ちょっと迷いがちな季節の挨拶。秋深まる10月はどんな表現がぴったり?


お手紙には縁遠い!なんていう方にも分かりやすく書き出し・結びにおすすめの文をご紹介します。


季語をしっかり盛り込んで雰囲気もバッチリな季節の挨拶を一緒に考えていきましょう!

10月生まれ 名前

季節の挨拶って?10月はどんなイメージ?


季節の挨拶は、日本では伝統的にお手紙に用いられる表現です。


暑い時期、過ごしやすい時期、寒い時期など日本にははっきりとした四季がありますね。


その四季の移ろいをお手紙の上で、表現しつつ相手のことを気遣うのが季節の挨拶です。


もちろんなかったからといってNGというわけではありません。


「前略」などの表現も昔からあるくらいですが、季節にふさわしい挨拶がきちんとできていると印象が格段によくなります。


今まであまり季節の挨拶を手紙に取り入れていなかったという方も、ぜひこの機会に覚えて使いこなせるようになりたいですね。

10月の書き出しと結びはどうすればいい?


まずは、あまりお手紙を書かない方向けに簡単な季節の挨拶とお手紙のルールをご説明します。

書き出しと結びって何?


書き出しというのは、「拝啓」などの決まった「頭語」の後に続く挨拶のことです。


結びは「敬具」などの「結語」の前のしめくくりの挨拶のことを言います。


どちらも季節感がなければいけないという訳ではないのですが、あればより一層素敵なお手紙になります。


秋本番の10月を想像しながら季節の挨拶を考えてみてくださいね。

書き出し


ビジネスシーンに使いやすい表現です。

・錦秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

・仲秋の候、貴社ますます実り多くご発展のこととお慶び申し上げます。

・秋麗のみぎり、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

・秋霜の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。


個人的なお手紙にふさわしい表現です。

・木々も色づき、すっかり秋の様相となりました。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

・空も高く澄み渡る季節、ご家族皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

・実りの秋、ついつい美味しいものを食べすぎてしまいます。お変わりなくお過ごしでしょうか?

・秋も深まり、夜も長くなってきました。皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。


深まっていく秋をイメージした言葉がお手紙の印象を素敵にまとめてくれます。

スポンサードリンク


結び


ビジネスに使いやすい結びの表現です。

・仲秋のみぎり、社業のさらなるご発展をお祈り申し上げます。

・秋冷の候、貴社のますますのご発展を祈念しております。


プライベートならこのような感じはいかがでしょうか?

・朝晩が冷え込む時期を迎えます。風邪などひかれませんようご自愛ください。

・秋が深まりゆく季節、ご家族皆様のご健康、ご多幸をお祈り申し上げます。


このほかにも季節をイメージした表現を使えば、オリジナル感のある季節の挨拶をすることができます。


ぜひ、慣れてきたら自分でアレンジしてみるのも良いですね。

10月なら季語はコレがおすすめ!


では、ほかにどんな季語が10月にふさわしいでしょうか。


爽秋,清秋,秋麗,仲秋,秋霜

夜長,秋の深まり,冷え込み,秋晴れ

紅葉,彩り,収穫の秋


9月が秋の初め、11月が冬も間近な季節なのに対して10月はまさに秋真っ盛り。


過ごしやすく、景色も美しく、食べ物もおいしい季節・・というイメージがふさわしいですね。


ぜひご自身で秋をイメージしながら挨拶文を考えてみましょう!

スポンサードリンク