だんだんと気温が高くなり、夏がもう間近に迫っていることを感じる5月下旬。


誰かにお手紙を書いたり、ビジネス関係の文章を作ったりする機会がある方も少なくないと思います。


5月を連想させる季語や時候の挨拶はたくさんあるのですが、5月下旬にスポットを当てた季語や時候の挨拶を使ったほうが、夏の足音が聞こえてきそうな文章にすることができますよね。


ということで今回は、5月下旬を連想させる季語と時候の挨拶の例文をまとめてみました。


スポンサードリンク



5月下旬を連想させる言葉まとめ



 新緑が映りこむ池の風景

「時候の挨拶」と言うからには、5月下旬の時候の挨拶に5月下旬らしくない言葉を含めてしまっては意味がありません。


つまり、5月下旬らしい時候の挨拶には、5月下旬を連想させる言葉を含めるのが基本です。


まずは、5月下旬を連想させる言葉をまとめてみました。


小満
新緑
薫風
青葉
若葉
深緑
万緑
初夏
軽暑
微暑
向暑
暮春
残春
惜春
春愁
風香る
風薫る
五月晴れ
運動会
田植え
日焼け
汗ばむ
清らか

衣替え(6月上旬)
梅雨入り(6月頃)

など…



小満(しょうまん)とは?


5月下旬を連想させる言葉の中でピックアップしたいのが、「小満」という言葉です。


小満というのは二十四節気の1つで、5月21日頃のことを言います。


「陽気盛んにして万物しだいに長じて満つる」、つまりこの時期になると草木をはじめとする万物が成長し、ある一定の大きさにまで達してくる頃とされています。


田植えもスタートし、日中は汗ばむような気候の日も増えてきます。


スポンサードリンク


5月下旬の時候の挨拶例文まとめ



手紙

5月下旬の時候の挨拶には、「夏」という言葉を使った、夏の足音が聞こえてきそうなものがたくさんあります。


では実際に、夏の足音が聞こえてきそうな時候の挨拶の例文を見ていきましょう。


5月下旬の時候の挨拶例文~漢語調~


まずは、主にビジネス向けですが、プライベートの文章にも向いている「漢語調」の時候の挨拶の例文からご紹介します。


小満の候/折/みぎり
新緑の候/折/みぎり
薫風の候/折/みぎり
青葉の候/折/みぎり
若葉の候/折/みぎり
深緑の候/折/みぎり
万緑の候/折/みぎり
初夏の候/折/みぎり
軽暑の候/折/みぎり
微暑の候/折/みぎり
向暑の候/折/みぎり
暮春の候/折/みぎり
残春の候/折/みぎり
惜春の候/折/みぎり
春愁の候/折/みぎり
晩春初夏の候



5月下旬の時候の挨拶例文~口語調~


次に、こちらは親しい人向けの「口語調」の時候の挨拶の例文をご紹介します。



残春のひととき
深緑の色増す頃
新緑の色増す今日この頃
五月晴れの空が美しい季節
風清らかな初夏を迎え
春色ようやくおとろえて
春から夏へとうつろいゆく季節
暦の上ではもう夏となりました
新緑がまぶしい季節となりました
青葉が美しい季節となりました
新緑の青葉が繁れる季節を迎え
夏の足音が聞こえるようになりました
山の緑が色濃くなってまいりました
衣がえの準備に忙しい日々を送っています
初夏の日差しに青葉輝く季節となりましたが
清々しい五月晴れが快い季節となりました
日中は少し汗ばむほどの季節となりました
緑深い山々が初夏の息吹を伝える今日この頃
日中は汗ばむくらいの初夏の陽気が続きます
街路樹の緑も日に日に濃さを増しているようです
生い茂る若葉が初夏の生き生きとした息吹を伝えてまいります
小満を迎えいよいよ夏が近く感じられる頃となりました
緑が日に日に濃さを増し、夏の足音が聞こえてきそうなこの季節
木々をわたる風にも、初夏の気配を感じる季節となりました
穏やかな日和が続き、心も和やかになるような気がするこの頃
花々が充実した美しさを誇る華やかな季節を迎えました
夏を思わせるような陽射しに、日焼けも気になるようになりました
雨が降りだしそうな空模様に、梅雨入りが近いことを感じています
梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気が続いております


本格的な夏が目前に迫っている時候の挨拶が目立ちますよね。


「初夏」「春から夏へ」「夏の足音」「汗ばむ」などといった表現を使うだけでも、5月下旬らしい時候の挨拶を作ることができますよ。


夏の足音が聞こえてきそうな文章に



新緑と虹

5月下旬を連想させる季語と、5月下旬の時候の挨拶の例文をまとめてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


ビジネス関係の文章となると、「時下」「時節柄」のような季節関係なく使える時候の挨拶が使われることも少なくありません。


ただ、どちらかというと、せっかく5月下旬に書く文章であるわけですから、5月下旬らしい時候の挨拶にしたほうが良いと思います。


今回ご紹介させていただいた季語や例文を参考にしながら、夏の足音が聞こえてきそうな文章にしてみて下さいね。

スポンサードリンク