ビジネス関係の文書は年間通して書く機会がありますが、3月上旬というと、受験や卒業などの関係でお手紙を書く機会が増えてくる時期でもあります。


そのような、改まった文書やお手紙を書く時には「時候の挨拶」が必要になります。


今回は、3月上旬の時候の挨拶に使える言葉、そしてその言葉を使った時候の挨拶の例文をまとめてみました。
3月

3月上旬の主な行事

3月
まずは、3月上旬にはどのような行事があるのか、おさらいしておきましょう。


桃の節句・雛祭り(3月3日)
啓蟄(3月6日頃)
受験
卒業式
確定申告


こういった行事に関連する言葉を含めると、3月上旬ならではの時候の挨拶を作ることができます。

まだ迎えていない行事もOK


例えば、3月14日の「ホワイトデー」は、3月上旬に迎える行事ではありませんが、3月上旬から準備を始める方も多いですよね。

また、周りに3月中旬以降に行われる受験や卒業式を控えている子供がいる場合についても、「準備をしている」「間近に控えている」という意味で時候の挨拶に含めると、相手が3月上旬を連想しやすくなります。

3月上旬を連想させる言葉まとめ


3月上旬を連想させる、3月上旬の時候の挨拶に使える言葉をまとめてみました。



弥生
春寒
向春
解氷
啓蟄
早春
初春
浅春
仲春
春陽
春陽
春風
春景
春光
萌芽
桃の節句
上巳の節句
雛人形
ひなあられ
桜餅
菱餅
甘酒

椿
すみれ
沈丁花(じんちょうげ)

など…


スポンサードリンク



3月上旬の時候の挨拶例文まとめ

手紙

漢語調の時候の挨拶例文


まずはこちら、漢語調の改まった表現の時候の挨拶の例文です。

漢語調の時候の挨拶は、ビジネス関係の文書や目上の人に対するお手紙に向いています。



春寒の候・みぎり・折
解氷の候・みぎり・折
春雪の候・みぎり・折
啓蟄の候・みぎり・折
早春の候・みぎり・折
初春の候・みぎり・折
仲春の候・みぎり・折
向春の候・みぎり・折
早春の候・みぎり・折
浅春の候・みぎり・折
萌芽の候・みぎり・折
春陽の候・みぎり・折
春風の候・みぎり・折
春景の候・みぎり・折
春光の候・みぎり・折
春寒の季節
山笑うの候
春寒ようやくゆるむ候
春寒料峭のみぎり
三寒四温と申しますが
早春の息吹身に染む今日此頃



口語調の時候の挨拶例文


続いては、漢語調よりも柔らかい表現の口語調の時候の挨拶の例文です。


こちらは、親しい間柄の方へ向けたお手紙に向いています。


旅立ちの春を迎え
弥生の空美しく晴れ渡り
まことにしのぎよい時節となりましたが
寒さもようやく衰えはじめました
桃の花が目に鮮やかな頃となりました
初春の日差し麗らかなころ
明るい日差しに春の気配を感じる今日この頃
やわらかな春風に心誘われる季節となりました
寒さも一段落し、ようやく桃の節句の季節となりました
桃の節句も過ぎて、いよいよ春ですね
ひと雨ごとに春の色が濃さを増すこの頃
春まだ浅く、風に冷たさが感じられる今日この頃
芳(かぐわ)しい沈丁花の香りに、早くも春の到来を感じております



1年中使える時候の挨拶もある

手紙
時候の挨拶には、季節を問わず1年中使えるものもあります。


こういった季節を問わない時候の挨拶は、ビジネス関係の文書作成に用いられることが多いのですが、個人向けのお手紙に使っても問題はありません。


ただ、次のように、「どちらかというとビジネス関係の文書に向いているもの」と「どちらかというと個人向けのお手紙などに向いているもの」とがあります。


【個人向け】
時下ますます(ご清祥・ご健勝)のこととお慶び申し上げます

【ビジネス向け・個人向け】
時下ますます(ご清栄・ご盛栄・ご隆昌・ご繁栄)のこととお慶び申し上げます


基本的にはどの時候の挨拶を使っても問題はありませんが、ビジネス向けと個人向けとで使い分けたほうが良いでしょう。


お世話になった方々へのお手紙に


3月上旬の時候の挨拶についてお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?


別れの季節ということもあり、お世話になった方々にお手紙を書く機会がある方もたくさんいるはずです。


素敵なお手紙が書けるよう、当記事を参考にしながら頑張ってみて下さいね。


スポンサードリンク