初詣で神社やお寺を参拝した時に、「破魔矢(はまや)」を頂いてくる方も多いと思います。


この破魔矢、頂いて自宅に持ち帰った後は飾るわけですが、皆さんは正しい飾り方をご存知でしょうか?


また、破魔矢の処分方法も把握しているでしょうか?


今回は、破魔矢の正しい飾り方と処分方法をご紹介します。
破魔矢

破魔矢とは?


破魔矢とは、お正月の縁起物として神社やお寺から授与される矢のことを言います。


その昔、お正月に行われていた「射礼(じゃらい)」という行事に使用されていた弓矢に由来すると言われています。


破魔矢はその名前の通り「魔を破る矢」であるため、邪悪なものを追い払ってくれます。


そして、邪悪なものを追い払ってくれると同時に、「今年一年の幸福を射止める」という意味もあります。


破魔矢の正しい飾り方・置き方

破魔矢
神社やお寺から頂いた破魔矢の正しい飾り方・置き方に関しては、「神棚」か「床の間」のある家庭とない家庭で異なってきます。


神棚・床の間がある家庭


神棚や床の間があるご家庭であれば、神棚か床の間のいずれかに飾るのが正しい飾り方になります。


基本的に、矢の向きはどこを向いていても問題はありませんが、低い位置に置いてしまうと神様を見下ろす形になってしまうため、高い位置に置くのが理想です。


出来れば、大人の身長よりも上の高さの場所に飾るようにしましょう。


神棚・床の間がない家庭


神棚や床の間がない家庭の場合は、「玄関」に飾るのが良いとされています。


玄関に飾ることで、外から入ってくる邪悪なものを追い払ってくれるとされているからです。


玄関に飾る場合は、先ほどの神棚・床の間に飾る場合と同様に、大人の身長よりも上の高さの場所に飾りましょう。


ちなみに、神棚や床の間がある家庭であっても、玄関に破魔矢を飾っても問題はないそうです。


スポンサードリンク


方角に注意すべきと言われているが…

破魔矢
破魔矢の飾り方については、「矢の向きの方角に注意すべき」という意見もありますよね。


先ほどもお話しした通り、基本的に矢の向きはどこを向いていても問題はないのですが、方角を気にするのであれば、「鬼門」と呼ばれている「北東」の方角に矢が向くように飾るか、「凶の方角」に矢が向くように飾りましょう。


鬼門は変わることはありませんが、凶の方角は毎年変わるので、毎年チェックが必要です。


2016年の凶の方角は?


間近に迫った2016年の気になる凶の方角は「寅の方角」です。


寅の方角は「東北東微北(60度)」になるので、東北東よりもやや北の方角に矢が向くように飾ると良いでしょう。


破魔矢の処分方法


お正月に神社やお寺から授与された破魔矢は、1年間飾った後に神社やお寺に「お返しする」という形で処分します。


「1年間邪悪なものから守っていただいた」という感謝の気持ちを込めて、神社やお寺に持って行きましょう。


神社やお寺には「古神札奉納所」という場所が設けられているので、そこに持って行き、お賽銭をあげます。


神社やお寺にお返しした破魔矢は、1月15日の小正月の日に行われる行事「どんど焼き」にて処分されます。


正しく飾って正しく処分しよう


破魔矢の正しい飾り方と処分方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


「今まで知らなかった!」ということもあったのではないでしょうか。


私たちを邪悪なものから守り、幸運を授けてくれる縁起物である破魔矢、正しく飾って正しく処分するようにしましょう。


スポンサードリンク