ゴールデンウィークも終わり、また一段と過ごしやすい気候になってくる5月中旬。


だからこそ、5月中旬の時期にお手紙や文章などを書かなければならなくなった場合には、過ごしやすい季節になったことを表現した文章を作りたいものです。


5月中旬の過ごしやすい季節になったことを表現することができるのが、文章の書き出しの部分に当たる「時候の挨拶」の部分です。


今回は、5月中旬の過ごしやすい季節にぴったりな言葉(季語)と時候の挨拶の例文をまとめてみました。


スポンサードリンク



5月中旬をイメージさせる言葉の数々




新緑と空


5月中旬らしい時候の挨拶には、5月中旬をイメージさせる言葉の存在が必要不可欠です。


というわけで、まずは5月中旬をイメージさせる言葉の数々を挙げてみたいと思います。



新緑
薫風
青葉
若葉
緑樹
万緑
立夏
初夏
軽暑
微暑
惜春
暮春
風香る
風薫る
五月晴れ
ツツジ
バラ
野山
さわやか
清々しい
過ごしやすい

など…



5月上旬の言葉を使ってもOK


例えば、


立夏
八十八夜
端午の節句
鯉のぼり
ゴールデンウィーク


といった言葉は、5月上旬にあった行事なので、5月上旬をイメージさせる言葉ではあるものの、5月中旬の時候の挨拶に使っても問題はありません。


5月上旬をイメージさせる言葉に「~も過ぎ」「~も終わり」といった文章を繋げれば、5月中旬らしい時候の挨拶を作ることができます。


5月中旬の過ごしやすい季節にぴったりな時候の挨拶例文まとめ



手紙

では早速、5月中旬の過ごしやすい季節にぴったりな時候の挨拶例文を、ビジネス・プライベート向けの「漢語調」、プライベート向けの「口語調」に分けてご紹介します。


【漢語調】ビジネス&プライベート向けの時候の挨拶例文



新緑の候
薫風の候
青葉の候
若葉の候
緑樹の候
万緑の候
立夏の候
初夏の候
軽暑の候
微暑の候
惜春の候
暮春の候

※「候」を「折」「みぎり」「季節」などと置き換えてもOKです。



上記の他にも、


【風清らかな】若葉の候
青葉【目にしみる】候



といった感じで、「○○の候」や「の候」の前に言葉を足してもステキですよ。


【口語調】親しい人(プライベート)向けの時候の挨拶例文




万緑さわやかな季節
風清らかな初夏を迎え
風薫る季節となりました
薫風さわやかな季節を迎え
暦の上ではもう夏となりました
清々しい陽気が続いています
バラの美しい季節が訪れました
初夏の日差しに青葉輝く季節
新緑がまぶしい季節となりました
青葉若葉の美しい季節となりました
庭のつつじは今が真っ盛りです
五月晴れの過ごしやすい季節となりました
穏やかで過ごしやすい季節となりました
気持ちのいい五月晴れが続いております
木々の緑もひときわ色濃くなってまいりました
吹き渡る風が青葉の香りを運んで来る季節となりました
春から初夏へと季節がうつろいゆく今日この頃
暑くも寒くもない過ごしやすい季節となりました
八十八夜も過ぎ、夏の訪れを感じる頃となりました
朝夕の風が肌に心地よく、さわやかな季節です
街路樹の枝をわたる風に、木漏れ日がまぶしい季節となりました
行く春を惜しみながらも、心はすでに夏の到来を待ちわびております
暦の上でははや立夏となり、野山の緑が美しい季節となりました
気温がぐんぐん上がり、夏を先取りしたような暑さになりました
好天に恵まれた今年のゴールデンウィーク、ご家族おそろいで楽しまれたことと存じます



スポンサードリンク



5月中旬の時候の挨拶で使いやすいのはコレ!


5月中旬の時候の挨拶の例文をご紹介させていただきましたが、中でも特に使いやすいのは、次のような言葉と時候の挨拶です。


「緑」



【例文】

新緑の候
緑樹のみぎり
万緑さわやかな季節
深緑の色増す頃
新緑がまぶしい季節となりました


「葉」



【例文】

青葉の候
若葉の候
青葉若葉の季節
青葉目にしみる候
風清らかな若葉の候


「風薫る」



【例文】

風薫る五月
風薫る季節となりました
風薫る新緑の季節となりました


「夏」



【例文】

立夏の候
暦の上でははや立夏となり
初夏のみぎり
風清らかな初夏を迎え


「五月晴れ」



【例文】

五月晴れの好季節となりました
澄み渡る五月晴れのさわやかな日
青葉若葉のさわやかな風の吹く季節になりました



例文に頼っても大丈夫!



青空

ここまで、5月中旬の過ごしやすい季節にぴったりな言葉(季語)と時候の挨拶の例文をまとめてご紹介させていただきました。


時候の挨拶となると難しく考えてしまいがちかもしれませんが、外に出て実際に肌で感じたことを時候の挨拶としても良いですし、例文に頼っても良いと思います。


過ごしやすい季節である5月中旬ならではの素敵な時候の挨拶で、文章に季節感を与えてあげて下さいね。


スポンサードリンク