前駆陣痛ってご存知ですか?


臨月近くの妊婦さんなら知っておきたい前駆陣痛と本陣痛の知識をまとめてお伝えします。


時期や期間、注意すべきポイントなどをご紹介します!

前駆陣痛

前駆陣痛って何?本陣痛とどう違う?


前駆陣痛と本陣痛の特徴をそれぞれ確認しておきましょう。

前駆陣痛


・おなかが不規則な時間ごとに張る

・生理痛ぐらいの痛み

・気づいたらなくなっている

・痛みは特に強くなっていかない

・前駆陣痛にならない人もいる


ポイントは、時間が不規則なことと痛みの程度が特に変わらないというところです。


本陣痛


・痛みの感覚が規則的

・最初は弱い痛みでも、しだいに強くなる

・おしるし・破水がある人もいる


おしるしや破水はない人もいます。ポイントは陣痛の時間をきちんと測ることです。そうすれば規則的かどうかわかります。


また、初めての妊婦さんの場合「陣痛に気づかなかったらどうしよう」と思われる方もいるかもしれません。


でも、本陣痛は痛みが定期的に来てどんどん強くなっていきます。うっかり寝てしまって気づかない、ということはあまりないので心配しすぎないでくださいね。

時期はいつ頃から?期間はいつまで?

辛い
前駆陣痛の始まる時期はいつごろなのでしょうか?


一般的には36週~40週に前駆陣痛を感じる方が多いといわれています。


でも、それより前に前駆陣痛らしきものを感じたり、最後まで前駆陣痛は感じなかったという方もいます。


かなり個人差が多いのですが、前駆陣痛と赤ちゃんが生まれる時期はあまり関係ありません。


目安にはなりませんが、「だいぶお産の時期が近づいてきたんだな」というぐらいの気持ちで大丈夫です。

スポンサードリンク


注意するべきポイント3つ!


では、前駆陣痛の時期に気を付けたいポイントをご紹介します!


痛みがずっと続いていないか?


前駆陣痛でも本陣痛でも痛みに「お休み」の時間は必ずあります。


もし、まったく痛みがおさまらない場合には他のトラブルも考えられます。


お腹がカチカチに張ったままになっているときも、病院に連絡してください。


出血がある


臨月になると「おしるし」といって血の混じったおりもののようなものが出ることがあります。


色は、薄いピンク~薄い茶色でどろっとしています。


それは「もうすぐお産なんだな」というサインなので心配ありません。


サラサラした鮮血が出るような場合もすぐに病院に連絡してください。


水のようなものが出てきた


破水といって赤ちゃんを包んでいる膜が破れて羊水が出てくる場合があります。


たいていの場合には、陣痛のピークの頃に起きるのですが、人によっては陣痛が来ていないのに破水する場合もあります。


破水すると、赤ちゃんのいる部分と外がつながってしまうので細菌感染のリスクが出てきます。


たくさんの羊水が一気に出てくる人もいれば、尿漏れ程度の量がチョロチョロと出てくる人など様々です。


怪しいと思ったら、すぐに相談して破水かどうか病院で見極めてもらいましょう。



お産は、十人十色。二人目以降でも予期せぬことが起きたりするものです。


前駆陣痛なのか本陣痛か、それともトラブルなのか心配な時はすぐに産婦人科に連絡できる体制を取っておいてくださいね。

スポンサードリンク