夏の暑さが厳しい8月、関わりのある方に改まった手紙やメールを書く方も増えると思います。


改まった手紙やメールに必要なのが「時候の挨拶」なのですが、上旬・中旬・下旬のどのタイミングで送るのかによって、時候の挨拶に入れる言葉が微妙に変わるんです。


そこで今回は、8月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をまとめてご紹介します。

8月

8月の時候の挨拶


時候の挨拶は、ビジネス文書などの改まった文章や手紙などの本文の書き出し部分にくる、季節感を表現する礼儀文のことを言います。


「○○の候」「○○の折」「○○となってまいりましたが…」といった文章が時候の挨拶です。


8月の場合は、まだまだ厳しい暑さが続く状況ではあるのですが、暦の上では「立秋」を迎えて秋になります。


そして、下旬に向かうにつれて秋の訪れも感じる気候になってくるので、「夏の暑さを表す言葉」と共に「秋の訪れを感じさせる言葉」も時候の挨拶に使うことができます。


上旬・中旬・下旬それぞれの言葉・季語まとめ


まずは、8月上旬・中旬・下旬それぞれの時候の挨拶に含めることができる、季節感のある言葉をまとめてみました。

上旬の言葉・季語



葉月
猛暑
酷暑
炎暑
早涼
冷夏
立秋
スイカ


プール
花火大会
夏休み
向日葵
朝顔

など…



中旬の言葉・季語



残夏
暮夏
晩夏
残暑
避暑
新涼
納涼
初秋
秋暑
土用
土用過ぎ
土用明け
夏休み
プール


お盆
お墓参り
花火
夏祭り
向日葵
朝顔

など…


下旬の言葉・季語



晩夏
処暑
残暑
納涼
早涼
向秋
秋暑
初秋
向日葵
朝顔

など…



スポンサードリンク


上旬・中旬・下旬の時候の挨拶例文まとめ


では次に、ここまでご紹介させていただいた言葉を使った時候の挨拶の例文をご紹介します。

上旬の時候の挨拶



猛暑の候
酷暑の候
炎暑の候
早涼の候
冷夏の候
立秋の候


【親しい人向け】

熱帯夜の続く毎日ですが
暦の上では秋となりましたが
炎熱地をやくとはまさにこの事
冷えたスイカが何より楽しみなこの季節
猛暑で寝苦しい夜が続いておりますが
立秋とは名ばかりで今年は猛暑が続いておりますが
晴れわたる青空にひまわりがまぶしい今日この頃


【暑中(残暑)お見舞い】

暑中お見舞い申し上げます(8月7日頃の立秋より前に出す手紙)
残暑お見舞い申し上げます(8月7日頃の立秋後から8月23日の処暑までに出す手紙)


中旬の時候の挨拶



残夏の候
暮夏の候
晩夏の候
残暑の候
納涼の候
初秋の候
秋暑の候


【親しい人向け】

まだまだ暑いこの頃ですが
土用過ぎの暑い日が続いていますが
季節では夏の終わりと申しながらまだまだ暑い日がつづきますが
ゆく夏を惜しむように花火が美しい花を咲かせています
立秋を過ぎて、朝夕はしのぎやすくなってまいりましたが
残暑お見舞い申し上げます(8月23日の処暑までに出す手紙)


下旬の時候の挨拶



晩夏の候
処暑の候
残暑の候
納涼の候
早涼の候
向秋の候
秋暑の候
初秋の候


【親しい人向け】

まだまだ残暑厳しき折
暑さもやっと峠を越えたようですが
庭のひまわりも花盛りを過ぎ
朝顔の花にも名残惜しさが感じられる頃となりました
厳しい残暑が続いていましたが、ようやく朝夕は涼しくなってまいりました
暦の上では処暑ですが、まだまだ暑い日が続くようです
処暑を過ぎ、虫たちの涼しげな鳴き声が庭に響くようになりました
風の音にも秋の訪れを感じるようになり、過ぎゆく夏を実感する今日このごろ


上旬・中旬・下旬で使い分けてみて


8月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


上旬では「夏真っ盛り」といった様子を表した時候の挨拶が多かったのですが、下旬では秋へと向かう様子を表した時候の挨拶も増えてきていましたよね。


8月全般で使うことができる時候の挨拶もあるのですが、より細かい季節感を表したいのであれば上旬・中旬・下旬で使い分けてみると良いと思います。


スポンサードリンク