桃の節句に合わせて飾るお雛様。


実はお雛様、特別な事情がない限りは「いつ飾っても良い」というわけではありません。


では、本来の飾る時期はいつなのでしょうか。


また、「お下がりのお雛様を受け継いだ」という場合について、「お下がりだと並べ方は変わるの?」という疑問も出てくると思います。


この疑問の真相についてもお話ししたいと思います。
雛人形

お雛様を飾る時期は?


お雛様を飾る時期は、大きく分けて二通りあります。

①「立春」の時期を目安に飾る


雛祭りは、女の子の健やかな成長を祈願するだけではなく、春の訪れをお祝いする行事でもあります。


そのため、二十四節気の1つであり、暦の上では春を迎えた立春を過ぎた頃(2月4日頃)から飾り始めると良いとされています。

②「雨水」の時期を目安に飾る


雨水(うすい)というのは、二十四節気の1つであり、ちょうど雪が雨に変わる時期を指します。


雛祭りは水と関係のある行事であるため、雨水を過ぎた頃(2月19日頃)から飾り始めると良縁に恵まれるとされています。


遅くても1週間前には飾り始めるべし!


先ほどご紹介した通り、飾り始める時期は二通りあるわけですが、必ずしも立春や雨水に飾り始めなければならないものではありません。


都合がつかないこともあると思うので、遅くても3月3日の1週間前(2月25日まで)には飾っておくようにすると良いでしょう。


スポンサードリンク



お下がりのお雛様は大丈夫なの?


お雛様を新しく買うことになっている場合は良いのですが、お雛様は決して安いものではありませんよね。


となると、お母さんが実家にいた頃に使っていたお雛様など、「お下がりのお雛様を使いたい」という場合もあると思うのですが、基本的にお下がりのお雛様を使うのは「あまり良くない」と言われています。


お雛様は女の子1人につき1飾り用意する

雛人形
お雛様には、女の子の身代わりとなって災難から守ってくれる役目があります。


例えば、お母さんのお雛様のお下がりを使ったとすると、「お母さんの身代わりとなって受けた災難が子供に降りかかる」と言われています。


そのため、基本的には1人につき1飾り用意するのが望ましいとされており、お下がりのお雛様はあまり良くないとされているのです。


「あまり良くない」とは言われているけれど…


「お下がりのお雛様は良くない」という言い伝えはあるものの、「お下がりのお雛様を使うと不幸になる」という言い伝えは存在しません。


代々同じお雛様を受け継いでいる家庭もありますし、お雛様を受け継いでいくことは「物を大事にする」ということにも繋がります。


「お下がりのお雛様」ではなく、「受け継いだお雛様」と考えると良いでしょう。


お下がりの場合の並べ方は変わるの?

雛人形
お下がりのお雛様に関する「並べ方が変わるのか」という疑問についてですが、お下がりだからといって並べ方が変わることはないようです。


ですから、お雛様の説明書に沿って並べれば大丈夫です。

健やかな成長を祈願する1日に


お雛様を飾る時期、そして「お下がりだと並べ方は変わるの?」ということについてお話しさせていただきました。


お話ししている通り、お雛様を飾る時期やお下がりについてはしきたりや言い伝えが存在していますが、気にしすぎなくても大丈夫です。


女の子の健やかな成長を祈願する行事ですから、お雛様を飾ってお祝いをして、主役である女の子にとってもご家族にとっても楽しい一日になるようにしましょう。


スポンサードリンク