たくさんある時候の挨拶の中に、「余寒の候(よかんのこう)」という時候の挨拶があります。


この言葉、「寒い時期に使う」ということは何となくお分かりいただけるかと思うのですが、いつ頃使う時候の挨拶なのか、ご存知ですか?


今回は、余寒の候という時候の挨拶を使う時期、そして余寒の候を使った場合の結びの言葉の例文もご紹介します。

寒

「余寒の候」の意味


「余寒の候」という言葉を聞いて、「冬の終わりに使う時候の挨拶かな?」と思った方、正解です。


言葉の通り、余寒の候は「寒さが余っている」という状態を指しています。


「候」は「折」「みぎり」に置き換えてもOK



ちなみに「候」という部分は、「折」や「みぎり」という言葉に変えても大丈夫です。


余寒の候と同じ意味の時候の挨拶として使うことができます。


余寒の候を使うことができるのはいつ?

寒
余寒の候という時候の挨拶を使うことができるのは、時期でいうと、大体2月4日の立春を迎える頃から2月いっぱいまでです。


この時期はちょうど、「暦の上では春を迎えているけれど、まだ寒さが残っている」という気候なので、余寒という言葉に合っています。


ただ、地域によっては3月上旬まで寒さが残っているところもあるので、3月上旬に使う場合は地域で判断すると良いでしょう。


同じ時期に使える時候の挨拶


「2月4日の立春から2月いっぱいまで」という時期に使うことができる時候の挨拶は、余寒の候だけではありません。



残寒の候
雪解の候
残雪の候
晩冬の候
春寒の候
向春の候


などといった時候の挨拶も使うことができます。


「まだ寒い日が続いている」という様子を強調したいのであれば、「寒」「雪」「冬」といった言葉が入っている時候の挨拶を使いましょう。


逆に、「春に向かっていく」という様子を強調したいのであれば、「春」という言葉が入った時候の挨拶にしても良いでしょう。

スポンサードリンク


余寒の候の後ろには「安否の挨拶」がくる


余寒の候を含めた時候の挨拶の後ろには、



いかがお過ごしですか
お元気でいらっしゃいますか
皆さんお変わりございませんか



といった、「安否の挨拶」という挨拶を付け加えます。


余寒の候を使うような寒い時期の場合は、安否の挨拶で「寒さで体調を崩していないか」という相手への気遣いを表します。


「余寒の候」を使った場合の結びの言葉

寒
文章の冒頭に余寒の候を使った場合、どのような言葉で文章を締めくくれば良いのでしょうか?


例文をご紹介します。



寒気冴え返る時節ゆえ、何卒ご自愛下さい。
余寒なお去り難き折、風邪など召されませぬようご自愛ください。
幸多き春の門出となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
三寒四温の時節柄、どうかご自愛専一にてますますのご活躍をお祈り申し上げます。
底冷えのする日が続いていますので、風邪などひかれませんようにご自愛ください。


※親しい人向け
余寒厳しき折から、お身体を大切になさってください。
春の訪れを待ちわびながら、お互い元気に過ごしましょう。
まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください。
季節の変わり目でございます。体調を崩されませんように。
長い冬もいよいよ終わりに近づいています。健康には十分ご留意ください。



立春から2月いっぱいは使える「余寒の候」


余寒の候という時候の挨拶を使う時期、そして余寒の候を使った場合の結びの言葉の例文をご紹介させていただきました。


地域にもよりますが、立春から2月いっぱいまでは使うことができる時候の挨拶なので、改まった文章やお手紙を書く機会があれば、「余寒の候」を使ってみてください。


スポンサードリンク