入学祝いをいただいたら考えなくてはいけないのが「お礼状」の書き方ですね。


わかりやすく例文や気を付けるポイントなどをご紹介します。


贈ってくださった方に感謝の伝わる文章を目指しましょう!
式

入学祝いのお礼状の例文は?


中学生以降の入学祝の場合、本人がお礼状を書く場合もありますね。


その場合には、そこまで堅苦しくなくて大丈夫です。素直な感謝の気持ちと決意が書かれていれば十分お礼の気持ちが伝わるはずです。



「このたびは入学お祝いをありがとうございました。」


「今後は○○を頑張っていこうと思っています。また良い報告ができるように一生懸命励みます。」


このような表現をお手紙に取り入れれば、贈った方も贈りがいがあるというわけです。


さて、親が入学祝のお礼状を書く場合です。



「この度は、長男(長女)○○の小学校入学にあたり格別のお心遣いをいただき、誠にありがとうございました。」


「今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。」


このような表現が、入学祝をいただいた場合のお礼にふさわしい表現です。


のちほど詳しく解説しますが、これらの文章はそのまま使いやすいので覚えておいても便利ですよ!

スポンサードリンク


書き方はどんな構成がおすすめ?

桜
子供が書く場合は、そこまで形式にこだわらなくてもOKなので親が代わりに書く場合にしぼってお伝えします。


・時候の挨拶

・お祝いをいただいたことに対するお礼

・日頃の感謝

・結びの挨拶


入学シーズンの時候の挨拶を意識しながら、始めと終わりを考えられるとベストですね。


お祝いをいただいたことだけでなく日頃の感謝も含めて文章にするとより印象がよくなります。

具体的な見本とポイントを見てみたい!

桜
では、親が代わりに書く場合の短めの見本をご紹介します。


春風が木々を揺らす今日この頃、○○様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

先日は、長男○○の小学校入学にあたり、格別のお心遣いをいただき誠にありがとうございました。

子供の成長はとても早いもので親の私共としても驚きを感じるものですが、それも○○様のご助力があってこそだと感じております。

これからも○○を見守ってくだされば幸いです。よろしくご指導お願いいたします。

まだまだ花冷えの日も続きます。なにとぞお体を大切にお過ごしくださいませ。

*年月日*                                *苗字・名前*

*相手のお名前


これが基本をおさえて書いたお礼状の一例です。

ポイント1


時候の挨拶と結びを取り入れて季節感と統一感を!

ポイント2


お祝いのお礼に加えて日頃の感謝を伝える一文を必ず入れる。

ポイント3


余裕があれば本人の喜ぶ反応も文章に!

ポイント4


今後のお付き合いをお願いする挨拶も忘れずに。

ポイント5


相手を気遣う挨拶でしめくくる。


これらに気を付ければ、気持ちが伝わり印象のよいお礼状が書けますよ!

気持ちの伝わるお礼状で感謝を


いかがだったでしょうか?


ある程度の形式やポイントはあるものの、「感謝を伝える」ということに注目すればさほど難しくないかもしれませんね。


ぜひ自分らしさのあるお礼状を書いてみましょう!