お子さんが無事に幼稚園を卒園!そんな晴れ舞台にふさわしい卒園式の祝辞はもう考えましたか?


意外とこういう場は少ないもので難しく感じてしまうこともしばしば。


謝辞の例文、季語などをポイント3つに絞ってお伝えします!

答辞

卒園式の祝辞って?


卒園式の祝辞とはどのような意味合いがあるのでしょうか?


・お世話になった先生方、これまで協力してくださった保護者に感謝を伝える

・これから小学生になる園児たちを励ます


この二つが主な祝辞の柱になるでしょう。


ここにオリジナリティや思い出などの要素を加えて、先生も保護者もそして子供たちにも気持ちの伝わる祝辞を考えていきたいですね。

謝辞例文を紹介して!

桜
とはいっても、なかなかいきなり素晴らしい文章を!というのはなかなか大変ですね。


実際の例をいくつか見て、アイディアを取り入れるのがおすすめです。


構成としては、


挨拶と出席者・幼稚園への感謝 → 思い出→ 今後への決意と子供たちへのメッセージ


このような流れがおすすめです。


例文




柔らかな日差しの心地よい今日、私たちの子供のために卒園式をご開催いただき誠にありがとうございます。来賓の皆様方、先生方、お忙しい中子供たちのためにご参列くださり、温かいお言葉もいただき、保護者一同感謝の気持ちでいっぱいです。


今こうしてたくましく大きく育った子供たちを見ていると、入園式の日のことが昨日のことのように思い出されます。これから始まる園での生活に期待と不安に胸をドキドキさせながら、まだ小さかった子供たちもお父様、お母様方と手をつないで門をくぐっていきました。

あれから園での集団生活の中で、子供たちは先生の温かいご指導のもとすくすくと立派に育っていきました。お友達を思いやる心、難しいことを進んで頑張って解決しようとする力など様々な力が付き、まだまだ赤ちゃんの面影のあった入園の時とは見違えるようです。

幼稚園での生活の中では、いろいろなことがありましたが今となってはすべて親子のいい思い出となりました。それもひとえに優しく温かな目で見守ってくださった園長先生をはじめとする先生方のご尽力のおかげと存じます。


さて、今日卒園するみなさん。
もうすぐ小学生になるという気持ちはいかがですか?
みなさんのことをサポートしてくれた先生方、お父さん・お母さんなどのおうちの方への「ありがとう」の気持ちを忘れずに、これからも楽しく色々なことにチャレンジしていってくださいね。

今日、お友達や先生方とのたくさんの楽しい思い出を胸に子供たちは卒園します。これからも親子ともども、○○幼稚園での思い出を大切に新しい一歩を踏み出し成長していければと思っております。


本日は本当にありがとうございました。





このような感じをベースにアレンジしてみてはいかがですか?


スポンサードリンク


季語など押さえておきたいポイント3つ!


では、失敗しない祝辞のためにおさえておきたいポイントを3つにまとめてご紹介します。


あらかじめ周りの方に聞いてもらう


PTAの方々、先生、知人などに原稿を見てもらっておきましょう。


自分としてもあらかじめ人に見ておいてもらった方が当日安心して祝辞を述べることができますね。


季語を入れるには?

桜
卒園式の時期にふさわしい季語をご紹介します。


桜の便り、つぼみ、うららかな

春風、春雨


天気に応じたパターンをいくつか考えておくのがおすすめです。



子供たちへのメッセージはコンパクトに


これから小学生になるとはいえ、まだまだ集中力の続く時間の短い子供たち。


嫌になってしまわないように、「応援している気持ち」がダイレクトに伝わる短めのメッセージがおすすめです。

スポンサードリンク