クリスマスにバレンタインデーにと、「冬になるとお菓子作りをする機会が増える」という方も少なくないと思います。


中には「ガナッシュチョコレート」を作り、プレゼントしたりお菓子のトッピングに使ったりすることもあると思うのですが、ガナッシュチョコレートは作る過程でトラブルが多いのも事実です。


今回は、ガナッシュチョコレートを作る過程で陥りやすい、「分離する」「固まらない」という2つのトラブルの対処方法と、失敗しない保存方法について解説します。

ガナッシュ

ガナッシュチョコレートが失敗する原因


分離する原因



・きっちり分量通りに生クリームを加えなかった
・水が入ってしまった
・混ぜるスピードが早すぎた
・湯せんにかけた時の温度が高すぎた


固まらない原因



・固体(チョコレート)よりも液体(生クリーム)の分量のほうが多かった
・作っている部屋の温度が高かった



ガナッシュチョコレートはデリケート!

ガナッシュ
見ての通り、分離する原因・固まらない原因はほんの些細なことです。


このような些細なことで、分離したり固まらなくなってしまうほど、ガナッシュチョコレートはデリケートなものなのです。


分離した場合の対処方法


①生クリームを加える


ガナッシュチョコレートに常温に戻しておいた生クリームを少量追加します。


生クリームの代わりに洋酒やリキュールを加えてもOKですが、子供や妊娠中・授乳中の方が食べる場合はおすすめしません。


②お湯と水に交互につける


ガナッシュチョコレートが入った容器の底に、お湯と水を交互につけながら混ぜます。


お湯と水には、それぞれ10秒くらいずつつけるようにしてください。

スポンサードリンク


なめらかにならない場合は…


ここまでの手順を踏んでも分離した状態が改善されないのであれば、もう少し生クリームを追加してみてください。


生クリームを追加してもダメだった場合でも、そのガナッシュチョコレートを使って他のお菓子を作ることもできるので、処分しないでくださいね。


ガナッシュチョコレートが固まらない場合の対処方法

ガナッシュ
ガナッシュチョコレートが固まらない場合は、分離した場合とは違って他のお菓子作りに利用することは難しいようです。


ただ、チョコレートを追加することで固まるようになる場合もあるので、チョコレートを追加して様子をみてみると良いでしょう。

ガナッシュチョコレートの失敗しない保存方法


「見た目は失敗していないけれど、味が失敗…」という事態も、できれば避けたいものですよね。


そのためには、食べるまでの保存方法に気を遣うことも重要です。


冷蔵保存が基本


ガナッシュチョコレートは生クリームを使っているため、あまり日持ちしません。


保存する場合は、表面が乾かないようにラップをしてから冷蔵庫に入れて保存しましょう。


冷凍庫で保存するともう少し長持ちさせることができるのですが、味は落ちてしまうのであまりおすすめできません。


おいしいガナッシュチョコレートを作ろう!


ガナッシュチョコレートを作る過程で起こりがちな「分離する」「固まらない」という2つのトラブルの対処方法と、失敗しない保存方法について解説させていただきましたが、いかがでしたか?


万が一失敗しそうになった時はもちろんのこと、失敗を未然に防ぐためにも、今回ご紹介させていただいたことを役立てていただければ幸いです。


是非、おいしいガナッシュチョコレートを完成させてくださいね!


スポンサードリンク