団生活の中で周りの目を気にしてしまうこともあるようです。



異所性蒙古斑の治療



異所性蒙古斑は、レーザー治療を受けることで薄くすることが可能です。


ただ、レーザー照射時には「バチン」とゴムで弾かれたような強い痛みを感じる恐れがあるので、子供の場合は全身麻酔をしてから治療を行う場合がほとんどです。


そのため、数日間は入院する必要があります。


健康保険は使える?



異所性蒙古斑の場合は、健康保険が適用される場合が多いです。


そのため、医療機関や治療法などによっても変わる場合はありますが、健康保険を使って治療を受けることができます。


つまり、自己負担額は3割までとなります。



あまり気にしすぎないで!



ここまで、背中や足にできた蒙古斑が消えない理由や、蒙古斑の対処法などについてお話しさせていただきました。


親御さんとしては、見た目が見た目ですから、「虐待を疑われてしまったらどうしよう…」などと感じてしまって、どうしても蒙古斑が気になってしまうかもしれません。


ですが、通常の蒙古斑にしても異所性蒙古斑にしても、いずれは薄くなって目立たなくなるものです。



また、心配であれば、専門家に相談したり、必要な治療を受けたりすることも可能なので、あまり気にしすぎないようにしてくださいね。


スポンサードリンク