2月下旬となると、3月の別れの季節に向けて改まった文書やお手紙を書く機会が出てくる方も少なくないはず。


皆さんは、2月下旬に改まった文書やお手紙を書くとなった場合、どのように書いている自分が想像できますか?


書き出しの「時候の挨拶」の部分で、「どんな風に書き始めたら良いんだろう…」と、ペンが止まってしまいそうな気がしませんか?


そこで今回は、2月下旬の時候の挨拶に使える言葉と例文をまとめてみました。
2月

2月下旬を連想させる言葉まとめ

冬
まずは、2月下旬を連想させる言葉からご紹介します。


2月下旬を連想させる言葉としては、次のようなものがあります。



春寒
寒風
残寒
余寒
残雪
雨水
向春
早春
解氷
三寒四温

椿
ふき
ふきのとう
菜の花
金魚草
たらの芽
鶯(うぐいす)
わかざぎ

など…


目立った年中行事がないけれど…



2月下旬には、特別目立った年中行事がありません。


そのため、時候の挨拶に使える年中行事はあまりないのですが、


雨水
受験
入試
卒業
羽織袴
桃の節句
ひな祭り
雛人形
お雛様


といった、すでに終わってしまった行事やこれから行われる行事のことを時候の挨拶に含めると、2月下旬らしい時候の挨拶を作ることができます。


スポンサードリンク



2月下旬の時候の挨拶例文

手紙
ではここからは、2月下旬の時候の挨拶の例文を、「目上の人向け」と「親しい人向け」に分けてご紹介します。


目上の人(ビジネス含む)向けの時候の挨拶



【「寒さ」を強調したい場合】

春寒の候
寒風の候
残寒の候
余寒の候
残雪の候
余寒なお去りがたき折


【「春の訪れ」を強調したい場合】

雨水の候
向春の候
早春の候
解氷の候
迎梅の候
梅花の候
梅鶯の候
梅かおるの候
水ぬるむの候



「候」の部分は「みぎり」「折」に置き換えても同じ意味として使えます。


※「余寒なお去りがたき折」に関しては、「折」の部分を「候」に置き換えて使うことができます。


親しい人向けの時候の挨拶例文



三寒四温の季節
いくらか寒さもゆるみ
梅香る季節となりました
梅の便りが聞こえる季節となりました
鶯の澄んだ鳴き声が聞かれる季節となりました
長い冬もいよいよ終りに近づいてきました
日ごとに長くなる日脚が、春の訪れを告げているようです
春とは名ばかりで、まだまだ寒い日が続くものです
暦の上では雨水を迎え、春の気配が感じられるようになりました
桃の節句が近づき、我が家でもお雛様の飾り付けをいたしました
冷たい風の中にも、どことなく春らしさが漂う季節となりました
「三寒四温」という言葉の通りで、暖かくなったと思えば寒さがぶり返すような日が続いています



後ろに「が、」と付けて、そのまま安否の挨拶につなげても良いですし、「。」で区切ってから安否の挨拶につなげても良いです。


「が、」と付けた場合、「。」で区切った場合それぞれの例文は、以下の通りです。



【例①】
長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが、皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。

【例②】 
梅香る季節となりました。皆様お元気でお過ごしでしょうか。


2月下旬だけでも豊富な時候の挨拶


2月下旬の時候の挨拶についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


2月下旬という短い期間の中にも、2月下旬にぴったりな時候の挨拶がたくさんあること、お分かりいただけたのではないでしょうか。


是非参考になさって下さいね。


スポンサードリンク