6月上旬は夏仕様の服装に衣替えする時期で、自然の装いだけではなく人々の装いも夏に向けてまた1歩近づく時期ですよね。


そして、すでに梅雨入りしている地域もあれば、梅雨入りを間近に控えている地域もあり、いずれにしても全国的に天候が安定しない時期でもあります。


このような、梅雨入りの季節である6月上旬の季節感を、文章の書き出しにくる「時候の挨拶」ではどう表現すれば良いのでしょうか。


今回は、6月上旬を連想する言葉と、梅雨入りの季節にピッタリな時候の挨拶の例文をまとめてみました。


スポンサードリンク



6月上旬の行事はコレ



6月を知らせる女の子


6月上旬を連想しやすい言葉といえば、やはり「6月上旬に行われる行事」の名前ですよね。


ということで、まずは6月上旬に行われる主な行事を挙げてみました。



6月1日  衣替え・貴船祭(京都)
6月2日  横浜開港記念日
6月4日  歯の衛生週間(10日まで)
6月5日頃 芒種
6月10日  時の記念日
6月上旬  加賀百万石まつり(石川県)
6月上旬  YOSAKOIソーラン祭り(北海道)
6月第1日曜日 プロポーズの日


6月上旬だけでも結構たくさんの行事がありますね。


「芒種」とは?


6月5日頃の「芒種(ぼうしゅ)」は、二十四節気の1つです。


この時期は、「芒(のぎ・イネ科の植物の果実の部分を包んでいる殻)」と呼ばれる部分を持っている穀物・稲・麦といった植物の種を蒔く時期とされているため、「芒種」と呼ばれています。


※実際にはもう少し早い時期に種まきが行われています。


6月上旬の言葉まとめ



梅雨の季節と子供たち


6月上旬の行事を含めた6月上旬を連想させる言葉には、次のようなものがあります。


ジャンル別に分けてご紹介します。



入梅
梅雨
長雨
薄暑
向暑
麦秋
夏秋
初夏
芒種
孟夏
首夏
深緑
青葉
若葉青葉
梅雨入り
梅雨前線
梅雨空
梅雨寒
空梅雨
田植え
衣替え
半袖
ジューンブライド



植物に関する言葉



紫陽花(あじさい)
菖蒲(あやめ)
水芭蕉(みずばしょう)


生き物に関する言葉



カエル
カタツムリ


食べ物に関する言葉



ピーマン
きゅうり
らっきょう
オクラ
ナス
いんげん豆
枝豆
新ショウガ

枇杷(びわ)
桜桃(さくらんぼ)

ハモ
アジ
アナゴ


6月上旬の時候の挨拶例文まとめ


6月上旬を連想させる言葉を含めた、6月上旬の梅雨入りの季節にぴったりな時候の挨拶の例文を、「漢語調」と「口語調」に分けてご紹介します。


漢語調(ビジネス・プライベート向け)



入梅の候/折/みぎり(梅雨入り間もない頃)
梅雨の候/折/みぎり
長雨の候/折/みぎり
薄暑の候/折/みぎり
向暑の候/折/みぎり
麦秋の候/折/みぎり
夏秋の候/折/みぎり
初夏の候/折/みぎり
芒種の候/折/みぎり
孟夏の候/折/みぎり
首夏の候/折/みぎり
深緑の候/折/みぎり
青葉の候/折/みぎり
若葉青葉の候/折/みぎり
紫陽花の候/折/みぎり



梅雨に関する時候の挨拶は、梅雨入り後に使用したほうが季節にぴったり合います。


また、梅雨入り前や空梅雨の場合は、梅雨とは関係のない時候の挨拶がおすすめです。

口語調(プライベート向け・一部ビジネス向け)




樹々の緑深くなり
爽やかな初夏を迎え
衣替えの季節となりました
枝豆がおいしい季節になりました
清流に若鮎の踊る頃となりました
桐の花の咲く季節となりました
今年も麦のとり入れの季節を迎えました
紫陽花が大輪の花を咲かせる頃となりました
初夏の風が半袖に心地よい季節となりました
今年ももう衣替えの時期になりました
くちなしの甘い香りが漂う季節となりましたが
庭のあやめが美しく咲き誇る季節となりました
今年も、早くも半分を過ぎようとしています
夏の装いとなり、街は一段と明るさを増したようです
春を惜しむ暇もなく、もう衣替えの季節になりましたね
田になみなみと水が張られ、いよいよ田植えの季節となりました
梅雨めいた曇り空の下、今年もいよいよ田植えが始まりました
木々の緑をわたる風が目にまぶしく感じられる初夏となりました
暑い日があるかと思えば、また寒くなり、着る服にも困ってしまう昨今


スポンサードリンク



【口語調】梅雨入り前と梅雨入り後で使い分けよう



 人差し指を立てる女性社員

6月上旬となると、すでに梅雨入りしている地域と梅雨入りしていない地域とが混在している時期です。


ですから、梅雨入り前と梅雨入り後で時候の挨拶を使い分けるようにしましょう。


また、その年によっては雨があまり降らない「空梅雨」のこともあるので、その年の梅雨の気候に合わせた時候の挨拶を選ぶようにすることも大切です。


梅雨入り前にオススメの時候の挨拶



梅雨前線が近づいてきました
梅雨がもうそこまでやってきております
梅雨入りのニュースが気になるこのごろですが
梅雨入りを間近に、今から憂鬱な気分になっております
梅雨の前触れでしょうか、不安定な天気の今日この頃です
入梅を控えて不安定な空模様が続いております
紫陽花のつぼみが開き始めました。もうすぐ梅雨入りですね
今年もまた梅雨入り宣言が気にかかる頃となりました
入梅を間近に控え、落ち着かないお天気が続いています


梅雨入り後にオススメの時候の挨拶



梅雨空のうっとうしい季節となりました
梅雨期に入り、気の滅入るような今日この頃です
久しく会わないうちに、季節は梅雨に入りました
連日の雨ですっかり気が滅入っている今日この頃です
紫陽花が雨に濡れて、ひときわ美しさを増したようです
梅雨入り宣言が出され、しばらくはうっとうしいお天気とのお付き合いです



空梅雨の場合は…?


梅雨入りをしても、あまり雨が降らない「空梅雨」の年もありますよね。


空梅雨の場合は、次のような時候の挨拶を使ってみてください。



空梅雨の日が続いておりますが
今年は空梅雨を思わせるような天気が続いております
入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨のようです



もう改まった文章を書くのも怖くない!



6月上旬を連想される言葉と、6月上旬の梅雨入りの季節にピッタリな時候の挨拶の例文をまとめてみましたが、いかがでしたか?


6月上旬を連想される言葉や、6月上旬の時候の挨拶の例文を知っておくだけで、改まった文章を書かなければなくなった場合も怖いことはありません。


もしも6月上旬に、改まった文章を書く機会があった場合は是非、こちらの記事を参考にしながら書いてみて下さい。


スポンサードリンク