春の深まりと同時に気温も上がり、少しずつ過ごしやすい気候へと変化する4月中旬。


新生活をスタートさせた方にとっては、新しい生活にちょっとだけ慣れてきた頃だと思います。


そんな4月中旬、誰かに改まったお手紙を書く機会や役員などという立場で文章を作る機会など、「季節の挨拶(時候の挨拶)」を必要とする文章を書かなければならない方も多くなるはずです。


そこで今回は、4月中旬の季節の挨拶に使える言葉と、季節の挨拶の例文をまとめてご紹介します。


桜


4月中旬を連想させる言葉




お花見


まず、4月中旬の季節の挨拶に使える言葉を挙げてみたいと思います。


4月中旬という時期を連想させる言葉には、次のようなものがあります。





お花見
若草

カリン
ヤマブキ
レンゲソウ
ライラック
ツツジ
スズラン
チューリップ
タケノコ
朧月夜(おぼろづきよ)


過ぎた出来事も「言葉」として使える


例えば、


入社式
入学式
新学期
始業式
新生活



といった言葉は、時期としては少し前の4月上旬の出来事ですよね。


ですが、こういった出来事を「過ぎたこと」として季節に挨拶に含めることでも、4月中旬らしい季節の挨拶を作ることができます。


4月中旬の季節の挨拶例文



手紙


ではここからは、4月中旬の季節の挨拶の例文をご紹介したいと思います。



【漢語調】ビジネス・プライベート向けの季節の挨拶例文



仲春の候/折/みぎり
春風の候/折/みぎり
陽春の候/折/みぎり
春日の候/折/みぎり
春暖の候/折/みぎり
麗春の候/折/みぎり
麗日の候/折/みぎり
春粧の候/折/みぎり
惜春の候/折/みぎり
清和の候/折/みぎり
温暖の候/折/みぎり
軽暖の候/折/みぎり
春爛漫の候/折/みぎり
春風駘蕩の候/折/みぎり
春暖快適の候/折/みぎり
春日華麗の候/折/みぎり
菜種梅雨の候/折/みぎり
桜花の候/折/みぎり
桜花爛漫の候/折/みぎり
桜端の候/折/みぎり
葉桜の候/折/みぎり
花曇りの候/折/みぎり



【口語調】プライベート向けの季節の挨拶例文



風光る若草の頃
心浮きたつ今日この頃
春光麗らかな今日この頃
うららかな好季節を迎え
朧月夜の美しい頃となりました
すっかり春らしい季節になりました
若草の緑がまぶしい季節となりました
若草が萌えだし、少しずつ春も深まってまいりました
ここかしこに花の香のたちこめる季節の到来です
春の気配もようやくととのってまいりました
うららかな陽気が続いております
心地よい春風の吹く季節となりました
菜種梅雨も明け、日増しに暖かくなってまいりました
春光を浴びた新緑の緑が鮮やかな季節となりました
春光をいっぱいに浴び、若葉が美しい季節となりました
春風に吹かれ、桜の木も若葉を揺する季節となりました
春風に誘われて、外出の機会も多くなりました



スポンサードリンク



【桜】という言葉の使い方に注意



桜の花アップ

春を象徴する花である「桜」という言葉は、4月中旬の季節の挨拶にもぴったりな言葉なのですが、4月中旬となると使い方に気を付けなければなりません。


というのも、4月中旬にはすでに散り始めている地域も増えてくるからです。


その一方で、まだ桜が咲いている地域もあるので、桜の状態に合わせて正しく使うようにしてください。


桜が咲き始めた・咲いている地域の場合



【漢語調】
桜花の候
桜花爛漫の候


【口語調】
桜の美しい季節となりました
桜花満開の好季節がやってまいりました
桜の花は今を盛りと咲き誇っております
桜の花が咲き始め、暖かい日差しが降り注ぐようになりました
お花見の季節になり、華やいだ花の姿に気持ちも明るくなってまいりました


桜が散り始めた・散ってしまった地域の場合



【漢語調】
桜端の候
葉桜の候


【口語調】
桜の花もはや散り始めてまいりましたが
花見の季節も終わり、新緑が鮮やかに芽吹いてまいりました
桜の季節が足早にすぎ、つつじのつぼみが膨らみ始めました
花の盛りもいつしか過ぎて、葉桜の季節を迎えました
花の盛りもはや過ぎつつあり、日一日と緑が濃くなってまいりました
桜の花も盛りを過ぎ、吹く風も暖かく感じられる季節となりました



季節を問わない季節の挨拶もある




ビジネス資料とボールペン


4月中旬らしい季節の挨拶はすでにご紹介している通りですが、次のような季節を問わない季節の挨拶も使うことができます。



時下
時節柄
季節柄
時候不順の折柄



皆さんもどこかで目にしたことがあるかと思うのですが、よくビジネス関係の文章の書き出しに使用されている季節の挨拶です。


ですから、どちらかというと向いているのはビジネス関係の文章になりますが、どうしても4月中旬らしい季節の挨拶を書くことができなかった場合も使えます。


自然に目を向けてみよう



桜の花を見る少女


4月中旬の季節の挨拶に使える言葉と、季節の挨拶の例文をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


4月中旬は、特にこれといって目立った行事や出来事はないのですが、自然に目を向けてみると、4月中旬らしい季節の挨拶を作ることができるはずです。


今回ご紹介させていただいた言葉や例文を参考にしながら、是非4月中旬らしい季節の挨拶を考えてみてくださいね。


スポンサードリンク