なってしまうとなかなか厄介な乳児湿疹ですが、いつまで続くのでしょうか?


また、原因のひとつに母乳があるという噂もあって母乳育児中のお母さんからするとかなり不安になってしまいます。


そんな乳児湿疹の本当のところを調べてみました!

授乳

乳児湿疹はいつまで続くもの?


乳児湿疹というのは、その名の通り「赤ちゃんにできる湿疹」のこと。


ニキビのようなタイプもあれば、かさぶたになったりするタイプもあり症状は実に様々です。


生後間もなくから2,3か月頃までは「ニキビ」のような湿疹が主になります。


この時期は皮脂が多く分泌されるので、大人でもニキビのできやすいほっぺたや鼻、おでこなどに湿疹ができやすくなります。


中に芯があるタイプのものもありますが、普段通りに清潔にケアをしていれば自然にぽつぽつはなくなっていきますので、気にしすぎないでくださいね。


頭などに脂漏性湿疹ができてしまうお子さんもいますが、無理にかさぶたははがさずに清潔を保ってあげましょう。


この時期をすぎると今度は乾燥による湿疹が出てくるお子さんもいます。


口の周りを拭きすぎることで、肌荒れ・湿疹になってしあう場合もありますので注意してくださいね。


長くても1,2歳までに落ち着くことが多いので、焦らずに見守っていきましょう。

原因は何?母乳と関係があるの?

赤ちゃん
母乳育児をしている方は、「乳児湿疹は母乳が原因」と言われるとかなり不安になりますね。


確かに、無関係ではないという面もあります。


でも、普通に母乳を飲ませているだけで必ずひどい乳児湿疹になってしまうというのは違います。


そもそも母乳というのは、お母さんの血液から作られています。


そのため食べたものから血液が作られて、そこから母乳を作るのでお母さんが食べたものが間接的に赤ちゃんの体に入るというわけです。


一般的には、お母さんの食事のバランスが偏りすぎていると乳児湿疹がひどくなる傾向にあるといわれています。


揚げ物が多すぎたり、甘いものを食べすぎていたりなどの心当たりはありませんか?


大人でもニキビができそうな食事を続けていると、乳児湿疹になりやすくなることが知られています。


時々息抜きに好きなものをたくさん食べるのはOKです。でも、習慣的に脂っこいものばかり、甘いものばかり食べるのは避けましょう。


赤ちゃんだけでなく、お母さん自身がこれから元気できれいに歳を重ねていくのにも必要なことですよ!

スポンサードリンク


乳児湿疹がひどい場合どうしたらいい?


母乳の場合、一度ご自身の食事を見直してみてくださいね。


それでもおさまらない場合には、何か別の原因が考えられます。

・汗をかきすぎてかぶれている

・布団などのダニやハウスダスト

・食物アレルギー

・脂漏性湿疹

このあたりが赤ちゃんの湿疹によくある原因です。


気になる場合、食物アレルギー検査を受けるというのも選択肢の一つです。


また、アトピー性皮膚炎の場合にはなかなか治るのに時間がかかる場合もあります。


でも、乳児湿疹は自然とおさまることの多いものです。


不安なら病院で相談するなどしながら、気長に構えてみてくださいね。

スポンサードリンク