小学校・中学校・高校・大学・短大・専門学校…といった感じで、我が子に入学祝いを頂く機会がある方もいると思います。


特に小学校入学前のお子さんがいらっしゃるご家庭は、これからお子さんが社会人になるまでの間、入学祝いを頂く機会が幾度となくあるはずです。


そんな時に気になるのが、やはり「入学祝いを頂いた場合のお礼状の書き方」ですよね。


今回は、入学祝いを頂いた場合のお礼状の書き方について、初めて書く方へのポイントも踏まえて解説したいと思います。

お礼状

「文章の構成を把握する」のがポイント


入学祝いを初めて書く場合のポイントとしては、こういった改まった内容の文章の構成を把握することです。


小学校に入学したばかりの子供が自分で書くお礼状の場合は、文章の構成を気にする必要はありませんが、親が書く場合と、中学生以上の子供が書く場合には、文章の構成を気にする必要があるのです。

文章の構成


文章は、「前文」「主文」「末文」「後付」の4つから成り立っています。


もう少し具体的な構成をご紹介すると、次のようになります。



【前文】
・頭語(拝啓・謹啓・前略など)
・時候の挨拶(○○の候・○○のみぎりなど)
・安否の挨拶(相手の近況を尋ねる・こちらの近況を伝える)

【主文】
・入学祝いを頂いたことに対する感謝の言葉
・「本人が喜んでいる様子」「使い道」「家族の反応」などの様子を伝える文章
・本人の入学後の意気込み

【末文】
・結びの言葉(相手への気遣いを表す)
・結語(敬具など)

【後付】
・日付
・自分の名前
・相手方の名前


お礼状はいつまでに出せば良いのか?


入学祝いのお礼状は、4月いっぱいまでに出すようにしましょう。


とはいえ、4月下旬ともなるとやはり遅いので、遅くなってしまった場合は「お礼が遅くなってしまい、大変失礼いたしました。」などといったお詫びの言葉を添えましょう。


スポンサードリンク


入学祝いのお礼状の例文~親が書く場合~

お母さん

前文



拝啓 春暖の候、お元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
拝啓 寒さの中に春の気配を感じる頃となりましたが、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
拝啓 桜の花が咲き始め、暖かい日差しが降り注ぐようになりました。お変わりなくお過ごしでしょうか?


主文



【感謝の言葉】

この度は○○の入学にあたり、温かいお心遣い頂きまして、ありがとうございました。
このたびは、長女○○の小学校入学に際し、あたたかいお心遣いをいただきまして、誠にありがとうございました。



【様子を伝える文章】

お二人のお心遣いに○○も大喜びで、頂いたお祝いで○○を買わせていただきました。
いただいたお祝いの使い道はまだ決まっておりませんが、何かと買いそろえなくてはならないものが多いので、有意義に使わせていただきます。


末文



季節の変わり目ですので、お身体を大切になさってください。 敬具
花冷えの時節ですので、くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。 敬具
天候の変わりやすい花どきの季節です。風邪など引かれませんように。 敬具


入学祝いのお礼状の例文~本人が書く場合


小学校入学(ひらがな)



おじいちゃん・おばあちゃんへ

おいわいどうもありがとう。
とてもうれしかったよ。
しょうがっこうではおべんきょうをがんばります。


中学校・高校・大学・短大・専門学校入学



お祖父さん、お祖母さん、入学祝いをいただきましてありがとうございました。
いただいたお祝いで○○を購入させていただきました。
大切に使わせてもらいます。
本当にありがとうございました。
入学してからは、勉強だけではなく部活動にも力を入れて頑張りたいと思っています。
夏休みにはお祖父さん、お祖母さんに会いに行きたいと思っています。
季節の変わり目ですので、お二人ともどうぞご自愛ください。



自分たちなりのアレンジを加えたお礼状を書こう


入学祝いを頂いた場合のお礼状の書き方についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


入学祝いを下さる方のほとんどが身内の親しい方である以上、入学祝いのお礼状は堅苦しいものではありません。


「入学祝いを贈って良かったなぁ」と思ってもらうことができるように、例文に自分たちなりのアレンジを加えたお礼状を書いてみてくださいね。


スポンサードリンク