女の子がいるご家庭では、毎年桃の節句に合わせて雛飾りを飾っていると思います。


ところが、「雛飾りの配置ってどうだったかな?」と悩んでしまうこともあるはずです。


また、「雛飾りを飾る時期はいつからいつまでなのかな…?」と曖昧な部分もあると思います。


今回は、雛飾りの配置と飾る時期、そして雛祭りを楽しむコツも併せてご紹介します。

雛人形

雛飾りには種類がある


一言に「雛飾り」といっても、次のような種類があります。



七段飾り
五段飾り
三段飾り
五人飾り
二段式の親王飾り
一段式の親王飾り



ガラスケース入りのものや、あらかじめ正しい配置で固定されているものであれば配置する必要はありませんが、そうでないものは正しい配置で飾る必要があります。


ちなみに、「五人飾り」「二段式の親王飾り」「一段式の親王飾り」はガラスケースに入っていたり、配置が固定されているものが多いです。

雛飾りの配置


では早速、雛飾りの飾る時の配置をご紹介したいと思います。


※七段飾りの配置で、全て左から右の並びです。


【一段目】親王
雪洞、お内裏様、三宝飾り、お雛様、雪洞
(関東・関西でお内裏様とお雛様の位置が逆になる)

【二段目】三人官女
加銚子(口を開いている)、高杯、三宝(座っている)、高杯、長柄銚子(口を閉じている)

【三段目】五人囃子
太鼓、大鼓、小鼓、笛、謡

【四段目】隋臣(ずいしん)
左大臣(老人)、御膳、菱台、右大臣(若人)

【五段目】仕丁(じちょう)
橘、仕丁(怒っている人、泣いている人、笑っている人)、桜

【六段目】道具
箪笥、挟箱、長持、鏡台、針箱、衣裳袋、火鉢、茶道具

【七段目】道具続き
御駕籠、重箱、御所車


五段飾り・三段飾りは?


雛人形
先ほどご紹介させていただいたのは七段飾りの配置でしたが、他の段飾りの配置はどうなのでしょうか。


五段飾りの場合は七段飾りの五段目まで同じですし、三段飾りの場合は七段飾りの一段目+菱台、二段目+桜橘、七段飾りの七段目の三段構成になります。


ただ、商品によっても変わってくるので、この辺りは説明書等に従ってください。

スポンサードリンク



飾る時期はいつからいつまで?


雛飾りは、できれば2月半ばまでには飾っておきたいところです。


中でも特に飾る時期として望ましいのは、二十四節気の1つである「立春」の2月4日、そして同じく二十四節気1つである「雨水」の2月19日です。


難しい場合は、雛祭りの1週間前(2月24日~25日あたり)でも良いでしょう。


雛祭りを楽しむコツ


雛祭りは女の子のお祝いの日。


この日をどのように楽しんだら良いのでしょうか?


雛祭りの特別メニューを食べる


ちらし寿司・ハマグリのお吸い物・雛祭り仕様のケーキなど、雛祭りの日だからこそ食べられる特別メニューを用意すると良いでしょう。


食べて楽しむだけではなく、目で見ても楽しめるはずです。

雛人形で遊ぶ


「あまり触らないように…」なんて思っていたかもしれませんが、本当は雛人形を触って人形遊びをしても問題はありません。


飾り棚から雛人形を下して、親子や子供たち同士で遊んでみてください。

飾りつけをする


雛人形の飾りつけ以外にも、お部屋を雛祭り仕様に飾りつけしてみましょう。


折り紙やはぎれなどで飾りを手作りしても良いですし、100円ショップに行けば飾りが買えるので、飾りつけを楽しんでみてください。


今までとは違った雛祭りを過ごしてみて!


雛飾りの配置と飾る時期、雛祭りを楽しむコツについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


「配置や飾る時期を把握していなかった」という方はぜひ覚えておいてほしいと思います。


また、雛祭りならではのおいしいものを食べたり遊びをしたりして、次の雛祭りの日はぜひ、今までとは違った楽しい雛祭りの日を過ごしてみてください。


スポンサードリンク