「法事に出席する機会が増える」というのも、ある意味で大人になったことを実感させられるですよね。


そんな三回忌、実際に出席することになったとしたら、どんな服装で出席すれば良いのでしょうか?


今回は、三回忌の法要に出席する親族が気をつけておくべき服装のポイントを3つご紹介します。


スポンサードリンク



三回忌とは?



数珠

三回忌とは「年忌法要」の1つで、亡くなった日から数えて丸二年経った日に行われる法要のことを言います。


亡くなった年を1年として数えているため、亡くなった日から丸二年で「三回忌」となるわけです。


三回忌の法要では、一周忌の法要と同じように亡くなった人の遺族・親せき・知人などが集まり、僧侶にお経をあげてもらいます。


そして参列者による焼香を行い、集まった人で会食を行います。


三回忌の喪服


三回忌の法要に出席することになった場合、親族はどのような服装で出席するのが望ましいのでしょうか?


男性・女性・子供にわけてご紹介します。


男性の服装



スーツ(準喪服の場合は黒・略喪服の場合はグレー・紺)
白のワイシャツ
黒のネクタイ
黒のベルト
黒の靴下
黒の靴


女性の服装



スーツ・ワンピース・アンサンブル(準喪服の場合は黒・略喪服の場合はグレー・紺)
黒のストッキング
黒のパンプス
黒のバック



子供の服装


制服がある場合は制服を着用します。


制服がない場合はシンプルな白のトップスに黒・グレー・紺のボトムス、女の子の場合は黒・グレー・紺のワンピースでも良いでしょう。


基本的に地味な普段着であれば問題ないようです。


スポンサードリンク



気をつけておくべき服装のポイント



喪服姿の夫婦

では、三回忌の法要に出席することになった場合、親族は服装のどのような点に気を付ければ良いのでしょうか?


親族が気をつけておくべき服装のポイントを3つご紹介します。


①肌の露出を少なくする


例えば、



胸元が大きく開いた服
丈が短いスカート
生足(黒ストッキングを穿いていない)


といった服装は、三回忌の法要に限らず法事には適していません。


なるべく肌の露出が少ない服装を心掛けるように気を付けてください。


なお、「黒ストッキングを穿いているから、丈が短いスカートでも大丈夫でしょ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、黒ストッキングを穿いていても丈の短いスカートはNGです。

②参列者より格式の低い服装をしない



一言に「喪服」と言っても、



正喪服
準喪服
略喪服



の3つに分けることができ、正喪服の格式が一番高く、略喪服の格式が一番低くなります。


親族の場合は三回忌の法要を営む側であるため、参列者よりも格式の低い服装で出席してはいけません。


例えば、「参列者が準喪服なのに親族が略喪服」という服装はNGになります。


三回忌ともなると、親族は正喪服でなくても良い場合が多いので「準喪服」が一番良いと思いますが、参列者がいない親族のみのささやかな法要の場合であれば「略喪服」も可能です。


③毛皮や革製品を身につけない


葬儀や法事の場では、「殺生」をイメージさせるものを身につけないように気を付けなければなりません。


暖かい時期であればそれほど心配はいらないと思いますが、寒い時期に法要が営まれる場合は「毛皮のコート」は身につけないようにしましょう。


身につけてはいけないNGな小物類



三回忌の法要では、服装だけではなく「身につける小物類」にも注意しなければなりません。


参考までに、三回忌の法要で身につけてはいけないNGな小物類を男性・女性に分けてあげてみました。

男性



ゴールドの時計・ベルト
蛇革・蛇柄のベルト
光沢のあるネクタイピン
派手な柄のネクタイ

など…


女性



派手な化粧・ネイル
派手・明るい色のヘアアクセサリー
派手・光沢のあるアクセサリー(ネックレス・ブレスレット)
派手・光沢のある時計
エナメルのカバン
毛皮のマフラー・手袋
香水の付けすぎ

など…


※アクセサリーで許されるものは「結婚指輪」「パールやオニキスのアクセサリー(二連ネックレスはNG)」です。

派手なものは身につけない!


三回忌の法要で身につけてはいけないNGな小物類を男性・女性に分けてあげてみましたが、見ての通り「派手なもの」はNGです。


ですから、自分自身で「これは派手だ」と思うものや、周りの人にあらかじめ聞いてみて、「それは派手じゃないの?」などと言われてしまうようなものは身につけないようにすることをおすすめします。


また、ポイントの項目でもご紹介した通り、「毛皮」「革製品」「蛇柄」といった「殺生」をイメージさせる小物類もNGなので、気を付けてください。


覚えておいて損は絶対にない!


ここまで、三回忌の法要に出席する親族が気をつけておくべき服装のポイントを3つ、関連する知識や情報と共にお話しさせていただきました。


三回忌の法要に出席する機会は必ずあると思いますから、服装のことは知っておいて損はありません。


むしろ、「マナー」として覚えておくのが「大人」です。


是非覚えておいて下さいね。


スポンサードリンク