2月中旬といえば、春の気配が近づいてきている様子が体感できるようになってくる時期ですよね。


2月中旬に改まったお手紙や文章を作成する場合は、そんな2月中旬ならではの季節感を「季節の挨拶」の部分で表現しなければなりません。


そこで今回は、2月中旬の季節感のある言葉と季節の挨拶の例文のまとめを、関連する知識と共にご紹介していきたいと思います。

2月

「季節の挨拶」とは?

冬
季節の挨拶(時候の挨拶)は、「○○の候」「○○となりましたが…」といった、文章の書き出しの部分に来る挨拶文のことです。


季節の挨拶の部分で、その季節をイメージさせる表現をすることで、文章に季節感を与えることができます。


※ビジネス関係の文章だと、「時下」という簡単な表現を使う場合もあります。


2月中旬の季節感のある言葉

手紙
「季節の挨拶」というからには、2月中旬ならではの季節感を感じることができる言葉を含めなければ、季節の挨拶とは言えませんよね。


参考までに、2月中旬に旬を迎える食べ物や開花や見頃の時期を迎える植物、イベントなどを挙げてみました。




雪割草
水仙
フクジュソウ
クロッカス
鶯(ウグイス)
カブ
フキ
牡蠣
バレンタインデー
花粉


よく使われるのは「梅」


先ほど挙げた季節を感じる言葉の中で、2月中旬の季節の挨拶でよく使われているのは「梅」という言葉です。



梅鶯の候
梅花のみぎり
梅香る今日この頃
梅のつぼみもほころびはじめ
梅の開花が待たれる


こちらは、梅という言葉を使った2月中旬の季節の挨拶の一部です。


梅は「2月を象徴する花」とされているため、使用頻度が高いのです。


梅の開花時期は種類や地域によって異なるので、住んでいる地域によって「梅のつぼみが膨らんできた」という時と「梅の花が咲いた」という時とで表現を別にすると良いでしょう。


スポンサードリンク


季節の挨拶の使い分け


季節の挨拶には、



【漢語調】ビジネス関係の文章に向いているもの
【口語調】プライベートの手紙の文章に向いているもの


の二通りがあります。


漢語調のほうがかしこまった表現、口語調のほうが親しみのある表現になります。


相手に合わせて適切な使い分け方をすると、より相手に合った季節の挨拶を作ることができます。


2月中旬の季節の挨拶の言葉例文

手紙

ビジネス向け(漢語調)



立春の候/折/みぎり(「雨水」の前日2月18日頃まで)
余寒の候/折/みぎり
残寒の候/折/みぎり
春寒の候/折/みぎり
春雪の候/折/みぎり
残雪の候/折/みぎり
軽暖の候/折/みぎり
早春の候/折/みぎり
向春の候/折/みぎり
春初の候/折/みぎり
春雷の候/折/みぎり
梅花の候/折/みぎり
梅鶯の候/折/みぎり
余寒厳しき折



「まだまだ寒い日が続いている」ということを表現したい場合は「寒」や「雪」、春の訪れを感じる前向きな表現にしたい場合は「春」や「梅」が入った季節の挨拶を選ぶと良いでしょう。

プライベート向け(口語調)



春寒に震える昨今ですが
春寒しだいに緩み
寒の戻りが激しい今日この頃ですが
鶯の初音が聞かれる頃となりました
少しずつ春めいてまいりました
春の訪れまで、まだいくらか日があるようです
雪解けの水もようやく緩み、春の兆しが見え始めました
節分を過ぎ、梅の開花が待たれる季節となりました
寒さの中にも少しずつ、早春の息吹が感じられる今日この頃
梅のつぼみもほころびはじめ、春の訪れの近いことが感じられる季節となりました
立春を過ぎたとはいえ、本格的な寒さはまだしばらく続くと思われる今日この頃



地域に合わせた季節の挨拶を


2月中旬の季節感のある言葉、季節の挨拶の例文をご紹介させていただきました。


2月中旬の中でも様々な表現がありますが、梅の開花時期の違いなど、地域によっても気候や行事などが変わってきます。


ですから、地域に合わせて適切な季節の挨拶を使うようにしてくださいね。

スポンサードリンク