夏本番を迎える7月、改まった手紙やメールを書く機会が増える方もいらっしゃると思います。


そんな皆さんは、7月は7月でも、「上旬」「中旬」「下旬」それぞれで時候の挨拶に入れる言葉(季語)が違ってくることをご存知でしょうか?


今回は、7月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をわかりやすくまとめてみました。

7月

時候の挨拶について


時候の挨拶とは、改まった手紙やメール、ビジネス文書などに用いられている挨拶のことです。



「盛夏の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。」



この文章で言うと、「盛夏の候」の部分が時候の挨拶になります。


「時候」という言葉からお分かりいただけるかと思うのですが、その時の季節や気候を表し、文章に季節感をプラスする部分です。


時候の挨拶の後ろには、先ほどの文章でいう「お変わりなくお過ごしでしょうか」といった、相手への気遣いを表す「安否の挨拶」を繋げます。


夏本番を迎える7月


7月は梅雨が明け、夏本番を迎える時期です。


そのため、厳しい暑さを表現する言葉が使われることが多いです。


また、7月というとイベントや行事、そして見ごろを迎える植物も増えますし、子供たちが夏休みに入ることもあるので、そういった季節の様子を表した時候の挨拶がおすすめです。


上旬・中旬・下旬それぞれの言葉・季語まとめ


まずは先に、上旬・中旬・下旬それぞれの言葉・季語をまとめてみましたのでご覧ください。

上旬の言葉・季語



小暑
向暑
猛暑
盛夏
初夏
文月
七夕
星祭
天の川
梅雨明け
星祭り
風鈴


中旬の言葉・季語



猛暑
盛夏
仲夏
酷暑
冷夏
暑中
朝顔
向日葵
プール
夏休み


下旬の言葉・季語



猛暑
盛夏
酷暑
炎暑
真夏
大暑
甚暑
冷夏


夏休み
プール
向日葵
夏祭り
花火大会


スポンサードリンク



上旬・中旬・下旬の時候の挨拶例文まとめ


ここまでご紹介させていただいた言葉や季語を踏まえた時候の挨拶の例文を、いくつかご紹介します。

上旬の時候の挨拶



小暑の候
向暑の候
猛暑の候
盛夏の候
星祭の候
※「候」は「みぎり」「折」でも可


【親しい人向け】

初夏の香りと雨の香り入り交じる今日この頃
雨が降り続く中、夏の気配も見せる今日この頃
ようやく梅雨が明け、青空がまぶしい季節となりました
七夕祭りが待ち遠しい季節となりましたが
長かった梅雨が明け、夜空を見上げて天の川に想いをはせる今日この頃
涼しげな風鈴の音が、夏の訪れを告げるような今日この頃
小暑を過ぎ、いよいよ夏本番といったところです


中旬の時候の挨拶



猛暑の候
盛夏の候
仲夏の候
酷暑の候
冷夏の候
暑中の候
※「候」は「みぎり」「折」でも可


【親しい人向け】

暑さが厳しい折ですが
蒸し暑い日が続いていますが
いよいよ夏休みも間近となりましたが
向日葵が日毎に背を伸ばすこの頃
今年の夏の暑さは格別でございますが
朝顔が色鮮やかな花を咲かせる季節となりました
梅雨明けと共に夏真っ盛りの暑さとなりましたが
プールから賑やかな子どもたちの声が聞こえる時期になりました



下旬の時候の挨拶



猛暑の候
酷暑の候
炎暑の候
真夏の候
大暑の候
※「候」は「みぎり」「折」でも可


【親しい人向け】

暑さ厳しき折
土用に入り暑い盛りとなりましたが
暑さで寝苦しい夜が続いておりますが
毎日厳しい暑さが続いておりますが
夏祭りが待ち遠しい季節となりましたが
花火大会が待ち遠しい季節となりましたが
子どもたちは夏休みを迎え、近所に賑やかな声が響いています



7月ならではの季節感を表現して


7月上旬・中旬・下旬それぞれで時候の挨拶に入れる言葉と、時候の挨拶の例文をまとめてご紹介させていただきました。


時候の挨拶を入れるからには、7月ならではの季節感を表現したほうが素敵な文章に仕上がると思うので、7月上旬・中旬・下旬それぞれの季節感を表現した時候の挨拶を考えてみてください。


スポンサードリンク