地域によっては寒さのピークを迎えているところもある2月上旬。


案内状や挨拶状などの改まった文章、または「この寒さの中、あの人は元気にしているだろうか?」というお手紙を書く機会がある方も少なくないはずです。


こんな時、どのような季節の挨拶を使えば、素敵な文章にすることができるのでしょうか。


2月上旬の季節の挨拶の言葉とその例文のまとめ、そして関連する知識をご紹介します。

2月

2月上旬で特に使いやすい言葉はコレ!

冬
2月上旬の季節の挨拶(時候の挨拶)で特に使いやすい言葉、皆さんは何だかわかりますか?


そう、2月上旬の年中行事である「節分」と「立春」です。


「節分」とは?


節分とは、立春の前の日である2月3日に行われる、豆を撒くことで邪気を払う年中行事のことです。


立夏・立秋・立冬それぞれの前日も「節分」というのですが、旧暦では2月4日の立春が1年の始まりとされていたため、1年の最後の日である2月3日の節分が重視されるようになりました。


そのため、「節分」という言葉は誰もが2月3日を連想する言葉なので、2月上旬の季節の挨拶に使いやすい言葉と言えます。


「節分」という言葉の他にも、節分に関連する言葉である


・豆まき
・福豆
・恵方巻き


といった言葉もオススメです。


「立春」とは?


立春とは二十四節気の1つで、節分の翌日の2月4日頃から、次の二十四節気の「雨水」(2月19日頃)の前日までのことを言います。


暦の上ではこの日から春を迎えるとされており、旧暦では立春から1年がスタートしていました。


「立春」という言葉も、誰もが2月4日頃や2月上旬を連想する言葉であるため、2月上旬の季節の挨拶に使いやすい言葉なのです。


他にもこんな言葉が使える!


節分・立春という言葉の他にも、2月上旬の季節の挨拶に使える言葉はたくさんあります。


例えば、



雪まつり
初午(最初の午の日・2016年は2月6日)
針供養(2月8日)
受験シーズン

猫柳
クロッカス
フクジュソウ
ワカサギ
寒ブリ
バレンタインデー(「準備をしている」という意味で)


といった言葉が、2月上旬の季節の挨拶に使えます。


スポンサードリンク


2月上旬に使える季節の挨拶の例文まとめ

手紙
ここからは、2月上旬に使える季節の挨拶の例文をまとめてご紹介します。


ビジネス向け


こちらはビジネス向け、いわゆる「漢語調」と呼ばれている改まった表現の季節の挨拶です。


立春の候/折/みぎり
節分の候/折/みぎり
余寒の候/折/みぎり
春寒の候/折/みぎり
残寒の候/折/みぎり
厳寒の候/折/みぎり
寒明の候/折/みぎり
残冬の候/折/みぎり
晩冬の候/折/みぎり
梅花の候/折/みぎり
春寒厳しき折
残寒厳しき折
晩冬厳しき折
余寒厳しき折

【立春を過ぎてからの2月上旬】
早春の候/折/みぎり(3月5日頃の「啓蟄」まで使える)
春初の候/折/みぎり


プライベート向け


変わってこちらはプライベート向け、漢語調よりも親しみのある表現の季節の挨拶です。



春寒しだいに緩み
節分を過ぎ、梅の開花が待たれる頃となりました
立春とは名ばかりの厳しい寒さでございます
立春を迎えたというのにいまだに白いものがちらつく日々が続きます
暦の上では春立ちましたが、相変わらずの寒さ厳しい毎日が続いております
雪に閉じ込められる日が続き、春が待ち遠しい限りでございます
梅のつぼみがほころぶ今日この頃
早咲きの梅のつぼみがほころび始めました
街はすっかりバレンタイン一色
いよいよ受験シーズンの到来



季節感あふれる季節の挨拶を



2月上旬の季節の挨拶の言葉とその例文のまとめ、そして関連する知識をについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


せっかく文書やお手紙を書く機会があるわけですから、ぜひ季節感あふれる季節の挨拶を入れていただければと思います。


スポンサードリンク