春を前にして、「バイトを辞める」という報告のメールを書こうとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


基本的には避けたほうが良いとされている、メールでの「辞めます」という報告ですが、やむを得ずメールで報告しなければならない場合というのもあるものです。


では、メールで辞めることを報告するとなった場合、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。


メールで報告する場合の3つのポイントをご紹介します。


スポンサードリンク



メールでの報告はNGなのか?





基本的に、メールで「バイトを辞める」ということを報告することは、本来なら避けるべき行為です。


「こんな大事なことをメールで報告してくるとは…」


なんて思う責任者も少なくありません。


ただ、法的にはメールで報告すること自体には何の問題もないとのこと。


むしろ、無断でバイトを辞める、いわゆる「バックレ」よりは良い辞め方です。


大事なことであるために、「口頭で直接伝えたほうが良い」という考え方が世間に浸透しているだけで、どうしてもやむを得ない場合はメールで報告しても大丈夫なようです。


責任者の年齢よって対応が変わることも



責任者の年齢が、「メールでの業務連絡に抵抗がある世代なのか、それとも抵抗がない世代なのか」という部分では、対応が変わってくることもあります。


責任者の年齢が比較的若い場合は、メールで報告をしても大丈夫な場合があります。


その一方で、責任者の年齢が比較的高い場合は、メールで報告すると逆鱗に触れる可能性があります。


もちろん、責任者1人1人の性格による部分もあるので一概には言えませんが、中年世代の責任者に対してメールで報告する場合は、内容をしっかりと考えたほうが良いと思います。


バイトを辞めることをメールで報告するのはどんな時?


一般的に、「バイトを辞める」という内容をメールで報告するのは、



①口頭で直接伝える前にメールをしておきたい
②責任者(社長・店長など)になかなか会うことができない


この2つのいずれかの場合になります。


①口頭で直接伝える前にメールをしておきたい


「バイトを辞める」ということはとても大事なこと。


「大事なことだからこそ、少しでも早く伝えておきたい」という場合に、口頭で報告する前にメールで報告する場合があります。


②責任者(社長・店長など)になかなか会うことができない


「バイトを辞める」ということを伝える相手は、社長や店長といった責任者になるわけですが、責任者が多忙であるため、なかなか会うことができない場合があります。


また、こちら側の事情としては「体調が優れない」などの理由から、責任者に会って直接「辞めます」と報告することができない場合があります。


このような様々な事情により、責任者と直接会って報告することが困難な場合にはメールが有効です。



気をつけるべきポイント①【件名はちゃんと書く】



ノートパソコンのキーボードを打つ女性の手

バイトを辞める報告をメールでする場合は、「どういった内容のメールなのか」ということが分かるように、件名をちゃんと書きましょう。


件名が書かれていないと、最悪の場合メールを見てくれない可能性があります。


バイトを辞める報告のメールにオススメな件名としては、



「退職について ○○○○(所属部署など)○○○○(自分の名前)」
「退職のご相談 ○○○○(所属部署など)○○○○(自分の名前)」


といった件名が良いでしょう。


件名の頭の部分に【重要】などと付け加えても良いでしょう。


くれぐれも「件名なし」のままでは送信しないようにしてください。


スポンサードリンク



気をつけるべきポイント②【本文は分かりやすくシンプルに】


バイトを辞めるメールに限ったことではありませんが、本文がごちゃごちゃしていると読む側としては非常に困りますよね。


ですから、本文は分かりやすく、そしてシンプルにまとめるようにしましょう。


分かりやすくシンプルにまとめたメールの例文が、以下の通りです。


本文の例文(直接伝える前にメールをしておきたい場合)




○○○○(責任者の名前)様

お世話になっております。○○○○(自分の名前)です。

突然で申し訳ないのですが、一身上の都合により、来る◯◯月◯◯日を持ちましてアルバイトを辞めさせていただきたいと思っています。

大事なことなので少しでも早くお伝えしておきたいと思い、前もってメールで報告させていただきました。

退職までの引き継ぎ等、詳細に関しては次回の出勤時に直接お話しさせていただければ幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

○○○○(自分の名前)


本文の例文(責任者に会うことができない場合)



○○○○(責任者の名前)様

お世話になっております。○○○○(自分の名前)です。

突然で申し訳ないのですが、一身上の都合により、アルバイトを辞めさせていただきたいと思います。

個人的な事情もあり、勤務可能な日は○月いっぱい(○月○日)までとなります。

今までお世話になり、本当にありがとうございました。

○○○○(自分の名前)


気をつけるべきポイント③【2週間前までに送信する】



パソコンの前で頬杖をつくロシア人女性


バイトを辞める報告は、遅くても辞める2週間前には報告する必要があります。


というのも、法的には「退職の申し出をしてから2週間が経過すれば出勤しなくても良い」とされているからです。


ですから、早くて1か月前、遅くても2週間前には報告のメールを送るようにしましょう。


しっかりとした内容のメールを書こう!



ここまで、メールで辞めることを報告するとなった場合について、気をつけるべき3つのポイントをご紹介させていただきました。


前述している通り、メールで「バイトを辞める」と報告すること自体はあまり良いことではありません。


ただ、ポイントを押さえ、しっかりとした内容のメールを書くようにすることで、たとえメールでの報告になってしまったとしても、後味の悪い辞め方になるのを回避することは充分可能だと思います。


メールで辞めることを報告するとなった場合は是非、参考にしていただけると幸いです。


スポンサードリンク