寒い時期になると様々な病気が流行しますが、特に気がかりなのは「胃腸風邪」ですよね。


今回は、胃腸風邪の潜伏期間や、熱をはじめとする胃腸風邪の症状が移る対策として、子供でもできるおすすめの対策方法やポイントをご紹介します。

医者

そもそも「胃腸風邪」とは?


「胃腸風邪」というのは、「嘔吐下痢症」「お腹の風邪」などと呼ばれている感染症のことです。


正式名称は「感染性胃腸炎」で、原因となるウイルスや細菌が体内に摂り込まれることによって発症します。


胃腸風邪は2つに分けられる

ピロリ
胃腸風邪は、ウイルスに感染することによって起こる「ウイルス性」と、細菌に感染することによって起こる「細菌性」の2つに分けることができます。


原因となる主なウイルスや細菌は、次の通りです。



【ウイルス性】

ノロウイルス
ロタウイルス
アデノウイルス




【細菌性】

サルモネラ菌
腸炎ビブリオ
カンピロバクター
ウェルシュ菌
腸管出血性大腸菌O157



どちらかというとウイルス性は感染力が強く、あっという間に周りに感染を広げてしまう恐れがあります。


胃腸風邪の症状


胃腸風邪の代表的な症状としては、



・腹痛
・胃のムカつき
・嘔吐
・吐き気
・下痢
・発熱
・寒気



といった症状が挙げられます。


症状の現れ方は人それぞれで違ってきますが、大人であっても嘔吐と下痢が酷くてトイレから離れられなくなる方も少なくありません。


スポンサードリンク



胃腸風邪の潜伏期間は?


胃腸風邪は、原因となるウイルスや細菌が体内に摂り込まれてからどれくらいで発症するのでしょうか?


先ほど挙げたウイルスと細菌の潜伏期間は次の通りです。



【ウイルス性】

ノロウイルス(1~2日)
ロタウイルス(1~3日)
アデノウイルス(2~7日)


【細菌性】

サルモネラ菌(半日~3日)
腸炎ビブリオ(10時間~1日)
カンピロバクター(2~3日、長い場合で7日)
ウェルシュ菌(6時間~18時間)
腸管出血性大腸菌O157(3~5日)



子供自身ができる胃腸風邪対策とポイント

医者
胃腸風邪に感染・発症すると、胃腸症状はもちろん熱の症状が出る場合も少なくありません。


そのため、「可愛い我が子を胃腸風邪から守りたい」と思うのは当然のことだと思うのですが、子供自身ができる胃腸風邪の対策は限られてくるのが現状ではないでしょうか。


では、胃腸風邪がうつらないようにするために、子供自身にどんな対策をさせたら良いのでしょうか。


①手洗いを徹底させる


手洗いをしっかりしておけばウイルスや細菌を洗い流すことができ、手から口、口から体内へとウイルスや細菌が摂り込まれるのを予防することができます。


外から帰ってきた時はもちろんのこと、食事の前やトイレの後は必ず手洗いをさせるように教えてあげてください。

②なるべく人混みに行かない


ウイルスを含んだ嘔吐物が乾燥して舞い上がり、空気感染によって胃腸風邪が広がるというケースもあります。


そのため、人混みに行ったことで胃腸風邪をもらってくる可能性もあるので、人混みに連れていかないようにしたり、人混みに行かないように話したりしましょう。

③腸内環境を整える


胃腸風邪そのものを防ぐことはできませんが、ヨーグルトや乳酸菌飲料などを与えることで腸内環境が整い、胃腸風邪にかかったとしても回復を早くすることができます。


ですから、普段からヨーグルトや乳酸菌飲料を与えてあげるようにしてみてください。


胃腸風邪は予防が大事!


ここまで、胃腸風邪の潜伏期間や、熱をはじめとする胃腸風邪の症状がうつる場合の対策についてお話しさせていただきました。


小さな体で胃腸風邪の症状に耐えている姿を見るのは、親としてとても辛いと思いますし、感染力の強さも非常に気がかりだと思います。


ただ、予防を徹底しておけば感染する可能性を下げることができるので、親子で感染予防に努めましょう。


スポンサードリンク