ビジネスでもプライベートでも、改まった文書を作成する時に必要となるのが「時候の挨拶」です。


ところが、メールや通話アプリの影響もあって、この時候の挨拶がよくわからないという方も少なくありません。


そこで今回は、2月中旬の時候の挨拶にぴったりな言葉、そして例文をまとめてみました。

2月

2月中旬はどんな時期?

冬
2月中旬(2月11日~2月20日頃)は、2月上旬よりも寒さが緩み、また一歩春へと近づいてくる時期です。


地域によってはまだまだ寒さが厳しく、雪が降ることもありますが、少しずつ春の訪れを肌で感じることができるようになってきます。


2月中旬の主な行事


2月中旬の主な行事としては、


建国記念の日(2月11日)
バレンタインデー(2月14日)
雨水(2月19日ごろ)


といった行事が挙げられます。


時候の挨拶に使える言葉


2月中旬の時候の挨拶に使える、2月中旬を連想させる言葉としては、次のようなものがあります。


余寒
残寒
春寒
春雪
残雪
春雷
軽暖
向春
雨水
三寒四温
寒の戻り
寒気
雪解け

雪割草
水仙
カブ
牡蠣
花粉
バレンタインデー
チョコレート

など…


2月上旬の行事を振り返った言葉を使ってもOK



2月中旬の時候の挨拶に使われている言葉で目立つのは、2月3日の「節分」という言葉、そして翌日2月4日ごろの「立春」という言葉です。


節分も立春も、「この間過ぎた出来事」として2月中旬の時候の挨拶に取り入れることができます。


スポンサードリンク


相手によって時候の挨拶を使い分けよう

手紙
時候の挨拶は、大きく「漢語調」と「口語調」の2つに分けることができます。


簡単に言うと、漢語調は目上の人に対する手紙の文章やビジネス文書に向いていて、口語調は親しい間柄の人に対する手紙の文章に向いています。


漢語調の時候の挨拶は誰に対しても有効ですが、口語調は目上の人に対する手紙の文章やビジネス文書にはあまり向いていないので、使い分けに気を付けましょう。


時候の挨拶例文

手紙
ではここからは、2月中旬の時候の挨拶の例文をご紹介していきたいと思います。

【漢語調】ビジネス・改まった人向け



余寒の候
残寒の候
春寒の候
春雪の候
残雪の候
春雷の候
軽暖の候
向春の候
雨水の候
三寒四温の候
(※「候」は「みぎり」「折」と置き換えてもOK)

余寒厳しき折
余寒なお去りがたき折


【口語調】親しい人向け




寒気冴え返る季節
春寒に震える昨今ですが
いくらか寒さもゆるみ
暦の上に春は立ちながら
バレンタインの季節ですが
寒の戻りが激しいこの頃ですが
節分を過ぎ、梅の開花が待たれる頃となりました
雪解け川の水もぬるみ、春の兆しが見えはじめました
2月もなかばとなり、日脚が少しずつ伸びてまいりました
梅のつぼみもほころびはじめ、日ごと春の訪れが近いことを感じます
余寒の中にも、日差しの暖かみを感じられる季節になってまいりました
三寒四温とは申しますが寒の戻りを感じず暖かい日々を過ごしております
陽射しがめっきりと暖かくなり、春の気配を感じられるようになりました



自分なりの時候の挨拶を考えてみるのも良いかも!


2月中旬の時候の挨拶に使える言葉、そして時候の挨拶の例文をまとめてご紹介させていただきました。


例文をそのまま使ってもいいですし、自分なりの2月中旬の時候の挨拶を考えてみても楽しいはずです。


2月中旬に時候の挨拶を使った文書やお手紙を書く際は、当記事を参考にしていただけると幸いです。

スポンサードリンク