水道水に含まれている「カルキ」


体に害があるほど含まれてはいないのですが、やはり匂いなどが気になりますよね。


この水道水のカルキ、ペットボトルで簡単に抜くことが出来るってご存知でしたか?


今回は、ペットボトルを使って水道水のカルキ抜きをする方法をご紹介したいと思います。
水道

「カルキ」って何?


そもそも「カルキ」とは、塩素を吸収させた消石灰のことを言います。


別名「さらし粉」「塩化石灰」とも呼ばれていますが、カルキという呼び名はドイツ語の「クロールカルキ」から来ています。


水道水の殺菌や消毒を目的として、健康に害のない程度のカルキが浄水場で投入されています。


水道水からするプールのようなニオイの正体はカルキで、実際にプールにも投入されています。


なぜカルキ抜きが必要なのか

水道
カルキ特有のニオイが気になったり、「水がおいしくない」と感じたりする原因になっているので、水道水のカルキが気になる場合はカルキ抜きが必要になります。


また、



・微生物を分解する時に「トリハロメタン」という発がん性物質を発生させる
・髪や皮膚を構成している「タンパク質」を破壊する
・アレルギー疾患との関連性が指摘されている



などといった、カルキが体に害を与える可能性があることもわかっているので、より安全に水道水を使いたいという場合はやはり、カルキ抜きが必要になります。


気にならないならカルキ抜きは不要


先ほど「健康に害のない程度」とお話しした通り、健康に害を及ぼすほどのカルキは水道水に含まれていません。


ですから、カルキのことが特に気にならないのであれば、「カルキ抜きをしない」という選択肢もあります。

スポンサードリンク



「カルキ抜きがペットボトルでできる」ってホント?


このカルキ抜き、実はペットボトルでも簡単にできます。


むしろ、ペットボトルでカルキ抜きをしたほうが短時間でカルキ抜きができますし、バケツやタライを使うよりも衛生的な状態でカルキ抜きをすることができるのでおすすめです。


ペットボトルでカルキ抜きをする方法

水道
では早速、ペットボトルでカルキ抜きをする方法をご紹介します。


といっても、それほど難しいものではありません。


ラベルを剥がしたペットボトルに水道水を入れ、キャップをしない状態で半日程度日光に当てておくだけです。


カルキには、「空気に触れると揮発する」「紫外線に分解される」という2つの性質があります。


キャップをしない状態が揮発しやすい状態を作り、ラベルを剥がした状態が水道水全体に紫外線が行きわたる状態を作るので、効率的にカルキ抜きができるのです。

冷蔵庫内でカルキ抜きをする方法も


水道水を入れたペットボトルを冷蔵庫に入れておいてカルキ抜きをする方法もあります。


ペットボトルの半分くらいまで水道水を入れ、キャップをしない状態で冷蔵庫内で2日程度保存しておきます。


ペットボトル以外でカルキ抜きをする方法もある!


ペットボトルを使う以外にも、水道水のカルキ抜きをする方法はいくつかあります。


例えば、



・汲み置きをしておく
・火にかけて沸騰させる
・竹炭や備長炭を入れる
・レモンを搾って入れる
・浄水器を付ける


といった方法もあります。


参考までに覚えておいてくださいね。

安心安全でおいしい水を飲もう


ペットボトルを使って水道水のカルキ抜きをする方法をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


カルキ抜きをしたほうが、より安心安全でおいしい水を飲むことができると思いますし、ペットボトルを使う方法は簡単にカルキ抜きができるので、カルキが気になる方はぜひ試してみてください。


スポンサードリンク