ちょっと難しく考えてしまいがちな季節の挨拶。9月にふさわしいのはどんな表現?


普段あまりお手紙を書かない方でもしっかりと書き出しと結びを理解して、季語を入れられるようにナビゲートします。


日本ならではの季節の表現を大切に素敵なお手紙を書きましょう!

9月

季節の挨拶、ポイントはどんなところ?


季節の挨拶は、どうしてもなくてはならないものではないかもしれません。


でも、あるとないとではかなり印象が違ってきます。


ビジネスでも個人的なお手紙でもやはり、季節の挨拶があると雰囲気が柔らかくなります。


ぜひこれからは季節の挨拶をマスターしてお手紙に役立てるのがおすすめです。


ポイントはしっかりと書き出しと結びを書くことと季語を取り入れること。


季語と言ってもそこまで難しく考えなくても大丈夫です。


9月をイメージさせる言葉、季節感のある表現を心がけるだけなので習うより慣れよの気持ちでやってみましょう!

9月にふさわしい書き出しと結びをご紹介!


では、実際のお手紙にどのように季節の挨拶を取り入れたらいいのか9月の場合を考えていきましょう。

書き出しと結びとは?


拝啓」や「敬具」などの表現を聞いたことがある方が多いと思います。


これらを頭語と結語と言います。


書き出しは頭語の後、結びは結語の前に書く挨拶のことを指しますので、覚えておいてくださいね。


書き出し


では、ビジネスにぴったりの表現からご紹介します。

・初秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

・新涼のみぎり、貴社いっそうご発展のこととお慶び申し上げます。

・白露の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

・涼風の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

プライベートで使いやすい表現もまとめてみました。

・暑かった夏も終わり過ごしやすい季節を迎えました。お変わりなくお過ごしでしょうか?

・時折涼しい秋風が吹く時節となりました。皆様お元気でお過ごしでしょうか?

・さわやかな秋風が心地よい季節、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

・いつのまにか涼しげな虫の音が聴こえる季節になりました。ご家族お元気でお過ごしでしょうか?


9月を自分なりにイメージしながら考えるとよい文章になりますよ。お試しくださいね。

スポンサードリンク


結び


ビジネス文書でもやはり結びに季節感があると印象が良くなりますね。

・爽やかな初秋の候、社業のますますのご発展を祈念しております。

・過ごしやすい季節を迎え、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

プライベートの場合お相手との関係性に応じて、アレンジを加えてもいいですね。

・夏の疲れの出やすい季節、どうかお体を大切にお過ごしください。

・爽やかな風の心地よい季節です。また近いうちにお会いできればと思います。

書き出しと結びのイメージができてきたでしょうか?


ぜひ実際に書いてみて、どのような挨拶が良いのか考えてみてくださいね。

こんな季語もおすすめ!


初秋、白露、新秋、新涼

秋風、虫の音、秋の夜長、秋空

彼岸花、コスモス


まだまだ暑い日もある季節ですが、イメージではもうすっかり秋。


過ごしやすい季節をイメージしながら、言葉を組み立てていきましょう。

スポンサードリンク