女の子がいる家庭では、毎年3月3日の桃の節句にお祝いをしていると思うのですが、今年の桃の節句は「食べ物」に焦点をあててみませんか?


今回は、桃の節句の由来を知りながら、桃の節句の食べ物(行事食)をおいしく楽しく味わう3つのポイントをご紹介します。

桃の節句

桃の節句とは?

桃の節句
「桃の節句」とは、お雛様を飾ったりごちそうを食べたりして、女の子の健やかな成長と幸せを願う行事のことです。


元々は「女の子のための節句」ではなく、「上巳(じょうし・じょうみ)の節供」という、人形(雛)に汚れを移して川に流すことで汚れを祓う「流し雛」が行われていた日でした。


この流し雛という行事が由来になっているという説の他に、貴族の子供の間で流行っていた「ひいな遊び」という人形遊びが由来になっているという説もあります。


どうやって子供に説明する?


「桃の節句の由来を子供に説明してあげたい」となった場合、どう説明したら良いのか悩んでしまいますよね。


子供にも分かりやすく説明すると、桃の節句は



「悪いものを追い払うための行事」と「昔のお人形遊び」が一緒になったもの



と説明すればわかりやすいかと思います。


桃の節句の行事食

食事
節句の日に食べるものを「行事食」と言いますが、桃の節句の日に食べる行事食といえば、



ちらし寿司
菱餅
ひなあられ
はまぐりのお吸い物
白酒


の5つが有名ですよね。


実は、この行事食の1つ1つにはちゃんとした意味があります。


ちらし寿司


ちらし寿司を華やかに彩っている具材の中には、意味の込められた次のような具材があります。



【エビ】長寿・魔除け・出世祈願
【豆】健康でまめに働く
【ハス】先(将来)の見通しがきく
【レンコン】子孫繁栄・未来を見通す
【菜の花】春の雰囲気を演出


実はこのちらし寿司、元々は桃の節句の行事食ではなかったそうです。


「ひな祭りと言ったら【ちらし寿司】」というイメージが強いので、ちょっとびっくりですよね。

菱餅


ひし形をした三色のお餅である「菱餅」には、三色それぞれに意味があります。


【ピンク(赤いクチナシの実)】魔除け
【白(ひしの実)】清浄・純潔
【緑(よもぎ)】健康・長寿・新緑の生命力


この他にもピンクを「桃」、白を「雪」、緑を「大地」とする説もあります。


スポンサードリンク


はまぐりのお吸い物


はまぐりの貝殻は「対になっているもの以外とは合わない」という特徴があります。


このため、はまぐりのお吸い物は女の子の「貞操」の象徴であり、「良縁」を願う意味も込められています。


ひなあられ


ひなあられは菱餅の三色に黄色を足した、ピンク・緑・黄色・白の四色から成り立っています。


この四色が日本の四季を表しており、女の子の1年の幸せを願う意味が込められています。

白酒


元々は、桃の花びらを入れた「桃花酒」というお酒を飲む習慣がありましたが、現在は「白酒」に変わっています。


桃の花には悪いものを追い払う「魔除け」の意味があります。


ただ、子供はお酒が飲めませんから、白酒の代わりに甘酒を用意してあげましょう。


桃の節句の食べ物をおいしく楽しく味わうポイント3つ

口
桃の節句の行事食、せっかくですからおいしく楽しく味わいたいですよね。


桃の節句の食べ物をおいしく楽しく味わうポイントを3つご紹介します。


見た目を華やかにする


食べ物は見た目の華やかさが大切ですし、見た目が華やかなほうが、子供たちも喜んで食べてくれますよね。


見た目を華やかにした行事食を用意して、楽しみながら食べてもらえるように工夫してみましょう。

なるべく手作りで


最近は節句の行事料理を業者に頼むご家庭も多いのですが、お子さんとしてはやはりお母さんやおばあちゃんの手作り行事食のほうが喜んで食べてくれるはずです。


ですから、なるべく手作りで行事食を作ってあげてください。

一緒に作る


行事食を作る簡単な工程であれば、お子さんに手伝ってもらって一緒に作るのも良いと思います。


「お手伝いできた」という達成感が生まれるので、行事食をおいしく食べてくれるはずです。

桃の節句を特別な1日に



ここまで、桃の節句の由来とそれぞれの行事食の意味、そして行事食をおいしく楽しく味わうための3つのポイントをご紹介させていただきました。


簡単な形で桃の節句を済ませてきたご家庭も多いと思うのですが、次の桃の節句はぜひ、桃の節句の由来を教えてあげたり行事食を楽しんだりして特別な1日にしていただければと思います。


スポンサードリンク