「桃の節句」や「卒業式」など、あらゆる場面で「春の訪れ」を感じる瞬間が増えてくる時期である3月上旬。


節目の時期であることもあり、「季節の挨拶」を必要とする改まった文章やお手紙を書く機会が増える方も少なくないはずです。


そこで今回は、季節の挨拶に関して、3月上旬の季節の挨拶に使える季語(言葉)と季節の挨拶の例文をまとめてみました。
3月

3月上旬の季語


桜
3月上旬をイメージさせる季語には、3月上旬の行事に関係するものと、3月上旬の自然に関係するものとがあります。


行事に関係する季語



桃の節句(3月3日)
上巳の節句(桃の節句の別名)
ひなまつり(桃の節句の別名)
雛人形
お雛様
啓蟄(二十四節気の1つ・3月6日頃)
卒業式(高校・大学など)
旅立ち


自然に関係する季語





沈丁花
つくし
春雷
水ぬるむ(啓蟄を過ぎてからの季語)


3月上旬の季節の挨拶に使いやすい季語は?



3月上旬の季語の中でも、特に季節の挨拶に使いやすいのは「桃の節句」と「啓蟄」です。


桃の節句(3月3日)


桃の節句は、別名「上巳の節句」「ひなまつり」とも呼ばれている、女の子の健やかな成長と幸せを祈願する節句のことを言います。


「流し雛」という厄払いの行事と「ひいな遊び」という人形遊びが元になっています。


「3月3日(3月上旬)=桃の節句」というイメージが強いので、「桃の節句」という言葉が入るだけで3月上旬らしい季節の挨拶を作ることができます。


啓蟄(3月6日頃)


「啓蟄」は二十四節気のうちの1つで、「冬眠をしていた生き物が冬眠から目覚め、穴から出てくる頃」とされています。


啓蟄に限ったことではありませんが、その言葉を聞いただけでも季節を連想しやすいので、二十四節気というのは季節の挨拶に使いやすいです。


そのため、「啓蟄」という言葉が入るだけで3月上旬らしい季節の挨拶を作ることができます。


スポンサードリンク


3月上旬の季節の挨拶例文~漢語調~

桜

漢語調の季節の挨拶とは?


漢語調の季節の挨拶は、「改まった文章」に向いている季節の挨拶のことを言います。


ビジネス文書や目上の人に対するお手紙に向いていますが、親しい人に対するお手紙にも使えるので万能です。


3月上旬の季節の挨拶例文



弥生の候/折/みぎり
春寒の候/折/みぎり
啓蟄の候/折/みぎり
仲春の候/折/みぎり
早春の候/折/みぎり
初春の候/折/みぎり
浅春の候/折/みぎり
向春の候/折/みぎり
春雷の候/折/みぎり
解氷の候/折/みぎり
孟春の候/折/みぎり
萌芽の候/折/みぎり
春陽の候/折/みぎり
春風の候/折/みぎり
春景の候/折/みぎり
春光の候/折/みぎり
水ぬるむの候/季節


3月上旬の季節の挨拶例文まとめ~口語調~



口語調の季節の挨拶とは?


口語調の季節の挨拶は、「親しみのある文章」に向いている季節の挨拶のことを言います。


喋り口調の季節の挨拶になるため、改まった文章の季節の挨拶には向いていませんが、親しい人に対する季節の挨拶としては、柔らかい表現になるこちらの口語調の季節の挨拶のほうが向いています。


3月上旬の季節の挨拶例文



桃の節句も過ぎ
春色なごやかな季節
冬の名残のまだ去りやらぬ時候
寒さもだいぶゆるんでまいりました
桃の節句も過ぎ、いよいよ春です
余寒も薄れ、ようやく桃の節句の季節となりました
啓蟄を過ぎ、万物が躍動を始める季節を迎えております
春とはいえまだ浅く、風に冷たさが感じられる今日この頃
春まだ浅く、寒さの名残が感じられる日が続いております
旅立ちの春を迎え、日増しにあたたかさを感じています
遠い春雷が、春の訪れを告げているようです
日ごとに暖かくなり、すっかり春らしい陽気になりました
日差しのうららかさに春の到来の喜びを感じております
芳しい沈丁花の香りに、早くも春の到来を感じております



「春の訪れ」を感じる前向きな季節の挨拶を


3月上旬の季節の挨拶に使える季語(言葉)と季節の挨拶の例文をご紹介させていただきました。


地域によってはまだまだ寒さが残っている場合もありますが、3月に入ったわけですから、「春の訪れ」を感じる季節の挨拶を作ったほうが、受け取った相手としても前向きな気持ちになれるのではないかと思います。


是非参考になさってくださいね。

スポンサードリンク