出産の時の安全と、生まれてくる赤ちゃんの無事を祈る「安産祈願」


「神社に行って安産祈願をする」という妊婦さんが多いと思うのですが、「安産祈願の日は何を着て行ったら良いのかなぁ?」という、服装のことを気にする方も少なくありません。


神社に行くわけですから、カジュアルな服装でも良くありませんし、かといってお腹に負担のかかる正装で行くのも心配ですよね。


そこで今回は、安産祈願の服装のイチオシと、安産祈願での元気な赤ちゃんが生まれてくるポイントをご紹介します。


スポンサードリンク




そもそも「安産祈願」とは?



安産祈願というのは、安産を願って神社やお寺に行き、祈祷を受けることを言います。


お産が軽く、一度にたくさんの赤ちゃんを産む「犬」にあやかって、



「妊娠5か月目に入って一番最初の戌の日に安産祈願をすると良い」



という風習が古くからあり、多くの妊婦さんがお腹に「腹帯(はらおび)」というさらし布でできた帯を巻いて神社やお寺を訪れます。


安産祈願をすることで、「母子ともに無事に出産を乗り越えることができる」とされています。


安産祈願には何を着ていけば良いの?




はてなマーク


安産祈願に行くとなった場合、どのような服装で行ったら良いのか迷ってしまいますよね。


安産祈願の服装は、「派手な服装」や「露出の激しい服装」はNGですが、基本的には普段着でも大丈夫です。


お腹を締め付けないもので、なおかつシンプルなデザインのマタニティーウェアがおすすめです。


春・秋は羽織物があると良い



春と秋は気温があまり安定していないので、羽織物があると安心です。


「暑い」と感じた時は脱げば良いですし、「寒い」と感じた時は羽織れば良いので、ワンピースやチュニックにカーディガンやジャケットを羽織るようなコーディネートがオススメです。


夏はワンピースがイチオシ



夏の安産祈願の服装としては、トップスとボトムスが分かれたものではなく、ワンピースを着たほうが楽だと思います。


ワンピースはお腹周りを締め付けませんし、熱もこもりにくいのでオススメです。


ただ、露出を避けるためには、丈が短いワンピースの場合はレギンスと合わせたほうが良いでしょう。


冬は寒さ対策を一番に考えて!



寒さが厳しい冬の安産祈願は、暖かい服装をすることを第一に考えてください。


そう考えると、ニット素材の服がオススメです。


また、保温性の高いインナーを着て、身体を冷やさないようにすることも大切です。


こんな服装や身だしなみはNG!



手と禁止マーク

服装のNG




露出が激しい服装
ラフすぎる服装(スウェット・ジャージなど)
カジュアル過ぎる服装(ダメージジーンズなど)
派手な色合いの服装


こういった服装は、安産祈願の場には適していませんし、露出が激しい服装に関しては、お母さんの体にも赤ちゃんにも良くないので避けましょう。



足元のNG




露出の激しい靴(サンダル・ビーチサンダル・ミュールなど)
ヒールの高い靴


足元に関しても露出を避けるのがマナーなので、露出の激しいサンダル系はNG、そして裸足もマナー違反になるので、靴下やストッキングは必ず着用し、パンプスを穿くことをオススメします。


また、妊婦さんの安全を守る観点からは、ヒールの高い靴も避けましょう。



※このほかにも、アクセサリーのつけ過ぎには気を付けてください。



スポンサードリンク



元気な赤ちゃんが生まれてくるポイント!





安産祈願において、元気な赤ちゃんが生まれてくるポイントは、



・お母さんと赤ちゃんの両方に負担がかかるような服装は避ける
・神仏の前でのマナーをわきまえる
・頂いたお守りは大事にする(神棚にお供えする・肌身離さず持ち歩くなど)


この3つではないかと思います。


気候に合わない服装やお腹を締め付ける服装は、母体にも胎児にも負担がかかります。


また、「知らなかった」というのであればまだしも、神社やお寺でのマナーができていないと、せっかくの守りを頂くことができなくなるかもしれませんし、お守りを粗末に扱うのも問題です。


常に「元気な赤ちゃんが生まれてくるように」ということを意識して生活するのが一番なのですが、安産祈願の日は特に気を付けたほうが良いでしょう。


安産祈願は必ずその日でなければいけないの?


安産祈願は、「妊娠5ヶ月目に入って最初の戌の日」ということになっていますが、どうしてもその日に安産祈願をすることができない場合もありますよね。


例えば、



仕事の日と重なる(妊婦さん自身が働いている場合)
旦那さんが仕事で一緒に行くことができない
つわりであまり体調が優れない
交通手段がない
天気が良くない


などといった場合は、安産祈願に行くことが困難だと思います。


ただ、必ずしも「妊娠5ヶ月目に入って最初の戌の日」でなければいけないわけではないので、安心してください。


都合の良い日や体調の良い日を見計らって安産祈願に行くようにしましょう。


人混みを避けたい場合は?



人混みを避けたい場合も、戌の日ではない日に安産祈願に行っても問題はありません。


戌の日がちょうど土日祝日とぶつかる場合は、どうしても安産祈願を希望する方で混みやすくなります。


そしてその日が大安の日だったり、安産祈願で有名な神社だったりすると、なおさら混みやすくなります。


体調の関係で人混みを避けて安産祈願をしたい方もいると思うので、そのような場合も無理をする必要はありません。


代理も可能


神社にもよりますが、妊婦さんに代わって、代理で安産祈願を受けることができる場合もあります。


体調などの影響で、どうしても妊婦さん自身が安産祈願に行くことができない場合は、代理での安産祈願でも問題ありません。



安産祈願の日を良い思い出に


ここまで、安産祈願の服装のイチオシと、元気な赤ちゃんが生まれてくるポイントをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


悩んでしまいがちな安産祈願の服装ですが、基本的には妊婦さんにとって適していない服装で、なおかつ神社に着ていくのに相応しくないような服装でなければ、特に問題はないと思います。


「安産祈願 服装」などと検索すると、実際に安産祈願に行かれた妊婦さんの画像がヒットするので、そういった画像をヒントにしながら服装を考えてみても良いと思います。


安産祈願の日が、皆さんのマタニティーライフの良い思い出となりますように。


スポンサードリンク