新生活がスタートする方も多い4月上旬。


それに伴って、文章を作成したりお手紙を書いたりする機会が増える方もいると思います。


そんな時に覚えておくと助かるのが「時候の挨拶」や、4月上旬を連想させる言葉の数々です。


今回は、4月上旬を連想させる言葉、そして4月上旬に使える時候の挨拶の例文をご紹介します。

4月

4月上旬の主な行事

4月
まずは、4月上旬の主な行事をおさらいしておきましょう。


4月上旬にはこのような行事があります。



エイプリルフール(1日)
入社式(1日)
花まつり(4月8日)
清明(二十四節気のひとつ・5日頃)
入学式(4月上旬)
新学期(4月上旬)



新生活がスタートするという方も多い時期なので、中旬・下旬と比べると明らかに行事が多いです。


ただ、行事が多いということは「時候の挨拶は作りやすい」ということなので、時候の挨拶を考えるのはあまり難しくないと思います。


4月上旬の時候の挨拶に使える言葉

手紙
では次に、4月上旬の時候の挨拶に使える言葉をまとめてみました。



清明
陽春
仲春
春風
春暖
春眠
麗日
桜花
桜花爛漫
桜端
春爛漫
菜種梅雨
春和景明
花冷え
花吹雪
清明
エイプリルフール
入社式
入学式
新学期
お花見
若草
椿
スミレ
モクレン
じんちょうげ

など…



スポンサードリンク



4月上旬に桜前線が到来しているのは…?


4月を象徴する花として「桜」がありますが、「桜前線がどこまで来ているのか」によって使い方も変えなければなりません。


4月上旬に桜前線が到来しているのはこちらの地域です。


・関東
・甲信
・東海
・北陸
・近畿
・中国
・四国
・九州(一部)


その年の気候によっても変わってくるので、あくまでも目安として覚えておくと良いと思います。


4月上旬の時候の挨拶例文

手紙
4月上旬の時候の挨拶の例文を、「ビジネス向け」「親しい人向け」に分けてご紹介します。


ビジネス向け



清明の候
陽春の候
仲春の候
春風の候
春暖の候
春眠の候
麗日の候
桜花の候
桜花爛漫の候
桜端の候
春爛漫の候
菜種梅雨の候
春和景明の候


※「候」は「みぎり」「折」と置き換えることも可能です。

親しい人向け



風光る若草の頃
うららかな好季節を迎え
春風が心地良いこの頃
花の宴たけなわの春となり
花冷えの時節でございます
花吹雪の舞う季節となりました
すっかり春らしい季節になりました
やわらかな春風に心華やぐ季節を迎え
春爛漫の美しい季節となりました
春風が頬に心地よい季節となりました
椿が落ちはじめ、春の暖かさを感じるようになりました
菜種梅雨も明け、日増しに暖かくなってまいりました
各地から桜の便りが聞かれる頃となりました
桜の花が咲き始め、暖かい日差しが縁側に降り注ぐようになりました
お花見シーズンを迎え、身も心も生き生きしてくるような気がいたします



明るく前向きな気持ちになれる時候の挨拶を



ここまで、4月上旬を連想させる言葉と時候の挨拶の例文をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


冒頭でもお話ししている通り、4月上旬は不安を抱えながらも新生活をスタートさせる方が多い時期です。


だからこそ、受け取った相手が明るく前向きな気持ちになれる、そんな時候の挨拶にすると喜ばれると思います。


是非参考になさってくださいね。


スポンサードリンク