時期としては、まさに「春真っ只中」と言っても過言ではない4月中旬。


この4月中旬の時期に、案内状・挨拶状・お礼状といった文章を書く場合に必要になるのが、重要な書き出し部分に来る「時候の挨拶」という礼儀文です。


今回は、4月中旬を連想させる言葉の数々と、4月中旬にぴったりな時候の挨拶の例文をまとめてみました。

4月中旬の時候の挨拶に使える言葉は?

4月

4月中旬の時候の挨拶を考える際に必要になるのが、「4月中旬を連想させる言葉」です。


4月中旬を連想させる言葉としては、次のような言葉があります。


春風
陽春
惜春
春粧
春陽
仲春
春嵐
春風
麗日
軽暖
春爛漫
若草
若葉
深緑
朧月夜
お花見

チューリップ
ヒヤシンス
シクラメン
タケノコ

など…


※4月中旬は桜の時期が過ぎた地域が増えてくる


4月中旬ともなると、北海道・東北地方を除くほとんどの地域では桜が散り始め、葉桜となっている地域も出てくる時期です。


そのため、「桜」という言葉を使いたいのであれば、地域に合わせた時候の挨拶を考える必要があります。



まだ桜が咲いている場合は「桜花」「桜花爛漫」
散り始めている場合は「桜端」「桜の花も散り始め~」
葉桜になっている場合「葉桜」



スポンサードリンク


4月中旬の時候の挨拶例文

手紙

漢語調の時候の挨拶


まずは、かしこまった表現の時候の挨拶であり、ビジネスからプライベートまで幅広く用いることができる「漢語調」の時候の挨拶の例文からご紹介します。


春風の候
陽春の候
惜春の候
春粧の候
春陽の候
仲春の候
春嵐の候
麗日の候
春暖の候
春爛漫の候

桜花の候
桜花爛漫の候
桜端の候
葉桜の候


※「候」は「折」「みぎり」としてもOK


口語調の時候の挨拶例文


次に、漢語調よりも柔らかく砕けた表現で、プライベートでのお手紙の時候の挨拶に向いている「口語調」の時候の挨拶の例文をご紹介します。


若草萌える季節
春も深くなってまいりました
春光麗らかな今日この頃
若葉の緑が目にも鮮やかなこの頃
桜の花も散りはじめるこの頃
タケノコがおいしい季節となりました
心地よい春風の季節となりました
春の日差しが心地よい季節となりました
葉桜の緑に、春の深まりを感じる今日この頃
我が家では庭のチューリップが花盛りを迎えております
花の盛りも過ぎ、吹く風もやわらかな季節となりました
春の夜の朧月夜に風情を感じる季節となりました
春風に吹かれ、桜の木も若葉を揺する季節となりました
桜の花も盛りを過ぎ、吹く風が暖かく感じられる季節となってまいりました
お花見の季節も終わり、新緑の緑が鮮やかな季節となってまいりました
木々もすっかり芽吹き、緑色が日一日と濃くなってまいりました
草木の緑が萌え出して、春の気配もようやく整ってまいりました



堅苦しく考えなくても大丈夫!


4月中旬を連想させる言葉の数々と、4月中旬にぴったりな時候の挨拶の例文をまとめてご紹介させていただきました。


「時候の挨拶」となると堅苦しく考えてしまいがちではありますが、4月中旬の自然を目で見て、そして肌で感じてみれば、何か思いつくものがあるはずです。


是非、当記事を参考にしながら、時候の挨拶を考えてみてくださいね。


スポンサードリンク