子供のうちはどうしても、出席停止になるような感染症にかかることも多いですよね。


「溶連菌(ようれんきん)感染症」もその1つです。


今回はこの溶連菌感染症について、「自然治癒するのかどうか」、そして感染力を考えて出席停止になった時の自宅での対応のポイントをご紹介します。

熱

「溶連菌感染症」とは?


溶連菌感染症とは、「A群溶血性連鎖球菌(A群β溶血性連鎖球菌)」という細菌が喉に感染することによって発症する感染症のことです。


別名「溶血性レンサ球菌咽頭炎」とも呼ばれています。


溶連菌感染症を発症すると、



◎38~39℃の発熱
◎喉の痛み
・舌が真っ赤になる
・舌に斑点ができる(イチゴ舌)
・発疹
・頭痛
・吐き気
・腹痛
・筋肉痛
・リンパの腫れ

※「◎」が代表的な症状



などといった症状が現れます。


「高熱と喉の痛みがあるにも関わらず咳や鼻水が出ない」という場合は、溶連菌感染症を疑ったほうが良いでしょう。


感染経路は?

喉
溶連菌感染症の主な感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」です。


主に5~15歳の子供が感染しやすく、幼稚園・保育園・小学校で感染が広がりやすいことが分かっています。


もちろん家庭内でも感染が広がりやすく、兄弟間では50%の確率でうつると言われています。


溶連菌感染症は自然治癒する?



溶連菌感染症は自然治癒することもある感染症と言われています。


ただ、溶連菌を完全に退治してしまわないと「急性腎炎」「リウマチ熱」「血管性紫斑病」といった合併症に繋がる恐れがあるので、自然治癒力にのみ頼るのはリスクがあります。


合併症を予防するためにも、処方された抗生物質を最低でも10日間飲み続ける必要があります。

スポンサードリンク


溶連菌感染症の出席停止は2日間

医者
溶連菌感染症は、抗生物質を飲み始めてから24時間が経過すれば感染力がなくなり、周りに感染を広げる可能性がほとんどなくなります。


そのため、医療機関を受診した日と翌日、つまり2日間は出席停止の扱いになります。


ただ、医師の許可がなければ登園・登校することはできないので、医師の判断に従う必要があります。


出席停止になった時の対応ポイント


溶連菌感染症で出席停止になった場合、自宅ではどう対応すればよいのでしょうか?

①のどごしが良いものを食べさせる


溶連菌感染症は喉の痛みが強く現れる感染症なので、食べ物が飲み込みづらい場合があります。


お粥・うどん・ゼリーなど、のどごしの良いものを食べさせるようにすると良いでしょう。

②抗生物質は必ず服用させる


先ほどもお話しした通り、溶連菌を退治するためには、処方された抗生物質を最低でも10日間飲み続ける必要があります。


薬を嫌がるかもしれませんが、医師の指示をきっちりと守って抗生物質を必ず服用させるようにしましょう。

③お風呂は控える


入浴は体力を消耗するので、症状が強く現れている間はお風呂を控え、安静にしているようにしましょう。


特に発疹が出ている間は、かゆみの増強を予防するためにもお風呂は控えたほうが無難です。


症状が落ち着いてきたらお風呂に入ってもOKです。


冬は溶連菌感染症に要注意!


ここまで、溶連菌感染症が自然治癒するのかどうか、そして感染力を考えて出席停止になった時の自宅での対応のポイントをご紹介させていただきました。


他の感染症もそうですが、今の時期は溶連菌感染症が流行しやすい時期です。


お子さんが感染してしまった場合のことも考えて、溶連菌感染症のことを把握しておくようにしてください。


スポンサードリンク