3月中旬というと、少しずつ春らしさも増してくる頃ですが、「旅立ちの春真っ只中」の季節でもあります。


そのため、「○○のみぎり」「○○の季節となってまいりましたが~」といった、「季節の挨拶」を必要とする文章を書くことになる方も少なくないと思います。


今回は、そんな季節の挨拶を必要とする文章を書くことになった場合に知っておきたい、3月中旬の言葉と季節の挨拶の例文をまとめてみました。

3月

日本の文化である「季節の挨拶」


桃の節句
季節の挨拶(時候の挨拶)とは、手紙やメールなどの文章の書き出し部分に「季節感」を添える挨拶文のことを言います。


一部地域を除いて「温帯」に属している日本には「四季(春夏秋冬)」があり、その季節感を大事にする習慣があるため、季節の挨拶は「日本の文化」でもあります。


3月中旬の季語まとめ


桜
まず、季節の挨拶の部分で「3月中旬らしさ」を出すためには、3月中旬をイメージさせる季語を入れることが鉄則です。


3月中旬をイメージさせる季語としては、次のようなものがあります。




椿

桜(「開花を待つ」という意味で)
つくし
若草
菜の花
たんぽぽ
水ぬるむ
春一番
ひばり
卒業
旅立ち
ホワイトデ-(3月14日)
彼岸の入り(3月17日・3月23日まで)

など…



スポンサードリンク


3月中旬の季節の挨拶例文まとめ~漢語調~


4月
3月中旬の季節の挨拶まとめ、まずは改まった文章に向いている「漢語調」の季節の挨拶の例文からご紹介します。


向春の候/折/みぎり
早春の候/折/みぎり
浅春の候/折/みぎり
初春の候/折/みぎり
春暖の候/折/みぎり
春陽の候/折/みぎり
春風の候/折/みぎり
春景の候/折/みぎり
春光の候/折/みぎり
桃花の候/折/みぎり
桜花の候/折/みぎり
若草萌ゆる候


3月中旬の季節の挨拶例文まとめ~口語調~


桜
続いては、親しみのある砕けた文章に向いている「口語調(喋り口調)」の季節の挨拶の例文をご紹介します。


木々の緑日ごとに色めく季節
桜の開花が待たれる頃となりました
つくしがようやく顔を出しました
花便りの聞かれる季節となりました
一雨ごとに春めいてまいりました
春一番が吹き、いよいよ本格的な春の到来です
庭の黒土に春の息吹を感じる今日この頃
野山にもさわやかな風が吹く頃となりました
やわらかな春風に心誘われる季節となりました
木々の緑が次第に濃くなっていく季節となりました
春色にわかに動きはじめ、心踊る季節となりました
庭の椿も満開となり、春到来が間近となってまいりました
ひばりのさえずりが聞かれる頃となりました
今年も桜前線の北上が話題にのぼる時節がやってまいりました
暑さ寒さも彼岸までと申すとおり、このところすっかり暖かくなりました
暑さ寒さも彼岸までと申しますが、ようやく春の気配を肌で感じられるようになりました
卒業式のシーズンの到来に、何かと忙しい毎日を過ごされていることと存じます
卒業の春を迎えられ、新しい希望に満ちた日々をお過ごしのことと思います
春寒も緩みはじめ、ようやく過ごしやすい気候となってまいりました

「季節の挨拶」で3月中旬らしい文章に


3月中旬の言葉と季節の挨拶の例文についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


季節の挨拶次第で文章に「3月中旬らしさ」がプラスされますし、季節の挨拶の部分を大事にすることは、日本の文化を大事にすることにも繋がると思います。


是非当記事の内容を、季節の挨拶を必要とする文章を書くことになった場合に役立てていただければと思います。


スポンサードリンク