もうすぐ季節は春。


春になると楽しめるようになるものはたくさんありますが、「潮干狩り」もその一つだと思います。


春のポカポカ陽気に包まれながらたくさんのアサリを採るのはもちろん、採ったアサリを持って帰っておいしく食べるのも楽しみですよね。


ただ、潮干狩りは水辺で活動するわけですから、「動きやすくて濡れても良い服装」でなければなりません。


そこで今回は、潮干狩りの服装について、靴などの動きやすく濡れてもいい服装を選ぶ上でのポイントについてお話しします。


スポンサードリンク




濡れてもいい服装を選ぶポイントは?



家族揃って潮干狩り

潮干狩りで濡れてもいい服装を選ぶ上でのポイントとしては、



・水を弾く素材のものを選ぶ
・濡れても気にならない服装を選ぶ


といったところでしょうか。


「ポリエステル」や「ナイロン」といった素材のものは水を弾くので、濡れても気になりません。


また、濡れても気にならない服装であれば、「濡れないように…」と気にしながらの潮干狩りではないので、全力で潮干狩りを楽しむことができると思います。


ポイントを押さえた潮干狩りの服装


ではここからは、「濡れてもいい」というポイントを押さえた上での潮干狩りの服装をご紹介します。


帽子


帽子は潮干狩りの必須アイテムです。


日焼けを気にされる方も多いと思いますし、真夏ではないとはいえ暑いですから、海辺での長時間の作業は熱中症に繋がる恐れもあります。


帽子に関しては濡れることを気にする必要はほとんどありませんが、海風に飛ばされないように「ゴムがついているもの」がおすすめです。


一番良いのは、通気性が良くて蒸れにくく、つばが広くて日焼け対策にもなる「麦わら帽子」です。


タオル


首元にはタオルを巻いておきましょう。


首元にタオルを巻くことで、首回りの日焼けを防ぐことができます。


また、タオルを巻いておけば、濡れたり汚れたりした箇所が出た時にサッと拭き取ることもできますし、汗をかいた時には汗を拭くこともできます。


長袖Tシャツ


「濡れてもいい」となると半袖のほうが良い感じもするのですが、日焼け対策と海風で身体が冷えることも考えると長袖のほうがおすすめです。


濡れたり汚れたりしても気にならない長袖Tシャツを選びましょう。


上着(羽織物)


先ほどお話ししましたが、潮干狩りは海風で身体が冷えてしまうことがあります。


また、春という季節である以上、長袖Tシャツだけでは寒いかもしれません。


ですから、「ラッシュガード」や「レインコート(合羽)」などを羽織るか、またはいつでも羽織れるように用意しておきましょう。


羽織ると防寒にもなりますし、素材的にも濡れても気になりません。


スポンサードリンク



パンツ


潮干狩りの服装でのボトムスは「パンツスタイル」を強くおすすめします。


つまり、汚れたり濡れたりしやすい上に、作業がしづらいスカートはNGです。


丈の長いパンツスタイルでも良いですが、裾が濡れたり汚れたりする可能性があるので、裾をまくっておくか、最初から短パンを選んだほうが良いでしょう。


また、長時間海辺でしゃがんで作業することになるので、伸縮の効く素材のパンツがオススメです。



「海辺での作業=ビーチサンダル」というイメージもありますが、ビーチサンダルだと作業しづらかったり、うっかり流されてしまったりする可能性もあります。


ですから靴に関しては、海水が入ってこない丈の長靴か、使わなくなった靴下を2枚重ねで履くのがオススメです。


この2つであれば濡れても汚れても気になりませんし、ケガの防止にもなります。


手袋


ケガをする恐れがあるので、素手での作業はオススメできません。


ということで必須アイテムとなるのが手袋なのですが、ゴム手袋や軍手がオススメです。


ゴム手袋や軍手なら、濡れたり汚れたりしても気になりません。


どちらか片方のみの着用でも良いのですが、ゴム手袋と軍手の両方を着用したほうが良いです。


着替えは必ず持って行こう!



ハンガーにかかった服

「濡れてもいい」という意味では、濡れてしまった場合に備えて着替えを持って行くことをオススメします。


着替えがないと「濡れないように…汚れないように…」とばかり考えてしまって、潮干狩りが楽しめないかもしれません。


着替えがあるだけでも安心感につながると思うので、着替えは持って行きましょう。


また、お子さんと一緒に行かれる場合もあると思うのですが、子供は元々服を濡らしたり汚したりするものですから、お子さんの分の着替えも必ず持って行きましょう。


潮干狩りを楽しい思い出に



 潮干狩り

ここまでは、動きやすく濡れてもいい、潮干狩りの服装を選ぶ上でのポイントについてお話しさせていただきました。


お出かけである以上「おしゃれしたい」という気持ちは抑えきれないかもしれませんが、お気に入りの服が汚れたり濡れたりしてしまっては元も子もありません。


汚れたり濡れたりした時点で楽しい気分は台無しになります。


もちろん、動きづらい服装での潮干狩りもあまり楽しめないと思います。


潮干狩りを楽しい思い出にするためにも、潮干狩りの服装選びはよく考えて行って下さい。


スポンサードリンク