皆さんは「香典袋のマナー」について、どれくらい把握していますか?


お金の入れ方や渡し方といった、ちょっとしたことにも細かいマナーがあるものです。


今回は、いざという時に備えて知っておきたい香典袋のお金の入れ方や渡し方、香典袋に中袋がない場合はどうするべきなのか、解説したいと思います。
香典袋

「香典」とは?


香典とは、お通夜や告別式などの葬儀に参列する際に持参する現金のことを言います。


そして、その現金を入れる袋を「香典袋(または「不祝儀袋」)」と呼びます。


相手方の宗教を把握する必要がある


香典は、相手方の宗教によって袋のデザインや表書きが変わってきます。

袋のデザインの違い



【仏式の場合】ハスの絵が描かれている袋・無地の袋
【神式の場合】無地の袋
【キリスト教式の場合】ユリの花や十字架が描かれている袋・無地の袋

※無地の香典袋はどの宗教でも可


表書きの違い



【仏式の場合】「御霊前」「御香料」「御香典」
【神式の場合】「御玉串料」「御神前」「御榊料」「御霊前」
【キリスト教式の場合】「御霊前」「御花料」「御霊前」

※「御霊前」はどの宗教でも可



お金の入れ方は?

香典袋
香典袋にお金を入れる場合、次のようなマナーを守って入れる必要があります。

新札を入れてはいけない


不幸があったわけですから、ピシッとした新札を香典袋に入れて渡すことは不適切とされています。


ですから、新札は入れないようにしましょう。


もし、新札しか手元にないのであれば、折り目を付けてから香典袋に入れるのが望ましいです。


香典袋の表にお札の裏が来るように入れる


お札を入れる場合は、香典袋の表にお札の裏(肖像画がない側)が来るようにした上で、肖像画がある側が香典袋の下に来るように入れます。


この入れ方には「悲しみを流す」という意味合いがあり、簡単に言えば、お祝い事でお金を包む場合とは逆の入れ方をするのがマナーです。


お札を複数枚入れる場合は、全てのお札の向きをそろえましょう。


スポンサードリンク


「中袋」がない場合はどうする?

香典袋
香典袋の中には、「中袋」と「外包み」に分かれているものがあり、そういったものはお札を中袋に包んでから、さらに外包みで包んで持参する仕組みになっています。


ただ、中には中袋がない「外包みのみの香典袋」もあります。


中袋がない香典袋の場合は、中袋の代わりに半紙を使ってお札を包むことができますが、わざわざ半紙に包まなくても大丈夫です。


つまり、中袋がない香典袋の場合は、中袋なしでお札を入れてしまっても問題はありません。


香典の渡し方


香典袋は、会場までは「袱紗(ふくさ)」という布に包んで持って行きます。


会場に着いたら、次のような順番で香典を渡しましょう。



①受付で「このたびはご愁傷様でございます」というお悔やみの言葉を述べます。
(黙礼だけで済ませても問題はない)
②芳名帳(会葬者名簿)に記帳を済ませます。
(代理で参列している方の分の記帳は不要)
③ここで袱紗から香典袋を取り出します。
④香典袋を両手で持ち、受付係の方のほうに向けて「どうぞ御霊前にお供え下さい」と一言添えて差し出します。
⑤一礼して受付の前から離れます。


このような場合も…


基本的には、先ほどご紹介したような流れで香典を渡すことができるのですが、次のように「そうではない場合」もあります。

受付がない!


遺族に直接手渡しで香典を渡します。

参列することができない…


お悔やみとお詫びの言葉を添えて、香典を郵送します。

「辞退する」と言われた!


受付で記帳のみを済ませるか、「香典を渡したい」という旨を遺族に伝えましょう。


いざという時のために…


香典袋のお金の入れ方や渡し方、香典袋に中袋がない場合はどうするべきなのか、ということについて解説させていただきました。


ないのが一番ではありますが、どうしても葬儀に参列する機会は誰にでもあると思うので、参考にしていただければと思います。


スポンサードリンク