赤ちゃんはよくしゃっくりをするものです。


とはいえ、あまり頻繁にしゃっくりをしている姿を見ると、「大丈夫なのだろうか」と不安になってしまうはず。



そこで今回は、意外と知られていない、赤ちゃんのしゃっくりを止める正しい方法をご紹介します。


赤ちゃん しゃっくり

しゃっくりは「横隔膜」のけいれん



そもそもしゃっくりというのは、胸部と腹部の境目にある「横隔膜(おうかくまく)」と呼ばれる筋肉がけいれんしている状態です。


この横隔膜は、刺激を受けることによってけいれんを起こすのですが、赤ちゃんの場合はまだ体が未熟であるため、横隔膜が刺激に弱く、ちょっとした刺激を受けてもけいれんします。


横隔膜を刺激するもの



しゃっくりを引き起こす横隔膜のけいれんを引き起こしているのは、次のような「刺激」です。


ミルク



赤ちゃんがミルクを飲むことで、食道や胃の働きが活発になります。


そうすると、食道や胃のそばにある横隔膜が刺激されます。


空気



生後間もない赤ちゃんの場合は特にそうなのですが、ミルクを飲みながら呼吸ができるので、ミルクと共に空気も摂りこんでしまいがちです。


その、ミルクと共に摂りこまれた空気が横隔膜を刺激することがあります。


温度の変化



赤ちゃんの横隔膜は、ちょっとした温度の変化でさえも刺激になります。


例えば、おむつが濡れてお尻がひんやりしたり、冷房の影響でちょっと室温が変わったりしただけでも、横隔膜が刺激されてしまいます。



こんなにも不安を掻き立てられるのは…



自分自身のしゃっくりにはそれほど不安を掻き立てられることはないと思いますが、赤ちゃんのしゃっくりには不安を掻き立てられますよね。


それはなぜかというと、頻度が高い上に、大人よりも速いテンポでしゃっくりをするからです。


前述している通り、赤ちゃんの横隔膜がちょっとした刺激にも弱い状態なので、しゃっくりが出る頻度が高いです。


また、赤ちゃんは大人に比べて心拍数が早いためにしゃっくりのテンポが速いので、大人からしてみれば、「大丈夫なのかな?」と不安になってしまうことが多いのです。


スポンサードリンク


赤ちゃんのしゃっくりの止め方



赤ちゃんの正しいしゃっくりの止め方というのは、意外と知られていません。



もちろん、大人と同じ方法でも、赤ちゃんのしゃっくりを止めることはできません。



では、どうすれば赤ちゃんのしゃっくりを止めることができるのでしょうか?


ミルクを飲ませる



赤ちゃんのしゃっくりの多くは、ミルクを飲ませてあげることで治まる場合が多いです。


また、月齢が進んでいる赤ちゃんの場合は、麦茶や白湯でも大丈夫です。


ゲップをさせる



ミルクを飲んだ後のしゃっくりは、ゲップをさせてあげると止まることがあります。


横隔膜を温める



しゃっくりは横隔膜が刺激を受けて起こるものなので、横隔膜のあるみぞおち部分を温めてあげると止まることがあります。


おむつを替える



おむつが濡れていることが原因で起こっているしゃっくりには、おむつを替えてあげるのが有効です。


背中をさする



温度の変化が原因で起こっているしゃっくりには、背中をさすって、体全体を温めてあげましょう。



気を付けてほしいしゃっくりもある



赤ちゃんのしゃっくりはあまり心配いらない場合が多いのですが、中には気を付けてほしいしゃっくりもあります。


例えば、



・48時間以上しゃっくりが止まらない
・鼻づまりを起こしている
・よだれをダラダラ流す
・吐き気を伴っている



など、明らかに異常なしゃっくりは、何らかの病気が潜んでいるサインであることもあるので、迷わず医療機関を受診しましょう。


大人が思っているほど辛くはない



ここまで、赤ちゃんのしゃっくりの正しい止め方や、関連する知識についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


赤ちゃんは、しゃっくりをしながらニコニコしていることもあるため、大人の私たちが思っているほどしゃっくりを辛いものとは思っていないようです。


成長すると共に頻度も少なくなってくるはずですから、あまり気にしすぎないようにしてください。



スポンサードリンク