4月下旬といえば、新生活をスタートさせた方も少しずつ新しい生活に慣れてくる頃ですよね。


そして、春のぽかぽか陽気が心地よい時期でもあります。


こんな時期である4月下旬、改まった文章やお手紙を書く場合、どのような時候の挨拶を使ったら良いのでしょうか?


4月下旬を連想させる言葉、そして4月下旬におすすめな時候の挨拶の例文をまとめてみました。


4月下旬の行事

4月
4月下旬の時候の挨拶を考える場合は、4月下旬の「行事」を思い浮かべてみると考えやすくなります。


ということで、まずは4月下旬の行事を挙げてみました。



穀雨(4月20日頃・二十四節気の1つ)
昭和の日(4月29日)
ゴールデンウィーク(早い人は4月下旬からスタート)



二十四節気の1つ「穀雨」は、時候の挨拶によく使われています。


ですから、この中で一番時候の挨拶に使いやすいのは「穀雨」という言葉ではないかと思います。


4月下旬を連想させる言葉まとめ

手紙
4月下旬を連想させる言葉には、どのようなものがあるのでしょうか。


一覧にしてまとめてみました。


穀雨
陽春
惜春
春風
春暖
春日
晩春
麗春
若草
麗日
葉桜
新緑
桜(地域による)
藤の花
菖蒲(あやめ)
牡丹(ぼたん)
つつじ
卯の花
さより
はまぐり
ゴールデンウィーク

など…


スポンサードリンク


4月下旬の時候の挨拶例文まとめ


4月下旬の時候の挨拶の例文を、ビジネスからプライベートまで使える「かしこまった表現」と、プライベートで使える「親しみのある表現」とで分けてご紹介します。


【かしこまった表現(漢語調)】



穀雨の候/みぎり/折
陽春の候/みぎり/折
惜春の候/みぎり/折
春風の候/みぎり/折
春暖の候/みぎり/折
春日の候/みぎり/折
晩春の候/みぎり/折
麗春の候/みぎり/折
若草の候/みぎり/折
麗日の候/みぎり/折
葉桜の候/みぎり/折
新緑の候/みぎり/折


【親しみのある表現(口語調)】



若草萌え立ち春深む頃
うららかな好季節を迎え
新緑が芽吹く季節となりました
はまぐりがおいしい季節となりました
風に揺れる藤の花に春の深まりを感じる頃
葉桜の季節となり、日中は汗ばむ日も増えてきました
5月も間近となりましたが、もう新しい生活には慣れましたか
卯月に相応しく、庭の卯の花がようやく白い花を咲かせました
桜の季節も早足で過ぎていき、葉桜の季節となりました
春も終わりに近づき、我が家の庭では菖蒲の花が咲き始めました
あんなに楽しませてくれていた桜もすっかり散ってしまいました
はや穀雨の季節を迎え、今日は静かな雨が降り注いでおります
暖かい南風が吹き始め、何とはなしに心弾む今日この頃です
ゴールデンウィークが間近に迫ってまいりましたが、何か予定は立てましたか



「桜」という言葉を使う場合


北海道・東北地方はちょうど4月下旬に桜の時期を迎えているため、まだまだ「桜花」「桜花爛漫」という言葉も使えますが、その他の地域では桜の時期が過ぎてしまっています。


その他の地域で「桜」という言葉を使う場合は、「桜の時期が過ぎた」というニュアンスの時候の挨拶にすると良いでしょう。


4月下旬らしい時候の挨拶を


4月下旬を連想させる言葉、4月下旬におすすめな時候の挨拶の例文をご紹介させていただきました。


桜の時期が終わり、少しずつ緑が増えてくる4月下旬、是非そんな4月下旬らしい時候の挨拶を考えてみてくださいね。

スポンサードリンク