13回忌の法要に出席するとなった場合、「どんな服装で出席すれば良いのだろうか…」と悩んでしまうと思います。


それもそのはず、「これまでの法要よりもラフな格好でも良い」と言われることがあるからです。


とはいえ、「ラフって言っても、どこまでラフにしていいのかわからないよ…」というのが本音ですよね。


そこで今回は、「13回忌の服装はラフな格好でも大丈夫なのか?」ということと、13回忌の服装で押さえておくべきポイントについてお話ししたいと思います。


スポンサードリンク


13回忌とは?



数珠

13回忌とは、亡くなった日から丸12年経った日(亡くなった日を1と数えるため)に営まれる法要のことを言います。


「十二支が一巡する事をもとに勤める」と考えられたため、亡くなった日から丸12年経った日に13回忌の法要を行うとされています。


親族だけで執り行われる場合が多い



13回忌の法要は、遺族や親戚などの親族のみでささやかに営まれる場合が多いです。


お寺に出向くか、または僧侶を自宅に招いてお経を上げてもらいます。


それから、参列者による焼香を行った後、僧侶や参列者一同で会食をするというのが13回忌のスケジュールになります。


喪服でいう「ラフな格好」って何?


「ラフな格好」と言うと、デニム・パーカー・スエット・Tシャツといったものを想像する方も多いですよね。


でも、こういった意味でのラフな格好はNGになります。


喪服でいう「ラフな格好」というのは、喪服の中では一番格式の低い「略喪服」という服装になります。


喪服の種類


先ほど「喪服の中では一番格式の低い…」という話が出ましたが、実は喪服には「正喪服」「準喪服」、そして先ほど登場した「略喪服」の3種類があります。



【正喪服】
男性→モーニングコート・和装(カラーは黒)
女性→ブラックフォーマル(ワンピース・スーツ・アンサンブル)・和装

【準喪服】
男性→ブラックスーツ
女性→ブラックフォーマル(ワンピース・スーツ・アンサンブル)

【略喪服】
男性→ダークスーツ(黒・紺・グレー)
女性→シンプルなデザインのワンピース・スーツ・アンサンブル(黒・紺・グレーのダーク系カラー)



格式の高さは、高いほうから「正喪服」→「準喪服」→「略喪服」の順番になります。


亡くなった日から比較的日が浅い法要となると、正喪服や準喪服の着用が望ましいのですが、三回忌・七回忌・十三回忌と年忌法要を行っていくにしたがって、略喪服でも出席することができるようになります。


13回忌は略喪服


13回忌の服装に適しているのは、一番格式の低い「略喪服」です。


つまり「喪服の中で一番ラフな格好」が適しているので、そういった意味ではラフな格好でも大丈夫です。


男性は黒・紺・グレーのダークスーツ、女性は黒・紺・グレーのワンピース・スーツ・アンサンブルで出席しましょう。


子供の場合は制服か、制服がない場合は地味なデザインの普段着でも問題ありません。


スポンサードリンク



13回忌の服装で押さえておくべき3つのポイント



喪服姿の夫婦


13回忌の服装を決める場合、最低でも押さえておきたいポイントが3つあります。


そのポイントをご紹介します。


①地味な色の服装にする


いくら「多少ラフな格好でも良い」と言われていても、派手な色の服装で13回忌の法要に出席するのはマナー違反です。


先ほどお話ししたような、黒・紺・グレーといった地味な色の服装で出席するようにしましょう。

②派手で光るものは身につけない


意外と見落としてしまいがちなのが、服装に大きく関わる「小物類」です。


ゴールドのアクセサリーや時計など、派手で光るものは身につけないようにしましょう。


アクセサリーも地味な色のもので統一するのがマナーです。


ただ、結婚指輪や「オニキス」のアクセサリー、「涙の象徴」とも言われている「パール」のアクセサリーは身につけても大丈夫です。


③毛皮や革製品は身につけない


毛皮や革製品は生き物の殺生を連想させるアイテムであるため、法事の場ではNGになります。


例えば、毛皮のコートや手袋、爬虫類柄のベルトなどが、生き物の殺生を連想させるアイテムになります。


また、実際に毛皮や革が使われてなかったとしても、生き物の殺生を連想させる柄のアイテムもNGなので、コートやマフラーなどを身につける寒い時期は特に注意してください。


最低限のマナーは守って!



ここまで、「13回忌の服装はラフな格好でも大丈夫なのか?」ということ、そして13回忌の服装で押さえておくべきポイントについてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


13回忌ともなると、そこまで服装に関して硬い考え方をしなくても大丈夫ですが、最低限のマナーは守る必要があります。


覚えておいて損は無いですから、是非この機会に13回忌の服装について覚えておいていただければと思います。


スポンサードリンク