「忌明け」という、一つの大きな節目を迎える「満中陰」


もし、「満中陰のお供えを考えなければならない」となった場合、皆さんならどのようなお供え物を選びますか?


一言に「満中陰のお供え」と言っても、お供え物のマナー、つまり「供えてイイもの」と「ダメなもの」とがあります。


つまり、供えてイイものとダメなものを区別しなければならないのです。


そこで今回は、満中陰のお供えについて、供えてイイものとダメなものについて解説したいと思います。


スポンサードリンク



「満中陰(まんちゅういん)」とは?



故人を思い出しているイラスト


満中陰とは、仏教において亡くなってから49日目、つまり「四十九日」のことを言います。


亡くなってからの49日間を「中陰」と呼ぶため、中陰の前に「満」という言葉がついて「満中陰」と呼ばれています。


「満中陰」「四十九日」の他にも、「七七日(なななぬか)」と呼ばれることもあります。


この満中陰までの間には、7日ごとに「中陰法要」というものがあり、亡くなった方はこの7日ごとに閻魔様による裁きを受けていると言われています。


そして遺族にとっては、この満中陰までの49日間が、亡くなった方と離れ離れになってしまったことに対する悲しみが癒えてきて、死と向き合うことができるようになる期間でもあります。


満中陰の法事・法要は、「忌明けの日」という大きな節目でもあるため、遺族だけではなく、亡くなった方の友人や知人なども参列し、盛大に営まれます。


満中陰のお供えで供えてイイもの~食べ物~



落雁のイラスト

ではここからは、満中陰のお供えについてお話しさせていただきますが、まず最初は「供えてイイもの」についてお話しさせていただきます。


満中陰のお供えで供えてイイものとして挙げられるのは、次のようなものです。

菓子折り


満中陰のお供えの定番は、やはり菓子折りです。


菓子折りの中でも、



おまんじゅう
どら焼き
落雁(らくがん)
カステラ
ようかん
モナカ
かりんとう
せんべい
あられ
クッキー
ゴーフル
マドレーヌ
ゼリー


といった、常温保存でも比較的日持ちするものが喜ばれます。


また、法事の後に皆でお供えしたお菓子を分け合う場合もあるので、そのことを考えると個包装されたお菓子が良いでしょう。

果物


果物のお供えも、満中陰のお供えの定番です。


出来れば「丸い形」をしている果物をお供えするのが望ましいのですが、亡くなった方が生前好んでいた果物があった場合は、その果物をお供えしても問題はありません。


盛り合わせになっている果物もありますが、満中陰の時はバラして「三方」や「高月」に乗せてお供えするので、盛り合わせになっているものではなく、バラ売りの果物を購入したほうが良いでしょう。



その他供えてイイ食べ物


お菓子や果物の他に供えてイイ食べ物が、



佃煮
焼きのり
さつま揚げ
かまぼこ
ハム
お茶
お酒


といった食べ物になります。


これらも常温保存で日持ちするので、お供えに適しています。


満中陰のお供えで供えてイイもの~食べ物以外のもの~


ここからは、食べ物以外で供えてもイイお供えをご紹介していきます。


切り花


まずは「切り花」、こちらもお供えの定番ですよね。


満中陰のお供えには、全体的に白い花でまとめてアレンジメントされたものを選ぶのが望ましいとされています。


よく満中陰のお供えとして供えられているのが、「胡蝶蘭」や「ユリ」といった白い花になります。


また、「遺族を慰める」という意味合いで、多少であれば淡い色の花を混ぜても問題ないとされています。


線香・ろうそく


満中陰のお供えには、「線香」や「ろうそく」といった、消耗品の仏具も喜ばれます。


遺族の方があまり買うことがないような、少し値段の高い線香やろうそくをお供えすると良いでしょう。


スポンサードリンク



満中陰のお供えで供えてダメなもの



手と禁止マーク

では今度は、「供えてダメなもの」についてお話しします。


満中陰のお供えで供えてダメなものは、次のようなものです。


「五辛(ごしん)」の野菜


五辛の野菜というのは、



にんにく
にら
ねぎ
らっきょう
玉ねぎ



などといった、辛みや臭いが強いねぎ属の野菜のことを言います。


こういった野菜は、仏教では禁葷食(きんくんしょく)といい、食べることを避ける習慣がありました。


そのため、満中陰のお供えにはねぎ属の野菜のお供えはNGとなります。


生もの


肉類や魚介類といった生ものは、「殺生」をイメージさせるものであることから、満中陰のお供えには適していません。


服装において、動物の毛皮を使ったものやアニマル柄のものを身につけることが禁止されているのと同じ理由です。


それでなくとも生ものは、「常温保存ができない」「日持ちしない」という点からもお供えには適していないので、避けるようにしましょう。


トゲのある植物


切り花をお供えする場合に気を付けたいのが、「トゲのある植物をお供えしない」ということです。


トゲのある植物というと、もちろん「バラ」のことなのですが、トゲのある植物はお供えに適していないので、避けるようにしましょう。


迷った時はお店の人に相談しよう



満中陰のお供え物選びに迷った場合は、お店の人に相談しながらお供え物を選ぶようにすると良いでしょう。


お菓子屋さんにしてもお花屋さんにしても、「満中陰のお供え物を探している」ということを伝えれば、満中陰のお供えに適したものを教えてくれます。


また、満中陰のお供えはインターネットで注文することもできるのですが、「法事用」「四十九日用」などという記載がされてあるものを選べば、間違うことはないと思います。



覚えておくと必ず役に立つ!



ここまで、満中陰のお供えについて、供えてイイものとダメなものについて解説させていただきました。


供えてイイものとダメなもの、お分かりいただけましたか?


満中陰にお供えをする機会はそう多くあるわけではありませんが、マナーを重んじる場面ですから、供えてイイものとダメなものについては、覚えておくと必ず役に立つと思います。


是非こちらの記事を、いざという時に役立てていただきたいと思います。


スポンサードリンク