人間誰しも病気やケガをするもので、病気ともケガとも無縁の人なんて存在しません。


時には、病気やケガで療養が必要になることもあると思います。


病気やケガで療養した場合に気になるのが、全快した後の「快気祝い」のことではないでしょうか。


今回は、快気祝いを渡す場合に気になる、「渡す時期」「贈り物やお返しの相場」「メッセージの例文」についてご紹介します。

快気祝い

そもそも「快気祝い」って何?


快気祝いとは、病気やケガが治った時に、療養中お見舞いに来てくださった方々やお世話になった方々に対して「治りました」という報告と、「ありがとうございました」というお礼や感謝の気持ちを込めて贈る品物のことを言います。


同時に、「病気やケガが治った」というのはおめでたいことであるため、この「おめでたいこと」をお世話になった方々におすそ分けするという意味合いもあります。


快気祝いという呼び方の他にも、「お見舞い返し」「快気内祝い」という呼び方をする場合もあります。


快気祝いを贈る時期はいつ頃?

プレゼント
「なるべく早く渡してしまいたい…」と思うのが快気祝いだと思うのですが、「病気やケガが治ったから」といって、すぐに快気祝いを渡すのはちょっと早いです。


というのも、病気やケガが治ったとはいえ、直後ではまだ本調子ではないからです。


快気祝いで大事なのは、「品物」よりも「本人の元気になった姿を見せること」なので、急ぐ必要はありません。


目安としては、退院してから10日後ぐらいが良いでしょう。


10日後くらいの時期が無理であれば、遅くても退院してから1か月以内には贈るようにしましょう。


スポンサードリンク



贈り物やお返しの相場はいくらくらい?

報酬
快気祝いの贈り物やお返しをするとなった場合、「いくらくらいの品物を用意すれば良いのだろうか」と悩んでしまいますよね。


贈り物やお返しの相場としては、頂いたお見舞いの金額の3分の1~2分の1程度の金額が相場になります。


一律で贈る場合も


頂いたお見舞いの金額が人それぞれで違う場合、3分の1~2分の1程度となると1人1人別の品物を用意しなければならなくなるので、大変ですよね。


このような場合は、品物を一律で用意して渡す形を取っても問題ありません。


快気祝いの例文


快気祝いの品物を贈る場合、品物と一緒にメッセージを添えるのがオススメです。


ということで、品物に添えるメッセージの例文をご紹介します。


目上の人向け



先日はお忙しい中をわざわざお見舞いにいらしていただき、
ありがとうございました。
おかげさまでこのたび無事に退院いたしました。

同封のものは、心ばかりではございますがお礼のしるしでございます。
入院中は何かとお心配りを頂き、本当にありがとうございました。
お心遣いに心から感謝を申し上げますとともに、快気のご報告とさせて頂きます。


親しい人向け



お見舞いどうもありがとうございました。
ご心配をおかけしましたが、
おかげで元気になりました。

全快の報告をかねて、
ささやかですが心ばかりのお礼です。
これからもよろしくお願いします!



難しく考えなくても大丈夫!


ここまで、快気祝いに関して、「渡す時期」「贈り物やお返しの相場」「手紙の例文」についてお話しさせていただきました。


「快気祝いを贈る」ということは頻繁にあることでもないですから、いざという時に戸惑ってしまい、難しく考えてしまうこともあると思います。


ただ、難しく考える必要は一切ないので、快気祝いを贈る必要が出てきた時はぜひ、こちらの記事を参考にしていただければと思います。


スポンサードリンク