「七回忌の法要に出席することになった」という場合、やはり「失礼のない」、そして「大人として恥ずかしくない」、そんな服装を心掛けたいものです。


そのためには、消去法になりますが、絶対に避けるべきポイントを知っておく必要があると思います。


そこで今回は、七回忌の女性の服装について絶対に避けるべきポイントを3つ、七回忌関連の知識と併せてご紹介します。


スポンサードリンク



七回忌とは?



手桶と菊の花束

七回忌とは、亡くなってから丸6年経った命日に営まれる法要のことを言います。


七回忌の法要となると、遺族や親戚のみのささやかな法要になるのが一般的です。


七回忌のスケジュールとしては、僧侶に読経をあげてもらい、参列者による焼香をした後、出席者一同で会食となります。


七回忌以降となると、前述している通り規模が小さくなり、同時に参列者が少なくなってくるため、法要をお寺ではなく自宅で執り行うというケースも増えてきています。


女性の喪服の種類


一言に「喪服」といっても、喪服にも種類があることをご存知でしょうか?


喪服には、格式が高い順に「正喪服」「準喪服」「略喪服」の3種類があります。


①正喪服


正喪服とは、葬儀から一周忌(または三回忌)までの法要で、遺族が着用する喪服のことを言います。


女性は、黒のワンピース・スーツ・アンサンブル・和装(着物)のいずれかを着用します。


②準喪服


準喪服とは、お通夜・葬儀・告別式の場面で参列者が着用する喪服のことを言います。


三回忌以降の法要においては、遺族も準喪服を着用するようになります。


女性は、黒のワンピース・スーツ・アンサンブルのいずれかを着用します。


③略喪服


略喪服とは、急いで駆けつけた時や急なお通夜、または三回忌以降の法要で着用する喪服のことを言います。


女性は黒・紺・グレーといった暗めの色のワンピース・スーツ・アンサンブルを着用します。


七回忌は「準喪服」か「略喪服」


それぞれの喪服の種類と場面を踏まえると、七回忌の法要は「準喪服」か「略喪服」のいずれかを着用することになります。


遺族として出席する場合は準喪服、参列者として出席する場合は略喪服が良いでしょう。


スポンサードリンク



女性が着る服で絶対に避けるべきポイント3つ



喪服姿の夫婦
七回忌の法要の場面に限ったことではないのですが、法要の場面では、女性だからこそ気を付けてほしいことがあります。


それは「服」に関することです。


そこで、七回忌の法要の場面において、女性が着る服で絶対に避けるべきポイントを3つご紹介します。

①遺族より格式の高い服装


「喪服には格式がある」ということは前述している通りですが、格式が高い喪服を身につけるのは遺族になります。


つまり参列者は、遺族よりも格式の高い服装で参列するのはマナー違反だということです。


ですから、参列者の立場であれば「準喪服」か「略喪服」を着るようにしましょう。


また、逆のパターンですが、「参列者が準喪服なのに遺族が略喪服を着ている」といった、遺族の立場で参列者より格式が低い服装もNGなので避けましょう。


②露出の多い服装



このような法要の場面では、なるべく肌を出さないようにするのがマナーです。


ですから、例えば



胸元が開いた服
ひざ上丈のスカート
ストッキング未着用
つま先の出るパンプス
サンダルやミュール


といった、露出が多くなる服装はマナー違反なので避けましょう。


また、「ストッキングを穿いているから」といって、ひざ上丈のスカートを穿くのもNGなので気を付けてください。

③明るい色の服装


七回忌の法要では略喪服も着ることができるので、わざわざ黒い服装でなくても問題はありません。


ただ、「明るい色の服装でもいい」という話でもありません。


黒・紺・グレーといった、地味で暗めの服装で出席するようにして、明るい色の服装は絶対に避けてください。


小物や装飾品にも注意!


七回忌の法要においては、身につける装飾品や持って歩く小物類にも注意しなければなりません。


例えば、



光沢が強いアクセサリー(ゴールドのアクセサリーなど)
二連のネックレス(「不幸が重なる」と言われているため)
毛皮製品・革製品(「殺生」をイメージさせると言われているため)
エナメルのパンプスやカバン
柄が派手なもの



といったものはNGです。


また、濃いメイクや香水のつけ過ぎもNGなので、気を付けるようにしてください。



絶対に避けるべきポイントを把握しておくことが大事



七回忌の女性の服装について、絶対に避けるべきポイント3つと、七回忌関連の知識と併せてご紹介させていただきました。


絶対に避けるべきポイントを把握していれば、失礼のない服装で出席することができると思います。


是非参考になさってください。


スポンサードリンク