「バイト辞めようかな…?」と考えている方、多いのではないでしょうか。


バイトを辞めようと思う理由は様々だと思うのですが、「辞めたい」ということを伝えたところで「わかった」と言ってくれるバイト先、なかなかありませんよね。


何だかんだ理由をつけて、辞めさせてくれない場合が多いと思います。


では、このようにバイトを辞めさせてくれない時には、こちらはどのような対処をすれば良いのでしょうか。


バイトを辞めれる3つのポイントをご紹介します。


スポンサードリンク




「バイトを辞めさせない」は本来あってはならないこと!



上司の胸ぐらを掴む女性社員

まず最初にお話ししておきたいのが、「【バイトを辞めさせない】という行為は、本来であればあってはならないこと」だということです。


「バイトを辞めさせてくれない」という悩みを抱えている方は非常に多いのですが、誰にでもバイトを自由に辞める権利があります。


これは法律で定められていることです。


逆を言うと、雇用する側は「辞めると言っている労働者を無理に引き止めてはいけない」ということにもなるので、辞められないということはありえません。


例外もある


基本的には自由に辞めることができるバイトですが、それは「契約期間が決まっていないバイト」に対して認められた権利です。


バイトの中には「契約期間が決まっているバイト」も結構ありますが、このようなバイトの場合は例外になります。


雇用する側からの理解を得る必要があり、場合によっては損害賠償請求されることもあるので、自由に辞めることはできません。


ですから、この点には注意してください。


辞めれるポイント①【退職届を提出する】



退職を考えている女性会社員

バイトが辞めれるポイント、1つ目は「退職届を提出する」ということです。


ここで注意したいのが、「【退職願】ではなく【退職届】を提出する」という部分。


退職願と退職届とでは意味合いが変わってきます。


退職願と退職届の違い




【退職願】
「○月○日にバイトを辞めたいと思います」という、退職を願い出る書類のこと。

【退職届】
「○月○日にバイトを辞めます」という、退職を届け出る書類のこと。


退職届のほうが強い


退職願と退職届、どちらのほうが強い力を持つのかというと、「○月○日にバイトを辞めます」と言い切ってしまう退職届のほうです。


退職願の場合は「希望」に過ぎないので、雇用する側から引き止められる可能性があります。


一方で退職届の場合は、「退職する」と言い切っているので、雇用する側とも話し合う必要もなく2週間後にはバイトを辞めることができます。


スポンサードリンク



辞めれるポイント②【次のバイト先(就職先)を決めてしまう】



辞めれるポイント、2つ目は「次のバイト先や就職先を決めてしまう」ということです。


もう次に働く場所が決まっているわけですから、雇用する側も引き止めようがありません。


「新しいバイト先に辞退を申し出てこい」なんて言われることもまずありえません。


そもそも、そのようなことを言う雇用主がいるのであれば、なおさらそのバイトは辞めたほうが身のためです。


ですから辞めさせてくれない場合は、ちょっと大変かもしれませんが、今のバイト先で働きながら新しいバイト先や就職先を探しましょう。


辞めれるポイント③【公的機関に相談する】



「公的機関に相談する」というのも、バイトを辞めれるポイントの1つです。


「ハローワーク」や「労働基準監督署」といった公的機関に相談し、アドバイスをもらいましょう。


これは、自力で頑張ってみても辞めさせてくれない場合の最終手段になりますが、専門の相談員に相談することで、他の対処法が見つかるかもしれません。


「辞めます」と伝えるのは自分自身


公的機関では相談には乗ってくれますが、雇用主と自分との間に入ってくれるわけではありません。


つまり、「辞めます」と伝えるのは皆さん自身になるので、この点には注意してください。


「バックレ」だけは絶対にNG!!



手と禁止マーク

「辞めさせてくれないからバックレてしまえ!」といって、無断でバイトを辞めるのは絶対にNGです。


よく笑い話にもされる「バイトのバックレ」ですが、これは人間として非常識な行動なので、当然ながらおすすめはできません。


「後味の悪い辞め方をしてしまった…」などと後から後悔しても遅いですから、バックレることなくしっかりと「辞めます」と伝えましょう。


「辞めます」という強い意思が大事!



ここまで、バイトを辞めさせてくれない場合に関して、バイトを辞めれる3つのポイントをご紹介させていただきました。


ご紹介させていただいた3つのポイント全てに必要なのは、「強い意思」です。


「バイトを辞める!」と決めたからには、その意思を貫き通す必要があるからです。


もちろん、意思を貫き通すために職場と揉めるのはあまり良いことではありませんから、あくまでも低姿勢で意思を貫き通してほしいと思います。


スポンサードリンク