見ているだけで「かゆそう」&「辛そう」な乳児湿疹。


ワセリンやステロイドなどの薬は果たして効果的なのでしょうか?


お薬と同時に保湿もした方がいいという理由も解説していきます!

ワセリン

乳児湿疹って?どんな症状?


乳児湿疹とは、赤ちゃんにできる湿疹の総称です。


ちょっとした刺激でできるもの、大人のニキビのようにちょっとした体調の変化でできるもの、アトピーなどアレルギーが原因でできるものなど色々です。


生後すぐからニキビのようなものがぽつぽつできる場合もありますし、数か月たってからカサカサしたかさぶたのできる湿疹になる場合もあります。


また、アトピー性皮膚炎の場合にはひじやひざなどの関節や顔・頭などに強いかゆみを伴う湿疹ができることが多いですね。


かゆいもの、そうでないものなど色々な症状がありますが、赤ちゃんの湿疹は総じて乳児湿疹といわれているというわけです。

ワセリンやステロイド系の薬は効果的?

ワセリン
よく、乳児湿疹には「ワセリンを塗るのがいい」とか「やっぱりステロイドは効く」とか反対に「ステロイドは危険」など様々な情報がありますよね。


では、一般的に言われているワセリンとステロイドの乳児湿疹に対する効果を確認してみましょう。


ワセリン


ワセリンはかなりどこでも手に入りやすく、使いやすいですね。


ワセリンの効果としては保湿効果が主なものです。


乾燥が原因で湿疹になってしまっている場合には、ある程度の効果が見込めます。


でも、忘れてはいけないのがワセリンはお薬ではなく保湿剤ということです。


外部からの刺激からお肌を守って症状を緩和するという意味では効果的ですが、症状そのものを抑える効果はありません。


サポート的に使うというのがおすすめなのです。

スポンサードリンク


ステロイド


ステロイドの効果は「かゆみを和らげる」ことです。


だからかゆみを伴う辛い湿疹にはかなり効果が期待されます。


これも対症療法になってしまいますが、かゆいのに掻かないことは赤ちゃんにとってとても難しいですよね。


それを抑えるためにステロイドはかなり効果的です。かゆがって眠れない時などにはとても効果的です。


ただ、強いステロイド剤などは副作用などが心配というお母さんも多いでしょう。


そのため、自己判断で使わずにぜひ小児科で処方してもらいましょう。


小児科でもらステロイドのお薬は、赤ちゃん用に薄めてあり安心です。



このように、乳児湿疹のタイプによって何を塗ってあげるのがベストか?ということが違ってくるということを知っておきましょう。

保湿もしっかりした方がいい理由3つ!

ワセリン
よく乳児湿疹には保湿!と言われますがその理由について考えてみましょう。


肌への刺激をおさえるため


乾燥したお肌は、外部からの刺激にとても弱くなっています。


だから、しっかりと保湿をして刺激に耐えられるお肌のコンディションを保つことが必要なのです。


過剰な皮脂の分泌をおさえるため


大人のニキビでもありがちですが、水分が少なくなってくるとお肌は自分を守ろうとします。


その結果過剰に皮脂を分泌してしまいます。


結果的にニキビのような乳児湿疹になってしまうということも考えられます。


乾燥すると菌が入りやすい状態に


乾燥してしまうと、カサカサになりかゆみを伴ってきます。


それを赤ちゃんがついいじってしまうと謹賀入ってしまう場合もあります。


悪化の原因になるので保湿を早い段階ですることが必要なのです。



いかがだったでしょうか?ステロイドかワセリンか、など迷ってしまいがちですが不安な場合はお医者さんに相談して乗り切っていきましょう。

スポンサードリンク