妊娠している女性の願い、それは「安産」ですよね。


赤ちゃんが何事もなく無事に生まれてきてくれることが、何よりも強く願っていることだと思います。


そこで大きな役割をはたすのが、腹帯を巻いての「戌の日の安産祈願のお祝い」です。


今回は戌の日の服装について、腹帯で安産祈願を祝うポイントを3つご紹介します。


スポンサードリンク




そもそも「戌の日の安産祈願のお祝い」って何?



首をかしげるオカメインコ

「戌の日の安産祈願のお祝い」というのは、妊娠5か月目に入って最初の戌の日に「腹帯(はらおび)」を巻いて安産を祈願することを言います。


妊娠5か月目に入って最初の戌の日に、腹帯を巻いて神社やお寺に安産祈願に行くことで、お母さんは無事に元気な赤ちゃんを出産することができると言われています。


皆さんもカレンダーで見たことがあるかと思うのですが、日本では昔から日付を干支で表す習慣があります。


したがって、戌の日は12日に1回、1か月に2~3回回ってきます。


なぜ「戌の日」なのか?



どうして戌の日に安産祈願をするのかというと、犬が昔から安産の守り神として崇められてきた存在だからです。


犬は一度にたくさんの赤ちゃんを産むにも関わらず、お産が軽い動物です。


そのため、安産・多産の犬にあやかって、戌の日に安産を祈願する習慣が生まれたのです。


また、戌には「悪霊を祓い、狐狸から子供を守ってくれる」という言い伝えもあり、戌の日の安産祈願はこの言い伝えにもあやかっています。


「腹帯」とは?


この戌の日の安産祈願のお祝いの日に着る服装には、表には出ませんが「腹帯」が欠かせません。


腹帯とは、安産を祈願してお腹に巻く、さらし布でできた帯のことを言います。


「岩のように丈夫な赤ちゃんが生まれてきますように」という願いを込めて、「岩田帯」と呼ばれることもあります。


腹帯を巻く習慣は昔からありますが、「妊婦さんの約半数が腹帯を巻いた」というアンケート結果もあることから、現在でも腹帯を巻いて安産祈願をする習慣は変わっていないようです。


ただ、現在ではさらし布でできた腹帯だけではなく、ガードルやコルセットのような腹帯の代わりとなるようなアイテムを使用する妊婦さんも多いです。


腹帯にはこんな効果が



安産祈願のアイテムでもある腹帯ですが、次のような効果が期待できるアイテムでもあります。



お腹を保温し、冷えから守ることができる
お腹を固定することができるため、動きやすくしてくれる
大きくなったお腹を支えることができる
赤ちゃんを衝撃から守ってくれる
逆子を予防することができる



医学的な観点からも、腹帯を巻くことは推奨されているのです。


腹帯はどこで手に入れる?



腹帯は、妊婦さんの実家で代々使われてきたものを「受け継ぐ」という形で譲り受けたり、妊婦さんの実家のほうで用意したりするのが一般的です。


ただ、最近では妊婦さん自身が購入したり、安産祈願に行った先の神社やお寺で購入したりと、妊婦さん自身で用意するケースも増えています。


中には、通院している産婦人科のほうからプレゼントされる場合もあるようです。


スポンサードリンク




腹帯で安産祈願を祝うポイント3選



神社

ではここから、腹帯で安産祈願を祝うポイントを3つご紹介します。


ポイント①お腹を締め付けないように巻く


せっかくの安産祈願のお祝いなのに、お腹を締め付けるような巻き方をしてしまっては、母体だけではなく赤ちゃんにも負担がかかります。


まだつわりが治まっていない場合だと、体調にも影響して、安産祈願どころではなくなる可能性もあります。


腹帯はお腹を締め付けないように、そして腰回りのほうはしっかりと巻くようにしましょう。


また、「お腹を締め付けない」ということは、服装に関しても言えることです。


安産祈願の場に適していて、なおかつお腹を締め付けないような服装(マタニティーウェアやワンピースがオススメ)で行きましょう。


ポイント②実家から受け継いだ腹帯を使う



新しい腹帯を用意するケースも少なくありませんが、やはり皆さん自身がお母さんのお腹の中にいた時に使っていた腹帯を受け継いだほうが、お母さんの守りを感じられて心強い感じがしますよね。


そういった精神面での安定も大事だと思うので、実家のお母さんから受け継いだ腹帯を使用することをオススメします。


ただ、中には新品の腹帯でなければ安産祈願を受けることができない神社やお寺もあるので、事前に調べておく必要があります。


ポイント③「戌」や「寿」という字を書いてもらう



そのままお腹に巻いても良いのですが、旦那さんや産婦人科の先生などに「戌」や「寿」といった字を書いてもらってからお腹に巻き、安産祈願に行くと良いでしょう。


中には、「神主さんに字を書いてもらった」という妊婦さんもいるので、安産祈願に行った神社やお寺で書いてもらっても良いと思います。


安産祈願で「精神の安定」を手に入れよう



妊婦のお腹が大きくなる段階のイラスト

ここまで、戌の日の服装に欠かせない腹帯で安産祈願を祝うポイントを3つご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


必ずしも「妊娠5ヶ月目に入って最初の戌の日に安産祈願に行かなければならない」というわけではありませんし、もしその日に安産祈願に行けなかったからといって、赤ちゃんに悪影響が及ぶわけでもありません。


ただ、腹帯を巻いて安産祈願をお祝いすることで、お母さんとしては気持ち的に安心することができると思いますし、お母さんの精神の安定が、お腹の中の赤ちゃんの安定にも繋がるはずです。


妊娠5ヶ月目を迎える前の妊婦さん、またはその周りの方は是非、こちらの記事を参考にして下さい。


スポンサードリンク